フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

デッドリフトグリップ強化方法:後編

この記事をシェアする

55
掲載日:2018.05.15
記事画像1
今回は「デッドリフトグリップ強化方法:後編」です。

私のデッドリフトもグリップとの戦いでした

という私もデッドリフトの記録向上は常にグリップとの戦いでした。私の手の大きさは普通の男性と同じくらいかやや小さい感じです。
しかし、手の平と指の比率で言うと手の平が大きくて指が短いのです。その上、手が凄く分厚くてよくドラえもんの様な手ですね(笑)と言われます。

29mmのシャフトを握ると人差し指の上に親指がちょっと引っかかるくらいです。1cm重なるくらいでしょうか。グリップで言えばメチャクチャ不利な状況なのです。
しかし、そんな手の持ち主の私でも試合でのデッドリフト生涯ベストは320kgです。練習でのベストは335kgとなります。とにかくありとあらゆるグリップの事を研究して鍛えて行きました。

以下に、私的にグリップが一番強かった頃に到るまでのトレーニング方法や考え方を少し紹介します。

【三土手大介式グリップ強化法】

・ホールド系の練習
デッドリフトのグリップは握り込む力を必要とするわけではないのです、なので、グリッパーなどで握り込む練習をしてもあまり効果的ではないです。私も昔はそのようなトレーニングを行っていましたが、逆に手の平がもっと厚くなってしまい握り難くなった経験があります。デッドリフトでグリップが外れる人の多くは指が短くて手が厚い人が多いので、手の平を厚くするようなトレーニングは避けるべきです。

行いたいトレーニングとしてはホールド系です。要するに握った状態でキープする練習です。シャフトを握って20秒位ホールドするのです。ラックの中でトップサイドの形で構いませんので、両手で持ったり片手で持ったり、時には50mm系のシャフトを握ってという感じで色々なバリエーションで行いました。
この練習が一番グリップが強くなる感じがします。

・素早く引く練習
これはグリップ強化とは関係ないかもしれませんが、要するに引く力が弱いから長い時間グリップさせておかなければならなくて、その結果グリップが離れるわけです。ですからグリップが離れる前に引ききってしまおうという考えです。
引ききってしまえば、片方のオーバーハンドのグリップの方は指を太腿に当てることが出来るのでそこでホールドが生まれてグリップが離れ難くなります。
グリップの弱い私はとにかく素早く引く力の強化に努めました。強化の時はもちろんストラップを使用していました。

・手の平のケアと滑り止めの研究
どんなに上手に握っていてもやはりグリップが弱くてずれてくると多少の豆が出来てしまいます。大切なことはその豆を放置しないでしっかりとケアすることです。私がよく使っているのが角質をケアする筒状の道具です。「スクラッチスマート」と検索すると出てきます。それで豆を定期的に削って手の平のデコボコを無くします。ただし、これには注意が必要で削れるからといって削りすぎるとデッドリフトの際に激しく手の平が痛くなります。できればデッドリフトをおこなう二日くらい前に削り作業は済ませておいた方が手がなじみます。

あとは滑り止めチョークの研究です。一言で滑り止めといってもそれはピンキリです。良いものもあれば粗悪なものもあります。手に入るものの中で最近のおすすめは「マムートリキッドチョーク」です。このチョークが今のところ手軽に手に入る中では一番優秀ではないでしょうか。最近私はショップブランドのチョークを使っていて、それはボルダリングショップのオリジナルチョークなのですが、凄く気に入っています。これはある店舗に直接買いに行かないと手に入らないところがネックです。普段のデッドリフトの時はそれで、それ以外のトレーニングではマムートを使っている感じです。

ということでデッドリフトのグリップについて色々と書いてきました。やはりデッドリフトのグリップは環境が大切だと思います。良いシャフトと良い滑り止め。なので、ノーリミッツでパーソナルに来るお客様で普段はグリップが外れてしまうという人もノーリミッツの器具で行うとほとんど外れることはありません。

グリップが外れるならストラップを使えばいいではないかという声もありますが、デッドリフトはシャフトを握りに行って引くまでのリズムが非常に大切な種目でもあります。なので、ストラップを巻き付ける作業をしている際に身体のセッティングやリズムが崩れてしまうのです。
そのような形で行うと身体の使い方が上手い上級者であればあるほど実はストラップを使った記録と素手のグリップの記録がさほど変わらないという現象も起きてきます。

私自身デッドリフトの練習ベストは素手が300㎏×4Repsに対して、ストラップ使用は300㎏×5Repsと1Repしか変わりません。
そのくらい身体の使い方と連動性が私の場合大切だという事でもあるのです。

デッドリフトのグリップに悩む方がいたら是非一度私に相談してください。グリップをとことんまで研究した私がしっかりと指導させて頂きます。

グリップの悩みには誰よりも理解できますので(笑)


DVD2枚組 220min 定価9,800円+税

ノーリミッツから新作DVDの登場です。

女性筋トレYoutuberの「がんばるフィットネスぺーこ」さんをモデルとし、トレーニング業界では初となるバーチャルパーソナルトレーニングDVDを作りました。 【がんばるフィットネスぺーこチャンネル】 今までに無い全く新しいタイプのHow toトレーニングDVDです。 多くの方が結果を出している三土手大介のパーソナルトレーニングを是非体感してみて下さい。

こんにちは、ぺーこです。

なんとなんと!!がんばるフィットネスぺーこのDVDが発売になりました!!!

