フィジーク・オンライン

減量中にお勧めするサプリメント①:カリウム、クロミウム

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.11.01

減量中にお勧めするサプリメント①

◎ポタシウム(カリウム)
これは普通、ビタミン/ミネラル剤の中に含まれていると思いますが、あえてここで触れるのは、ほとんどの人が食事から十分に取れていないからです。ポタシウムは、クレアチンやOKGのように、筋肉の膨張に効果があります。また、炭水化物の代謝や、筋収縮にも必要なものです。

ボディビルダーの多くがコンテスト前の10日間に、ポタシウムのサプリメントを使います。これは、カリウムとナトリウムの割合を変え、体にナトリウムよりカリウムが多くあるようにすると、いくらかコンディションがよく見えるからです。
◎クロミウム
クロミウム・ピコリネイトは、微量ミネラルとして、カキや豆類、ビール酵母や穀類の中に発見されました。これは摂取するのが困難なミネラルです。アメリカ合衆国における調査によると、一日に4000キロカロリー以上取っている多くのフットボールプレーヤーたちは、ミネラル不足に陥っているということでした。

クロミウムは、インスリンに対する筋肉の感度を高めます。インスリンとは、発達のために炭水化物とBCAAを筋肉内に取り込むホルモンです。問題は、運動不足、食物繊維の不足、老化、薬物の摂取等によって、筋肉がインスリンに対する感度を失うことがあるということです。これに対してクロミウムは、筋肉のインスリンに対する感度を高めてくれます。筋肉においてインスリンに対する感度が高まるということは、炭水化物やBCAAがより素早く筋細胞に取り込まれるということなのです、

また、筋肉のインスリンに対する感度が低いと、体脂肪の増加につながります。なぜなら、筋肉における感度が低いと、脂肪細胞における感度が高くなるからです(脂肪もまたインスリンの受容器官だからです)。逆に、筋肉における感度が高いと、脂肪細胞における感度は低くなります。

クロミウムは減量中に最も不足しやすいミネラルでもありますので、サプリメントで補う必要があるのです。一日に200~300mcgを取ってみてください。

  • ■究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック
    2013年6月20日第6版発行
    著者:クリス・アセート
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

[ 究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック ]