フィジーク・オンライン
Weekly Monthly

鉄分が不足しているとき、同時に欠乏しているケースが多い栄養素とは?<貧血⑤>

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.12.27
記事画像1

総合的なアプローチの重要性

さて、ここまで鉄欠乏について見てきましたが、栄養はリンクして働いている為、ほとんどの場合、鉄以外の栄養素も同時に欠乏しているのが現状です。

① たんぱく質を十分に摂取する事が重要です。
ヘモグロビンの構成材料として(ヘム鉄+グロビンというたんぱく質=ヘモグロビン)、また鉄を体内で運搬する為(UIBCなど)にも、たんぱく質は不可欠です。たんぱく質のお話でもしましたが、体重1kgあたり、普通の人で1g、スポーツ選手なら2~3g必要です。

② ビタミンB群。赤血球は骨髄で作られ、約1日で成熟した赤血球となります。
この、生まれたての赤ちゃん赤血球を網状赤血球と言います。顕微鏡で見ると網状の模様が見えるからです。網状赤血球が成熟した赤血球になるには、脱皮のような分化(分裂しながら形を変える事)をしますが、それにはビタミンB群の中の、特にB6が必要です。

③ ビタミンCは、鉄の吸収を高める働きがあります。
このようなことから、総合的な栄養アプローチが重要となる訳です。何度も言いますが、通常の血液検査ではフェリチンという項目の検査をしませんから、貧血を見逃すことが多いです。特にスポーツ選手はパフォーマンスや、やる気の背景に貧血が大いに関与しています。根性があるか無いかは、もしかしたら貧血次第なのかもしれません。
次回からは、「糖質代謝と低血糖」についてのお話です。
  • 星 真理(ほし まり)
    栄養整合栄養医学協会認定 分子栄養医学管理士
    栄養学の専門家として老若男女を問わず、一般人からトップアスリートにいたるまで、あらゆるニーズにも対応した栄養指導/栄養セミナーを個人、競技チーム、学校、企業を対象に行っている。
    著書「アスリートのための分子栄養学」(体育とスポーツ出版社)

    分子栄養学(正式名称:分子整合栄養医学)
    Ortho-Molecular Nutrition and Medicine
    ノーベル賞を2つ受賞した米国人生化学者ライナス・ポーリング博士(1901〜1994年)が、栄養学と医学とを融合させて研究し、分子整合栄養医学として確立した栄養医学。

  • アスリートのための分子栄養学
    2014年3月31日初版1刷発行
    著者:星 真理
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ アスリートのための分子栄養学 ]