うおおーーーー!!!

気になる内容ですが、ぺーこが先生から習った色々なノウハウがぎゅーっと詰まったハウツーDVDなんです。このDVDを見ると、まるで先生のパーソナルトレーニングを体験しているかのような気になります。 2枚組220分なので見ごたえたっぷりですよ。

私的には可愛くて凄くお気に入りです。内容気になりますよね~。それでは気になる内容をご紹介します。

 ♪収録内容のご紹介♪

ウエイトトレーニングに目覚めるぺーこの巻




脱出計画その1:トレーニングに必要な道具類を覚える

トレーニングの服装やシューズ、ベルトやリストラップなどのギア類。使用する器具やシャフトの種類などです。

・トレーニングの服装について
・トレーニングシューズについて
・トレーニングギアについて
・使用器具の違いについて
 

ぺーこ情緒不安定の巻




脱出計画その2:身体を安定させるという事を覚える

ベンチプレス台に座る際に正しく立って正しく座り正しく寝るという事。

・上手く行く時と行かない時の違いは?
・まずは自分自身を安定させる所から
・正しく立つから正しく座る
・身体を上手くコントロールする事が大切
 

ベンチプレス大好きぺーこの巻




脱出計画その3:ベンチプレスの基本動作を覚える

手幅やグリップ、ブリッジは何のためにつくるか?足の位置、ベンチプレス動作のポイントなど。
・手幅やグリップについて
・ブリッジは何のために作るのか?
・足の位置の正解は?
・ベンチプレス動作のポイント
 

リズムに悩むぺーこの巻




脱出計画その4:自分に適したリズムを覚える

各種目の動きは自分に最適なリズムで滑らかに行う事が大切。

・動作はゆっくりか?早くか?
・呼吸はどうすればいいの?
・筋肉に効かせる?効かせない?
・人の真似では実力を発揮できない
 

ぺーこ恐怖のスクワットの巻




脱出計画その5:スクワットの基本動作を覚える

担ぐ位置や足幅、どこまでしゃがむのか?動作のポイントなど。
・担ぐ位置について
・足幅について
・どこまでしゃがむのか?
・スクワット動作のポイント
 

死ぬほど苦しいデッドリフトの巻




脱出計画その6:デッドリフトの基本動作を覚える

どの位置から引くか?ナローかワイドか?どこからがフォーム?背中をまっすぐにするには?動作のポイントなど。

・どの位置から引くのか?
・ナローか?ワイドか?
・どこからがフォーム?
・背中をまっすぐにするには?
・デッドリフト動作のポイント
 

流行に敏感なぺーこ?の巻




脱出計画その7:トレーニング計画について

どのように計画を作るか?トレーニングルーティンやセット数、レップ数の設定。インターバルやサイクルトレーニングについてなど。

・どのように計画を作るか?
・トレーニングルーティンや頻度について
・セット数やレップ数について
・インターバルについて
・サイクルトレーニングについて
 

カツラを取って試合に出場?の巻




脱出計画その8:試合に向けての準備や仕上げ方を覚える

試合に出るための準備や必要なギア類そ揃える。試合のルールやピーキング方法について学ぶ。試合当日の流れや試技の進め方など。

・試合に出場するには?
・ギアを揃えてルールを覚える
・ピーキングについて
・いよいよ試合当日!!


と、いうことで、皆さん、ぺーこの初デビューDVDを是非見てやってください。 このDVDには強くなるヒントや意識がたくさん詰まっています。少しでも皆さんが強くなるお手伝いが出来たらぺーこも嬉しいです。

みんなで強くなっちゃいましょう。

ほいではまたっ!!


♪オープニング映像です♪
オープニング映像を是非見て下さい!!


 


DVD2枚組 220min 定価9,800円+税

【商品のご購入はこちらから】
  • 三土手 大介
    No Limits代表・レッシュマスター級トレーナー
    一般社団法人レッシュ・プロジェクト理事
    1972年8月26日生まれ
    神奈川県横浜市出身
    120kg超級
    4スタンスタイプ「A2」

    <打ち破ってきた限界の数々>
    スクワットで日本人初の400Kgオーバー
    ベンチプレス日本人初の300Kgオーバー
    トータル日本人初の1トンオーバー
    4つの世界タイトル獲得(世界パワーリフティング・世界ベンチプレス・ワールドゲームズ・アーノルドスポーツフェスティバルPRO BENCH)
    全日本パワーリフティング選手権 優勝20回
    全日本ベンチプレス選手権 優勝18回

    <ベスト記録>
    スクワット435kg
    ベンチプレス360kg
    デッドリフト320kg
    トータル1060kg
    ベンチプレス125kg級世界記録322.5kg
    ベンチプレス125kg超級世界記録360kg
    (IPF旧階級絶対重量世界最高記録)
    スクワット、ベンチプレス、トータル
    旧125kg級、旧125kg超級、120超級日本記録保持者

Recommend