フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

SPOT LIGHT 大森樹里

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.06.22
記事画像1
そのポテンシャルの高さとキュートなルックスに仰天させられたあの日(デビュー戦)から4年と少し、今年のジャパンオープン(埼玉開催)を目指すという愛称ジュリちゃんこと大森樹里選手を取材のために所属ジムへ訪ねたのは、ほんのちょっぴり寒さの緩んだ1月25日である。彼女の迫力の90分のトレーニングの後、それはそれは終始笑いにあふれた、おもしろおかしい愉快なインタビューとなった。


―――樹里ちゃん、こんにちは。聞き手がこんなおっさんでゴメンなさい。『月ボ』からキミの取材の話を聞いた時は、正直いってうれしかったよ。

樹里 ありがとうございます。

―――メジャーに少しだけ近づいたっ、て感じだね。

樹里 ええ!?そうなんですか?だったらとってもうれしいです。

―――『月ボ』は全国誌だよ! 全国のボディビルファンにキミを紹介できるチャンスだよ。

樹里 それってスゴイんですか?

―――だって北海道から沖縄だよ! ゲストの依頼も来るかも知れないよ!

樹里 ゲストですか!?うれしいです!

―――塚本会長も言うように、君にはゲストに不可欠な“華”があるよ。“華”があるっていうのは、お客さんを呼べるっていうこと、いって見ればプロだよ。

樹里 “華”ですか!?そういうふうにいわれるとっても恥ずかしいです、けれどうれしいですネ。じゃあ今のままじゃダメですネ、もっともっとTRしなくては、っていうことですよネ。それではみなさんの期待に応えられるように頑張ります。苦手な減量も頑張ります。

だまされて良かった

―――月並みな質問だけど、ボディビルを始めた動機は?

樹里 シェイプアップです。ここ(スポーツジムB&F)に来る前にフィットネスジムでやっていました。その頃(08年)は体重が62kgもありました。もうポッチャポッチャのぷよぷよのオデブちゃんでしたよ(笑)。

―――その身長(155cm)なら少し多いかも知れないね?

樹里 とにかく頑張って1年で53kgまで落としました。

―――じゃ、それがボディビルの始まりなのかな?

樹里 ええ、そうですネ。今思うとそういうことになります。ここに入会して、しばらくしてから塚本先生に「ボディビルをやってみないか?」って、何度も何度も誘われました、しつこいぐらいに(笑)。っていうより本当はだまされたって感じですネ。(笑)

―――オレだってだますかもね(笑)。しかし結果的にだまされて良かったのかも。

樹里 ありがとうございます。キックボクシングの補強だとかフィットネスは経験があったので、体を鍛えるということにはそれほど抵抗はなかったです。やっぱりだまされて良かったですネ(笑)。

―――それがボディビル中毒の始まりだな、後戻りの出来ない地獄の一丁目だ(笑)。

樹里 じゃあ私は今地獄に居るんですか?

―――そうだよ(笑)。それでは初めてのコンテストの様子を聞きたいな。

樹里 09年のミス大阪です。めっちゃ緊張しましたよ。結果は3位でした。優勝は大倉選手でした。

―――キミでも緊張したのか、聞いてみるものだな(笑)。

樹里 そりゃあ緊張しますよ(笑)。

―――で、翌年は見事に優勝だ。この年は関西も優勝だったしダブルタイトルだ!

樹里 やったぁって思いました! うれしかったですネ! 

―――そんな体を作ったオフやオンのトレーニングメニューはどうなのかな?

樹里 3分割です。肩と二頭、 胸と三頭、脚と背、こんな感じで週3回から4回です。シーズン中はこのメニューをもっと厳しくした感じですネ。トレーニングは今中直博(日本選手権四位)さんとやっているので、あまり苦にならないです。

―――ほう、今中くんと! 

樹里 あの人スゴイです! だから私も頑張れます。

―――相手が今中くんなら手抜きは出来ないな(笑)。

樹里 細かい部分については、基本的には今中さんに合わせる感じですネ。

―――好きな部位は?

樹里 肩が好きです。

―――肩が好きになるのがわかるような気がするよ、だってこのジムには“肩まわり”のマシーンがいっぱいだもの。で、種目は何かな?

