フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

【街ジム訪問】「THE PHYSIQUE」(埼玉県川口市)#2 トレーニング体験記

この記事をシェアする

45
掲載日:2017.07.18

ライターによるトレーニング体験

インタビュー後には岡田さん指導の元、トレーニングを体験させていただきました。
スポーツ経験は高校時代にバスケットボール部に所属していた程度になります。

基礎中の基礎であるスクワットから

記事画像1
いきなりトレーニング器具を使うのではなく、まずはスクワットから。

このジムでは初心者の方にまずはスクワットを教えるとのことです。
スクワットといえども、プロの方の指導を受けることによって正しいスクワットの仕方を知ることができます。

また、岡田さんはわかりやすくシンプルな言葉で教えてくれるので、わからないということがまずありません。
「お尻を突き出して」「真っ直ぐ立ち上がって」などの言葉で、専門用語は使わずに教えてくれます。

岡田さんに正しいスクワットを教わりながら、20回×3セットを実施。
これが思った以上に身体に効きます。

普段自分でやっているスクワットですと前太ももに負荷を感じるのですが、きちんとしたスクワットだと後ろ太ももに負荷がかかっていました。

間違ったスクワットですと前太ももに負荷がかかり、これがいわゆる筋トレをして脚が太ってしまうということです。

いよいよトレーニング器具にて体験

記事画像2
続いて指導していただいたのは、ダンベルベンチプレス。
トレーニング初心者の私は、片手に2.5kgずつ持ち、計5kgを持って挑戦。

ここで肩甲骨を寄せるということなのですが、私の肩甲骨は一般の人よりも固く、岡田さんにもびっくりされるほどでした。

どうやらこの固さの原因は姿勢の悪さも関係しているとのこと。
自分でも猫背という自覚があるので、肩甲骨の固さには納得してしまいました。

猫背のため姿勢が前かがみになり、肩甲骨がすでに開いている状態とのことです。
これが続くと将来的に肩こりや四十肩が起こるとのこと。

岡田さんの指導は自分の今の状態や、
なぜこのトレーニングをするのか丁寧に教えてくれるため、
納得した形で受けることができます。

ダンベルベンチプレス実践。肩甲骨を寄せることによって胸が自然と張れます。
片手に2.5kgずつといえども、トレーニング初心者の私にはなかなかきれいに上げることができず、岡田さんの支えがないとふらふらしてしまうほど。

肩甲骨を開きながら背筋を鍛える

記事画像3
最後に指導していただいたのは背筋を鍛えるラットプルダウン。バーを下ろすときにこれも肩甲骨を寄せます。

肩甲骨が固くて寄せにくい私は、これも岡田さんに手伝ってもらい肩甲骨をグッと寄せることに。
そうすることによってバーを深く下ろすことができ、背中にとても効いている感じがします。

丁寧でわかりやすい指導

記事画像4
今回、オーナーの岡田さんから指導を受けながらトレーニング体験をさせていただきました。

きちんとトレーニングを受け続ければ3ヶ月でも変わるとのこと。
その3ヶ月が続けば半年、1年は続けられるとの言葉もありました。

トレーニング初心者の方は最初に教わったスクワット20回×3セットでもかなり苦労するとのことです。
実際私もかなり身体にこたえました。

ですが、やはりなんの目的でトレーニングを続けるかによって持続できるか変わってくるとのこと。
きちんとした目標を持って取り組めたら必ず身体は変わってくると、体験ながらに思いました。

岡田さんの指導はとても丁寧で何よりわかりやすいというのが印象的。
アドバイスを長々と話すのではなく、わかりやすく簡潔な言葉で言ってくれるのでスッと受け入れやすいです。
そのおかげで正しいスクワットを体験することができました。

また岡田さんの人柄はとても親しみやすいので、わからないことも気軽に聞くことができます。
岡田さんの人柄もこのジムの大きな魅力ではないでしょうか。

なぜこのトレーニングをするかなど、納得した形で進めたい方にはとてもおすすめなジムです。
取材:瀧澤 唯

▼【街ジム訪問】「THE PHYSIQUE」編

「THE PHYSIQUE」(埼玉県川口市)#1 オーナー岡田勝成さんインタビュー

「THE PHYSIQUE」(埼玉県川口市)#2 トレーニング体験記
今回取材にご協力頂いた「THE PHYSIQUE」の情報はこちら

「THE PHYSIQUE」HP

■住所
〒334-0005 埼玉県川口市里1713-1F
(最寄り駅:埼玉高速鉄道線『鳩ヶ谷駅3番出口』より徒歩1分)
■TEL
048-291-8144
■営業時間
24時間営業
■SNS
「THE PHYSIQUE」Twitter