フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

2013 大阪クラス別優勝者座談会 6月29 日 於/大阪市内

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.08.16
記事画像1

井野川基知

井野川基知(いのかわ・もとし)1980 年4月11 日生まれ(33 歳)/大阪府出身/体重64kg(オン)67kg(オフ)/ボ歴2年6カ月/所属ジム:スポーツジムB&F/家族構成:妻/趣味:読書
記事画像2
記事画像3
65㎏級表彰。左より2位、優勝井野川、3位

65㎏級表彰。左より2位、優勝井野川、3位

杉田智哉

杉田智哉(すぎた・ともや)1982 年8月1日生まれ(31 歳)/大阪府出身/体重68・5kg(オン。オフ不明)/ボ歴5年/所属ジム:プラスワン/家族構成:妻・子ども4人
記事画像5
記事画像6
70㎏級表彰。左より2位、優勝杉田、3位

70㎏級表彰。左より2位、優勝杉田、3位

西村拓史

西村拓史(にしむら・たくみ)1980 年4月10 日生まれ(33 歳)/広島県出身/体重72kg(オン)80kg(オフ)/ボ歴10 年/所属ジム:スポーツジムB&F/家族構成:父・母・妹
記事画像8
記事画像9
75㎏級表彰。左より2位、優勝西村、3位

75㎏級表彰。左より2位、優勝西村、3位

福井 豊

福井 豊(ふくい・ゆたか)1986 年12 月13 日生まれ(27 歳)/岡山県出身/体重79kg(オン)86kg(オフ)/ボ歴8年/所属ジム:ジャングルジムスポーツ/家族構成:祖父・祖母・父・母・妹
記事画像11
記事画像12
+75㎏級表彰。左より2位、優勝福井、3位

+75㎏級表彰。左より2位、優勝福井、3位

 さすがは優勝者達である。時には少し意地の悪い質問に対しても、聞き手が恥ずかしくなるほどに実にしっかりとした答えが返ってくる。日頃の弛まぬ鍛錬のおかげであろうか、その雰囲気からも同世代とは明らかな次元の違いを感じさせる。ボディビル界のこれからを願う時、彼らの活躍が不可欠になるのはいうまでもない。まことに頼もしい限りである。

――先日の大阪クラス別では優勝おめでとうございます。お疲れのところみなさんお集まり頂きましてありがとうございます。今日は優勝者にひと言聞くというテーマで始めたいと思います。

 それでは最初にお聞きしますが、今回の優勝という結果に対する素直なお気持ちをお聞かせください。

福井 優勝することができてホットしました。だから終わったその日は菓子パンを20個ぐらい食べましたよ(笑)。

杉田 ボクは優勝と聞いて、正直言って「エッ!?」という感じでした。

――なぜ?

杉田 自信はなかったですね、まったく。昨年よりクラスを上げているので(65㎏→70㎏)まさか、と思いました。

――でも、キミのスコアはほぼパーフェクトだけど?

杉田 横の人(4位の樋上耕平選手)があまりにも大きくて、しかもピックアップで一回も呼ばれなかったので「ボーダーラインにも達していないのでは、ボクのレベルでは問題にならないのでは」と、控え室でもみんなに体を見られるのが恥ずかしくて恥ずかしくて、ず~っと服を着ていました(笑)。

――はぁ…? 聞いてみないとわからないものだな(笑)。

西村 私はジムの先輩の井上浩さんから「オマエは優勝だ! オマエは優勝だ!」と毎日のように暗示をかけられていました(笑)。

――井上くんは魔法使いだな、それが功を奏したわけか(笑)。

西村 本当は正直言って、負けたかな、2位かな3位かな、と、コールを聞くまでは内心はハラハラドキドキでした。

福井 ボクは、昨年は3位の評価を与えていただいたのですが、今年はその時2位だった和所さんが出ていなかったので〝今年はアイツが優勝だな〟という場内のお客さんの見る目を少し意識しました。

