フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

排尿障害を防ぐノコギリヤシエキス

この記事をシェアする

10
掲載日:2018.05.14
記事画像1

ノコギリヤシエキス(Saw Palmetto)

ノコギリヤシエキスは、ノコギリヤシの果実エキスの抽出物で、古くからネイティブ・アメリカンや欧米人に強壮薬として愛用されてきました。

夜中に何度もトイレに行きたくて目が覚めたり、排尿後にすっきり感がないなどの排尿障害は、加齢(年を取る事)によるものだけではなく、前立腺肥大による症状の1つです。
記事画像2
男性は50歳を過ぎた頃、前立腺が肥大してきます。これは自然な加齢変化です。しかし、前立腺の肥大が進行し過ぎると、尿道への圧迫がひどく、日常生活に支障をきたす様になります。これは異常な加齢変化と言えるでしょう。

前立腺は膀胱の下に位置する器宮です。精子が活発に運動する為の前立腺液という液を作り、分泌しています。
前立腺は思春期に成熟し、20代~30代で完全な形になり、そのまま大きさは変わりませんが、熟年期になると再び前立腺が肥大します。これが種々の症状を引き起こすのです。

前立腺が肥大する原因は…

記事画像3
①テストステロン(男性ホルモン)は血液に送り込まれると共に、前立腺に取り込まれます。

②前立腺内のテストステロンは、5-αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変化します。

③タン白質の合成や細胞分裂を誘発するタン白質誘導体(レセプター)に結合し、前立腺が肥大します。
前立腺が肥大すると以下の様な症状が起こります。

・頻尿(トイレへ行く回数が増えるとと。特に夜間)
・排尿困難(尿のキレが悪い、腹部に力を入れないと出ないなど)
・尿流速(尿の出方)の低下
・排尿時の痛み
・残尿感
・切迫性尿失禁(例:前触れもなく尿がしたくなり、トイレまで間に合わず漏らしてしまう、など)

ノコギリヤシエキスの働き

① 酵素5-αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
② ジヒドロテストステロンとレセプターとの結合を阻止します。

女性にも!
女性も、更年期頃から排尿障害、腹圧性尿失禁(くしゃみや咳などで漏らしてしまう)、膀胱過敏症(トイレが近い)などの症状が現れ出します。
これも女性の体内のホルモンバランス(男性ホルモンと女性ホルモンのバランス)から起こるものなのです。女性でこのような症状が出現してきた方は、是非、ノコギリヤシエキスを試してみて下さい。

同様な働きをするもので、ペポカボチャ種子エキスも効果的です。
記事画像4
中南米が原産地であるペボ・カボチャ種子の抽出物の活性成分に、δ-7-ステロールという配糖体(糖類が結合した複合体)が含まれる。この配糖体は、ノコギリヤシエキスに含まれるステロール類に似ているため、前立腺肥大による排尿障害の改善作用を持つ。(Carbin B.E.et a.l(1990)British Jof Urology 66.639-641)

さらに、ペポ・カボチャ種子に含まれる主成分は、女性の尿失禁や排尿障害諸症状に種々の効果を示すことが報告されている(表2)(Griffiths D.et a.l(1989)NeurourolUr odyn.8.17-27)
  • 星 真理(ほし まり)
    栄養整合栄養医学協会認定 分子栄養医学管理士
    栄養学の専門家として老若男女を問わず、一般人からトップアスリートにいたるまで、あらゆるニーズにも対応した栄養指導/栄養セミナーを個人、競技チーム、学校、企業を対象に行っている。
    著書「アスリートのための分子栄養学」(体育とスポーツ出版社)
    分子栄養学(正式名称:分子整合栄養医学)
    Ortho-Molecular Nutrition and Medicine
    ノーベル賞を2つ受賞した米国人生化学者ライナス・ポーリング博士(1901~1994年)が、栄養学と医学とを融合させて研究し、分子整合栄養医学として確立した栄養医学。

  • アスリートのための分子栄養学
    2014年3月31日初版1刷発行
    著者:星 真理
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ アスリートのための分子栄養学 ]

Recommend