フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

ダイエットを効果的に行うテクニック 塩を適度に取ろう

この記事をシェアする

19
掲載日:2017.10.23
記事画像1
今や私たちは、塩分の摂取を極端に減らしています。

去年、ABCニュースが、アメリカ人は塩分摂取を減らすべき、なぜなら塩分の取り過ぎは血圧の上昇を引き起こすから、という政府の見解に挑戦する番組を放送しました。

これは、塩が高血圧の原因だということに強い疑問を投げかけ、さらなる疑問として、塩分摂取が心臓病と関係しているかどうかといった問題を提出しました。現在、私たちの国では、脂肪を削ろうとして非常に低カロリーの食事をし、塩をまるで歯垢のように避けようとしています。なぜなら、皆がそれを悪いもののように言うからです。

多くの情報、様々なダイエット法

脂肪を落とす賢いやり方についてはたくさんの情報があり、多くの人がよいアドバイスに従っていますが、非常に低カロリーのダイエットを行っている人が以前にもまして多いのも事実です。低カロリーのダイエットは、代謝も熱の発生も低下させます。

さらに、あなた方に言っておきたいのは、低塩ダイエットもまた熱の発生を低下させるということです!

塩はヨウ素という、甲状腺ホルモンの働きを調節する助けを行うミネラルを含んでいます。甲状腺ホルモンは、カロリーの燃焼に重要な役割を果たしています。

ヨウ素のレベルがあまりにも低いと(塩をまったく取らないようなダイエット)、甲状腺ホルモンのレベルも落ち、熱発生も減量も難しくしてしまいます。

熱の発生と運動

熱発生はまた、運動とも関係しています。運動性の熱発生は、筋肉中で起こります。カロリーを燃やすためにエクササイズを行う場合、カロリーのいくらかは運動そのものによって燃やされます。しかし、体温が上がり、汗をかく場合に燃やされるカロリーもあります。

私の考えでは,服をあまりにもたくさん着込んでエクササイズを行うと、熱が体内にこもり、運動性の熱発生の効果が減ってしまうのではないかと思います。

ポイント

・サーモジェネシスとは、食事をする事で体内の熱発生の増加を引き起こす事です。このサーモジェエネシスを増加する事ができれば、食べた食物のカロリーの多くを単純に熱として使う事ができます。

・食物はそれぞれ熱発生効果が違います。タンパク質がもっとも熱発生効果の高い食物で、逆に脂肪は最も低い食物です。また、体脂肪の低い人はサーモジェネシスが高く、体脂肪の多い人は低い。


・サーモジェエネシスを増加させる要因は、(日)適度なカロリーのダイエット、(月)食事の回数を増やす、(火)必要以上のカロリーを取る、です。逆にサーモジェネシスを減少させる要因は、(日)低タンパク質ダイエッ卜、(月)低炭水化物ダイエット、(火)高脂肪ダイエット、(水)低塩ダイエット、です。
  • 理論と実践で100%成功するダイエット ダイエットは科学だ!
    2008年10月10日第2刷発行
    著者:クリス・アセー卜
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

Recommend