樹里 種目はサイドレイズだとかショルダープレスが好きですネ。 

―――肩まわりはキミのセールスポイントだな。じゃあ規定ポ―ズ(5つ)が一つだけになれば、どのポ―ズを選ぶのかな?

樹里 サイドチェストを選びます。肩もサ
イドから見てもらえますし。

―――嫌いな部位は?

樹里 脚ですね。でも誰に聞いてもネットで調べても、キライな部位ほど好きにならなければっていわれますし、頑張っていればそのうちに好きになるからって。だからキライだけど頑張っています。

―――パートナーが今中くんなら、もうこの世の終わりだ。彼の脚は一級品だからそう簡単には妥協させてくれないだろ(笑)。

樹里 妥協したり手を抜いたりできる雰囲気じゃないですヨ。だからキツくてももう諦めています(笑)。
記事画像2

とんこつラーメンが大好き

―――その体を作った食事やサプリメントはどうなのかな?

樹里 私は外国人(フィリピン)だけど日本の食べものはおいしいので、だから納豆以外は何でも食べます。もう日本に来て10年以上になりますが、納豆は匂いがどうも……。でもスシや焼肉は大好きですよ。ラーメンも大好きです! 特に“とんこつラーメン”にはハマっています! それと私は料理が趣味なのでパスタやケーキ、クッキーも作ります。バレンタインのチョコレートも作りますし、自分で作ったモノは特別によく食べます(笑)。

―――バレンタインチョコか、オレには縁がないけど。でもそんなにいろいろ好きでも減量中は無理だろ?

樹里 はい、もちろん。私は体重が落ちにくいので食事内容はシーズン中はもう少し厳しくします。生野菜を意識して多めに摂るようにしています。タマゴやバナナもです。あと脂肪の少ない白身魚を増やします。ライスは玄米です。もっとも玄米はオフの時もです。玄米に関しては年中ですネ。基本的にはみなさんと同じように低脂肪で高たんぱくを心がけています。

―――サプリメントはどうなのかな?

樹里 プロテインとBCAAとマルチビタミンですが、あまりサプリメントにはこだわっていません。

―――減量は大会のどれぐらい前から始めるのかな?

樹里 普段59kgから60kgぐらいあるので10kgぐらいは落としたいですネ。49kgぐらいには。今年はジャパンオープンが目標なので、4月ぐらいからになると思います。

―――じゃあ秋になるまで“とんこつラーメン”はお預けだな(笑)。

加山雄三と天童よしみ

―――ボディビルをやっていて良かったこと、悪かったことは?

樹里 筋肉がついて引き締まって格好良くなりますネ。もちろん健康管理はできますし、とにかくもう前みたいにデブになるのはイヤですよ(笑)。だから悪いことなんてひとつもないです。

―――キミはもう立派な中毒だ。それも重症の危篤状態だな(笑)。結婚してるんだよね、だったらダンナさんの反応は?

樹里 最初はわからないだとか気持ち悪いって…。けれど今はボディビルをすることにとっても理解がありますし、それにとっても優しいですヨ。初対面の時からです。観光でフィリピンに来た時に友達の紹介で知り合いました。

―――ダンナさんのお仕事は?   

樹里 運送業です。

―――今年のジャパンオープンには、応援に来てくれるのかな?

樹里 大阪からは少し遠いですし、無理かも、です。

―――それはちょっと残念だね。では、子供の反応は?

樹里 子供も「ママは格好いいよ!」っていってくれます。それに学校では人気者ですネ。おかげでいじめはないですし子供の友達が「さわらせてさわらせて」って家にやって来ます。何と先生もですよ。ダンナさんも「幸せだなぁ」っていってくれます。

―――ボディビルのおかげで家庭円満だ。それに「幸せだなぁ」って、ちょっと古いけどまるで加山雄三だ。

樹里 その加山雄三さんの歌がダンナさんの好きな歌です。だから、いつの間にか私も日本の演歌が好きになりました。中でも天童よしみさんの歌には勇気がもらえますネ。

―――苦しいトレーニングを楽しくするのは歌のおかげかもしれないね。加山雄三さんや天童よしみさんが好きなのか。じゃあタレントでは?

