フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

キャロット(carrot) 由来の鮮やかな色素「カロチノイド」の作用

この記事をシェアする

8
掲載日:2018.04.11
記事画像1

カロチノイド(Carotenoids)

カロチノイドとは、自然界に約600種類存在する、赤や黄色の鮮やかな美しい色素の総称です。人参のキャロット(carrot) に由来して命名されました。カロチノイドは、体内の脂質の酸化を防ぐ働きをします。

カロチノイドは、大きく2つに分類されます。

① カロチン類:α-カロチン、月カロチン、リコピン等
② キサントフィル類:ルテイン、クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン等。
◎ルテイン・ゼアキサンチン
ヒトの水晶体や網膜に存在する物質で、ルテインは必要に応じてゼアキサンチンに変わります。
眼の中で特に黄斑部というところにたくさんあり、網膜を酸化から守る働きを持ちます。網膜の黄斑部という部分は、活性酸素を活性させる紫外線や、照明、テレビなどから発せられる青色光(細胞を酸化させる)を吸収する働きをします。
ルテインにより、活性酸素は消去され、酸化による細胞の損傷を防ぐ事が出来ます。また、喫煙や老化、ストレスなどによってルテインの貯蔵量が減少すると、白内障や加齢性黄斑変性症などが発症すると言われています。

ハーバード大学のセッドン博士は、診療所の患者876名を対象に食事調査を行いました。すると、ルテインとゼアキサンチンを摂取した患者と殆ど摂取していない患者とでは、病気にかかる率に43%もの差がある事を報告しました(SeddonJ.M. et a 1. (1994) ]AMA. 272. 1413)。

ゼアキサンチンは、物を正確に見る為に働きます。そして、光による酸化を防ぐと共に、酸化による損傷を防止すると考えられています。
記事画像2
◎リコピン
リコピンは、トマトやスイカ等に含まれる色素で、β-カロチンよりも強力なラジカル(ガンの元になる物質)消去作用がある事が分かっています。

眼の健康に役立つ働き以外にも、種々のガン(Le Marchand et . 1a (1989) ]N atlC ancer in .ts 81.1158) や胃潰瘍に対する効果も報告されています(MiraniC et a 1.(1970)Phamacology. 4,334)。

◎β-カロチン
β-カロチンは、活性酸素から眼を守り、白内障のリスクを抑えてくれます。また、ビタミンAの前駆体で、各種抗ガン作用も知られています。

◎アスタキサンチン
アスタキサンチンは、サケ、イクラ、カニ、エビ、藻類などの赤い色素で、強力な抗酸化作用を持ち(長木泰典他、(2006)臨床医薬、2241)、ガンの元となる活性酸素の中でも特に毒性の強い「一重項酸素」が身体を酸化させていくのを防ぎます。

また、身体の組織を次々に壊して行く「過酸化脂質」を作らせないように働きます。
その他には血行を改善し、眼精疲労や白内障、黄斑変性症に効果を発揮すると言われています。また、焦点を調節する毛様体筋の疲労改善作用があります(新田卓也他、(2005) 臨床医薬、21534)。
このような働きを見て行くと、中高年になると大体起こる眼のトラブルは、ビタミンAでかなり遅らせられるのでは、と思いますね。

◎クリプトキサンチン
クリプトキサンチンは、温州ミカンに多く含まれる抗酸化成分で、抗ガン作用も期待されています(MannistoS.et .la (2004) Canc Epidemiol Biomark Prev. 13. 40-48)。
  • 星 真理(ほし まり)
    栄養整合栄養医学協会認定 分子栄養医学管理士
    栄養学の専門家として老若男女を問わず、一般人からトップアスリートにいたるまで、あらゆるニーズにも対応した栄養指導/栄養セミナーを個人、競技チーム、学校、企業を対象に行っている。
    著書「アスリートのための分子栄養学」(体育とスポーツ出版社)
    分子栄養学(正式名称:分子整合栄養医学)
    Ortho-Molecular Nutrition and Medicine
    ノーベル賞を2つ受賞した米国人生化学者ライナス・ポーリング博士(1901~1994年)が、栄養学と医学とを融合させて研究し、分子整合栄養医学として確立した栄養医学。

  • アスリートのための分子栄養学
    2014年3月31日初版1刷発行
    著者:星 真理
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ アスリートのための分子栄養学 ]

Recommend