――井野川くんはあっと言う間に2階級制覇したわけだけど…。

井野川 コンテスト前にジム(B&F)の塚本会長や今村直子さんから、ポーズ練習の時に「イケる! イケる!」と言われていたのですが、しかし吉田倫徳選手(2位)の仕上がりがあまりにも強烈だったので…。あの仕上がりは本当に脅威でした。

―― 確かに…。でもキミのクラスを上げての優勝は立派だと思うよ。

井野川 ありがとうございます。

――それでは月並みな質問ですが、ボディビルとの出会いについて聞かせてください。

福井 ボクはもともと身体を鍛えることが好きだったので、すんなりとこの世界に入った、という感じですね。

――と、いうと?

福井 高校時代は野球をやっていたので、インナーマッスルの専門書や解剖学の本などを読んだりしていました。だからその頃からウェイトには馴染んでいました。それでそんな経験を生かして教師とか薬剤師とか、人に感謝される仕事につきたいと思うようになり、大阪の専門学校に入学しました。しかしたまたまその時の講師の方がボディビルダーで。それがきっかけです。

――出会いだ! それこそ人生を変える運命的な出会いだ!

西村 私は心臓の病気です。心臓の壁に穴の開く病気です。それで小学校の時は運動制限されていました。

――心臓に穴が開く!? 大変じゃないか!西村 この病気は1学年に一人とか、そんな割合で、案外とかかるらしいです。もっとも心臓はのちに手術をして良くなるのですが、それより肥満体質だったのが小学生の時はすごくコンプレックスになっていました。それで中学生になってからは肥満解消のために、有酸素運動で毎日10㎏のランニングをして、1カ月で15㎏の減量をしました。減量は期待以上の成果があがりましたが、今から思うとあれはやり過ぎでした。ガリガリになって骨と皮だけになってしまいました(笑)。

――効果絶大だ。やり過ぎる性格はボディビルダーとして大成する条件のひとつかもしれないね。

杉田 ボクはごく普通に健康体で何も心配はなかったのですが、仲の良い友達が病気がちでした。病気がちというか…いわゆる虚弱体質でした。

――キミではなく、友達が?

杉田 高校の時、先生の薦めもあって、その友達の虚弱体質改善のために2人でウェイトリフティング部に入部しました。付き添いで入部したような感じです。

――それがボディビルとの出会いなのかな?

杉田 それまではボディビルのコンテストがどこでやっているのか、どんな選手がいるのか、まったく何も知りませんでした。しかしイザやってみると、これがハマリましたね! 驚くなかれ、筋肉フェチの自分を発見してしまいましたよ(笑)。トレーニングは腕と胸の目立つ部位ばかりやっていました。筋肉フェチだから胸筋が発達するのや、上腕が太くなるのは実に楽しかったですよ! 社会人になってからはもっと本格的に取り組みたかったのと、ストレス解消もかねてジムに入会しました。今から5年ぐらい前です。25歳でした。

井野川 ボクは学生時代にラグビーをしていましたし、仕事でパーソナルトレーナーをしていたおかげだと思います。パーソナルは会員さんに常に身体を見られますので…。その頃ボクの体重は49㎏しかなかったので、トレーナーとしては失格ですよね(笑)。それからは鍛えて70㎏まで体重が増えました。頑張りました。

――その時の努力が2階級制覇につながっているわけだね。では、コンテストに向けてのトレーニングや食事についてはどうなのかな?

