フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

筋発達しながら脂肪を減らしたい人が食事において守るべき7つのポイント

この記事をシェアする

24
掲載日:2017.04.28
記事画像1

インスリンとグルカゴンの比率を適正に保つことが脂肪の蓄積を防ぎ筋発達を促す一番の方法

タンパク質、タンパク質を多く含む食品中の脂肪、そしてエフェドリンは、グルカゴンの値を上昇させます。グルカゴンとインスリンは、シーソーの様に働きます。インスリンの値が高いと、グルカゴンの分泌が抑えられ、グルカゴンの値が高ければ、インスリンが抑えられる傾向にあります。

グルカゴンが分泌されるのは、炭水化物の少ない食事をした時か、タンパク質の量が多いときです。このグルカゴンの値が高ければ、脂肪の燃焼が促進されます。逆に、インスリンの値が高ければ、脂肪の蓄積に繋がりますが、中程度であれば、筋発達を促します。

炭水化物のみからなる食事は、多量のインスリンを分泌させますが、この時グルカゴンは分泌されません。これは、脂肪の蓄積を強く促します。ですから、炭水化物の量をやや減らして、タンパク質を多くとり、食事がバランスの取れたものになれば、グルカゴンが分泌され、インスリンの分泌は抑えられます。

このように、インスリンとグルカゴンをバランスよく保てば、筋発達に必要なインスリンが分泌されると同時にグルカゴンも分泌され、脂肪を燃焼させることができるというわけです。

ここで述べたことを要約してみると、以下のようになります。

〇食べ過ぎは、太る一番の近道です。ボディビルダーは、アナボリック状態を作り出そうとして無理に食べてはいけません。そんなことは起こりえないからです。筋発達に必要なだけ食べましょう。脂肪を増やすためではありません。
〇炭水化物は、エネルギー源として重要ですが、取り過ぎは即、脂肪の蓄積につながります。
〇豆類のような可溶性繊維を食事に取り入れましょう。繊維は、インスリン分泌に好ましく働きます。また、不可溶性の繊維は、お腹を満たしてくれます。
〇脂肪の多い食事を摂らないことが、摂取カロリーを減らす最も簡単な方法です。
〇コンテスト前など、有酸素運動に時間を割くことがあるかもしれませんが、常に、筋発達を一番に考え、トレーニングしましょう。筋量が増せば、カロリーの分配効果が高まるからです。
〇熱発生やカロリーの分配効果を高めるようにしましょう。それには、ハーブを用いたり、高タンパクの食事を摂ったり、極端に多くの炭水化物の摂取を避けることが大切です。毎回の食事で炭水化物とタンパク質をバランスよく取れば、インスリンとグルカゴンが理想的な比率で分泌されます。
〇一日の食事を5、6回に分けて取りましょう。そうすれば、一度に食べ過ぎる心配はないし、インスリンの値をコントロールすることができます。中程度で、継続的なインスリンの分泌が理想的です。脂肪を付けたくないのであれば、インスリンを急上昇させるようなことはやめましょう。

  • ■究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック
    2013年6月20日第6版発行
    著者:クリス・アセート
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

[ 究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック ]

Recommnd