フィジーク・オンライン

マッチョへの目覚め!@chisei

この記事をシェアする

0
掲載日:2015.11.09


息子を愛する育マッチョのchiseiです。
六本木でパーソナルトレーニングジム「CLOVER」を運営してます。

今回のテーマがマッチョになる前の自分ということで昔のお話をしてみますね。
昔…と言っても約5年ほど前のことですが、僕はデブでした。

5年前までリクルートで営業をしていたのですが、その頃の僕の食生活は、朝からチョコレートと菓子パン2〜3個(またはカップ麺)、昼にご飯食べ放題の定食、夜はつけ麺+ビールというPFCバランスでCとFにかなり偏った生活を送っていました。

それにプラスしてストレスというファットファクトを十分過ぎるほどの恩恵にあずかっておりましたので、“デブになること当然のごとし”という塩梅です。

そんな感じにデブ生活を満喫していたのですが、特に何かきっかけがあって痩せたわけではありません。
「流石にこのまま太り続けたら健康的にマズイだろ」
という気持ちが芽生えてきたのでとりあえず食事のカロリーを減らして痩せた感じです。

それじゃいつマッチョに目覚めたのか?
実はここにあるコンテストが関わってきます。

「ベストボディ・ジャパン」です。

RIZAPの先輩トレーナーからある日「出てみたらどうですか?」とベストボディ・ジャパンを紹介され、その日から本格的にマッチョへの道が始まりました。

コンテストまで2ヶ月という短い期間でしたが、上手く筋肥大と減量が出来たお陰で優勝することが出来ました。

ということで、マッチョへの目覚めのきっかけはコンテストです。
なんでもそうだと思いますが、やっぱり目標があると人はブーストが掛かっていい経験が出来ますね。

現在ではマッチョ29が僕のトレーニングモチベーションとなっています。
人前に出ることが多くなったということと、メンバーにはボディビルダーも多いので負けたくないという気持ちで更にデカさを目指すという感じです。

朱に交われば赤くなるということわざもある通り、環境次第で人は変わります。
つまり、マッチョが一人でも増えればその友達がマッチョになる確率が上がるということですね。

ということでマッチョがマッチョを生み出し、将来は日本中が鍛えることが当然なマッチョ大国になるまで、活動を頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いいたしマッチョ♪
 
  • 植田 知成(うえだ ちせい/chisei)
    身長:175cm
    体重:80kg

    <経歴>
    ・BEST BODY Japan2013 チャレンジカップ ミドルクラス 優勝
    ・NPCJ2015 Men's アスリートモデル部門優勝

  • マッチョ29
    禁煙、禁酒、非暴力、吸引(酸素)、飲蛋(プロテイン)、壊筋(筋細胞の破壊) 以上マッチョ6原則を原則とした、世界で最も「キレている」 エンターテインメントグループ。

    >> マッチョ29とは...

[ PHYSIQUE ONLINE 限定記事 ]

関連記事

ストレスを溜めないトレーニングライフ@相澤翼

ストレスを溜めないトレーニングライフ@相澤翼

マッチョ29蘊蓄担当のバルクアップ方法とは?@ハカセ

マッチョ29蘊蓄担当のバルクアップ方法とは?@ハカセ

転機はミスター早稲田での優勝@ハカセ

転機はミスター早稲田での優勝@ハカセ

三角筋のフォルムについて語る@コアラ小嵐

三角筋のフォルムについて語る@コアラ小嵐

自重トレーニングで愛用しているアイテムといえば・・・@サイヤマン

自重トレーニングで愛用しているアイテムといえば・・・@サイヤマン

マッチョ29最年長のバルクアップ方法とは?@マイケルズ

マッチョ29最年長のバルクアップ方法とは?@マイケルズ

身体が大きくなった時はとにかく食べた@相澤飛鳥

身体が大きくなった時はとにかく食べた@相澤飛鳥

減量中にお世話になっている食べ物とは?@やま

減量中にお世話になっている食べ物とは?@やま