フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

たんぱく質とビタミンAの意外な関係。

この記事をシェアする

0
掲載日:2017.05.17
記事画像1

ビタミンA(Vitamin A) ― 脂溶性ビタミン①

脂溶性のビタミンAは、大量に摂取すると体内に蓄積し、過剰症を起こすという説があります。しかし、肝臓にはステレイトセルという、ビタミンA専用の貯蔵庫があります。なぜなら、足りなくなったら困るからです。

そしてRPB(レチノールバインディングプロテイン)という、ビタミンA専用のトラックと結合し、TTR(トランスサイレチン)が蓋をして、必要な組織に運ばれます。RBPもTTRも、材料はタン白質で出来ています。つまり、ビタミンAを必要な時に必要なだけ使うには、タン白質が欠かせないのです。ビタミンAは、大切に梱包され、専用会社の車で運ばれるのです。
ビタミンA(レチノイド)

ビタミンA(レチノイド)

柑皮症
冬にミカンを食べ過ぎると、手が黄色くなる方がいます。柑皮症(かんぴしょう)と言われていますが、実はあれは、ミカンに含まれるビタミンAを沢山食べたのに、タン白質が足りなくて運べない状態です。倉庫にビタミンAが溢れているのです。

私が指導させて頂いた方の中にも、このような方がいました。これはタン白質の摂取量が足りないのですよ、と説明しますが、よく理解できない方はタン白質の摂取量を増やすのではなく、ビタミンAの摂取を控えてしまいます。もちろん、そうすれば黄色くなった手は元通りになりますが、せっかく摂ったビタミンAを有効に使えないのは、もったいない事です。

では一体、どれくらいが摂りすぎなのでしょうか?ビタミンAは、WHO(世界保健機構)が生理的効力を示す国際単位(International Unit=IU)で表します。

ビタミンA(全レチノール)の効力: 1I.U.=0.3μg
βカロチンの効力: 1I.U.=3.6μg

これをmgに直すと、10,000I.U.=3mgとなります。ビタミンCは1回に1,000mgとか2,000mgとか摂取しますよね?だとすると、1日に30,000I.U.摂ったとしても、大量摂取しているとは言えないでしょう。例えばレバーやウナギ、人参などに含まれる方が、よほど大量です。でももし、こういうものを食べて過剰症になっていたら、毎年土用の丑の日には大変な事になっている筈です。そうならないという事は、実際には過剰症になるほどの量を食べることは殆どない、という事です。

私はもう20年近く、毎日ビタミンAを30,000I.U.以上摂取し続けていますが、過剰症になったことはもちろんありません。それでも人間は、一度刷り込まれた情報が仮に間違っていると理解しても、最初の情報を捨て切れない生き物です。ですから今でも、ビタミンAのしっかり含まれたサプリメントを殆ど見かけないのは、こういう風評から売れないだろうと考えた販売会社が、作らないからです。

もし、ビタミンAのしっかりサプリメントを販売している会社が有ったら、それはかなり栄養学をきちんと理解した会社か、全く無知の会社かのどちらかでしょう。まさか後者の会社は無いと思いますが。
  • 星 真理(ほし まり)
    栄養整合栄養医学協会認定 分子栄養医学管理士
    栄養学の専門家として老若男女を問わず、一般人からトップアスリートにいたるまで、あらゆるニーズにも対応した栄養指導/栄養セミナーを個人、競技チーム、学校、企業を対象に行っている。
    著書「アスリートのための分子栄養学」(体育とスポーツ出版社)

    分子栄養学(正式名称:分子整合栄養医学)
    Ortho-Molecular Nutrition and Medicine
    ノーベル賞を2つ受賞した米国人生化学者ライナス・ポーリング博士(1901〜1994年)が、栄養学と医学とを融合させて研究し、分子整合栄養医学として確立した栄養医学。

  • アスリートのための分子栄養学
    2014年3月31日初版1刷発行
    著者:星 真理
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ アスリートのための分子栄養学 ]

Recommnd