フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

ビッグ3における奥義とは?(後編)

この記事をシェアする

0
掲載日:2018.10.16
記事画像1

三土手大介が思うスクワットで一番大切な奥義

「踏み圧」

踏み圧とは足の裏の地面に対する踏む圧力の事です。私がどれか一つ意識して行うとしたらこの踏み圧です。これ無しでスクワットは語れません。
私はこの意識でスクワット400kg以上を立ちました!!

三土手大介が思うベンチプレスで一番大切な奥義

「肩甲骨と手の平」

ベンチプレスで一番大切な事は肩甲骨と手の平です。この二つの位置関係や意識が非常に大切なのです。この意味が分かってくるとベンチプレスの精度が格段に良くなってきます。

三土手大介が思うデッドリフトで一番大切な奥義

「垂直」
デッドリフトの奥義と言ったらこれしかないです。垂直とは何が垂直なのでしょうか?実はこれはいくつか項目があります。それらの垂直をしっかりと出せるとデッドリフトの精度が格段に変わりますし、身体への負担も減ります。

以上私が思うシンプルな奥義のヒントでした。これだけ見ても何の事だかわからないという人は是非ノーリミッツから発売している下記DVDを参照してみて下さい。
上記の奥義だけではなく様々な奥義が詰め込んであります。どれを見ても損はさせない自信があります。
記事画像2
デッドリフトの奥義を詰め込んだ「究極のデッドリフト理論」

この項目さえ守れば必ず理想のフォームに近づくという究極理論を6項目にまとめてお届けします。
究極理論だけではなく基本の部分もしっかりと押さえてあるのでこれからデッドリフトを本格的にはじめようと思っている人も、停滞して更なる飛躍を望む人も、すべての人に効果的なDVDとなっております。
【商品の詳細はこちら】

記事画像3
スクワットの奥義を詰め込んだ「究極のスクワット理論」

この項目さえ守れば必ず理想のフォームに近づくという究極理論を6項目にまとめてお届けします。
究極理論だけではなく基本の部分もしっかりと押さえてあるのでこれからスクワットを本格的にはじめようと思っている人も、停滞して更なる飛躍を望む人も、すべての人に効果的なDVDとなっております。
【商品の詳細はこちら】
記事画像4
ベンチプレスの奥義を詰め込んだ「究極のベンチプレス理論」

爆発的な人気で売り上げた究極のベンチプレス理論がついにDVD化!!
映像でさらにわかりやすく解説。細かいポイントもバッチリ伝わります。
三土手大介×児玉大紀の理論を融合した最強のベンチプレス理論を是非ご覧ください。
【商品の詳細はこちら】
記事画像5
ビッグ3の奥義を全て一度に見てみたいという方にはこれ!!
「がんばるフィットネスぺーこ」初心者脱出計画
~脱出するために覚えて欲しい8つの事!!~


三土手大介が普段パーソナルトレーニングで指導している色々なノウハウがぎゅーっと詰まったハウツーDVD。

このDVDを見ると、まるで三土手大介のパーソナルトレーニングを体験しているかのような気になります。
2枚組220分なので見ごたえたっぷりです。
ビッグ3に限らず、身体の本当の使い方の部分の奥義もたくさん収録してあるのでおすすめです。
【商品の詳細はこちら】
  • 三土手 大介
    No Limits代表・レッシュマスター級トレーナー
    一般社団法人レッシュ・プロジェクト理事
    1972年8月26日生まれ
    神奈川県横浜市出身
    120kg超級
    4スタンスタイプ「A2」

    <打ち破ってきた限界の数々>
    スクワットで日本人初の400Kgオーバー
    ベンチプレス日本人初の300Kgオーバー
    トータル日本人初の1トンオーバー
    4つの世界タイトル獲得(世界パワーリフティング・世界ベンチプレス・ワールドゲームズ・アーノルドスポーツフェスティバルPRO BENCH)
    全日本パワーリフティング選手権 優勝20回
    全日本ベンチプレス選手権 優勝18回

    <ベスト記録>
    スクワット435kg
    ベンチプレス360kg
    デッドリフト320kg
    トータル1060kg
    ベンチプレス125kg級世界記録322.5kg
    ベンチプレス125kg超級世界記録360kg
    (IPF旧階級絶対重量世界最高記録)
    スクワット、ベンチプレス、トータル
    旧125kg級、旧125kg超級、120超級日本記録保持者