樹里 スマップです。中居くんや香取くんや、とにかくスマップは全員が好きです!

―――スマップとはミーハーだね。オレには無理だけど(笑)。キミの仕事は何かな?

樹里 訪問介護の仕事です。キツイですけどお給料はいいですネ。ただ時間が不規則になるのが……ちょっと。

―――これから高齢化が進んでお年寄りがどんどん増えてくるから、介護は誰かがやらなければならない大切な仕事だ。ボディビルが多いに役立ってると思うよ。オレも予約しておこうかな。樹里ちゃん指名だ(笑)。

樹里 その時はよろしくお願いします(笑)。

ボディビルに出会わなかったら

―――キミのように情熱を傾けられるモノがあるっていうのは本当に幸せだと思うよ。

樹里 はい、私もボディビルに出会えて本当に良かったと思います。

―――じゃあボディビルに出会ってなかったら? 何になってたのかな?

樹里 テニスプレーヤーです。

―――テニスプレーヤーか、見てみたかったなぁ。

樹里 ナダルやウイリアムスが大好きなので、テニスプレーヤーを目指していたと思います。キックボクシングも大好きですよ。

―――ほう、キックボクシングか! でもその体で強烈なスマッシュを打ち込まれたらナダルもウイリアムスも降参だな(笑)。キックボクシングなら“真空飛び膝げり”の沢村忠だ。ゴメンな、古過ぎた(笑)。でもキミにも“こわいもの”はあるだろ?

樹里 ヘビですよ! 見ただけでももう逃げちゃいます! 絶対に触れないですよ。

―――逃げるのか?

樹里 クロフネさん触れますか?

―――ま、遠慮しとくよ(笑)。では最後になったけれど憧れの選手やこれからの目標は?

樹里 今村直子さん(10年、12年日本選手権優勝)のような選手になりたいです。あんな体にどうしたらなれるのかなって。初めて見た時は「なおちゃんスゴイ!」って、夜も眠れないぐらいに興奮しましたよ。あの時の情景は今もハッキリとこの目に焼きついています! ここに入会した時からの私の憧れでもありますし、目標でもあります。私も早くあんな選手になりたいです。

―――憧れでもあり目標でもある選手がすぐそばにいるのはラッキーだね。それでは家族の他にキミの頑張りをサポートしてくれる座右の銘や好きな言葉があればお願いします。

樹里 「IF OTHERS CAN WHY CAN'T I」 

―――長時間にわたってありがとうございました。それでは今年のジャパンオープンを楽しみにしています。
昨年のジャパンオープン

昨年のジャパンオープン

取材を終えて

彼女への評価としては“あと2kg絞れれば”と、塚本会長はじめ関西の関係者が異口同音に発すれば、そんな期待を知ってか知らずか、肩と二頭をジャイアントセットで次々とこなし、この日は予定外のダンベルベンチプレスを数セット。トータル1時間半のトレーニング中、休息は水分補給に要した数十秒のみ。時折笑みは見せるものの今年のジャパンオープンに賭ける彼女の意気込みは物凄く、その姿におもわず私は胸にこみ上げてくるものがあった。

トレーニング終了後のインタビューでは終始笑いの絶えない彼女。外国籍(フィリピン)のため日本選手権への出場はかなわないが、キラキラと輝くヒトミとともに、日本選手権には「ぜひ出てみたいです!」という言葉が私には忘れられない。
  • 大森樹里(おおもり・じゅり)
    1978年7月7日生まれ
    身長155cm、体重60kg(オフ)/49kg(オン)
    職業:訪問介護/家族構成:夫、長男(11 歳)/
    趣味:料理(パスタ・ケーキ作り)、歌(演歌)
    スポーツジムB&F所属

    戦績
    09年ミス大阪 3位
    10年ミス大阪 優勝、ミス関西 優勝
    11年西日本選手権 3位
    12年オフ
    13年西日本選手権優勝、ジャパンオープン6位

文=
クロフネ
撮影協力・
スポーツジムB&F
[ 月刊ボディビルディング 2014年5月号 ]

Recommnd