杉田 トレーニングに関してはオフとインとは特には変えていないですね。食事は白米をやめてオートミールや蕎麦にかえて、炭水化物の摂取量を普段の2700kcalから1600kcalに減らすぐらいです。また減量のための有酸素運動としては30分ぐらい歩きます。それもコンテストの前5、6日ぐらいですね。

井野川 ボクも炭水化物の摂取量を減らすぐらいです。

西村 私ももちろんシーズン中は炭水化物は控えますが、オフは直前(5月)まで毎晩のように焼き飯です。焼き飯が大好きです(笑)。

福井 ボクはパワー三種目を重視しています。ベンチプレス、スクワット、デッドリフトです。

――シンプルイズベストだ(笑)。

福井 それにボクはヘルニア持ちなので腰に疲労をためないようにしています。もっともギックリ腰レベルなら1週間で治りますが(笑)。それから減量に関しては特に人に語れるものはないです(笑)。

井野川 ボクはベンチプレスの時、肩を痛めているので、バーベルをダンベルに持ち替えて胸筋がバルクアップしました。もっと身体に厚みがほしいので良かったと思います。文字通りケガの功名です(笑)。

――じゃ、ダンベルでケガすれば(笑)?

井野川 マシンですかね(笑)。

――要はケガとどう付き合うかだね。福井くんはどうなのかな?

福井 ボクは種目は少ないですが、しかし重量は微妙に変えたりします。それとフィーリングを大切にします。

西村 私もあまりみなさんと変わらないと思います。大阪のミドル級で優勝することが夢だったのですが、幸いにも獲れたので、次はさらにバルクアップしてもっと上を狙いたいと思います。

杉田 オーバーオールの〝ミスター大阪〟この響きはいいですね!

――この後のコンテストの予定や将来像、および憧れの選手について聞かせてください。

杉田 マスターズのことは考えていません、というよりまるで眼中に入ってこないですね、まだ10年ありますので…。だから自分にはまだまだ無縁の世界、少し年配の人では、と、そんな印象です。

――30歳だもんね、羨ましいね(笑)。

井野川 ボクはマスターズには出ないと思います。何か〝一戦から退いた感〟がするのです。

――しかし最近の40代のレベルはスゴイよ!

井野川 ボクのまわりの人からはマスターズには「絶対に出ろ出ろ」と、よく言われます。

西村 40歳でマスターズは、私は少し早いような気が……40歳のカテゴリーはできればやめてほしいと思いますね(笑)。

――ボディビルは生涯スポーツだ。40代で完成してくる選手もいるのでね。

福井 ボクはみなさんとは真逆ですね。どんどん出ていただきたいと思います。日本のマスターズのレベルをもっともっと引き上げて、世界で常に優勝争いができるようにレベルアップしてもらいたいと思います。でも40歳になればその時は考え方がかわっているかも知れませんが(笑)。

井野川 7月に日本クラス別で北海道へ行きますが、奥さんと一緒に行くので、旅行も兼ねています。順位とは別に、北海道には美味しいモノがいっぱいあるので食べるものも今から決めています(笑)。ウニやカニを食べるのが楽しみですね! あと、ジンギスカンもいいですね。憧れや目標としては鈴木雅選手です。誕生日は1日違いなのに、なぜあのようにデカクなれるのか(笑)。ボクも早くあの日本選手権の舞台に立ちたいです。

杉田 ボクは関西クラス別です。もちろんオーバーオール(大阪)は出る予定です。さっきも言ったように〝ミスター大阪〟という響きはいいですね! 憧れの選手はフィル・フィース選手です。あのアウトラインは大好きです。それにボクは早くに結婚したので、子どもが4人います。上の子は9歳(男)なので、本人にやる気があれば同じステージに立てると嬉しいと。10年後の夢ですね。

井野川 杉田くんスゴイ! ボクは子どもができたらオリンピックを目指してほしいですね。

西村 早くに結婚か、私はまだまだですね。第一、ボクは減量中は異性には興味がなくなりますからね(笑)。

――オリンピックへの参加はボディビル界の大きな課題だ。その意味でも裾野を広げなければならないね。

井野川 今回初出場が多かったことは嬉しいです。だから裾野が少しは広がっているのかな? と。

西村 私は夢だった大阪のミドル級が獲れて、当初の大きな目標は達成できました。でも、杉田くんと同じくミスター大阪にはステータスを感じますね。獲れるモノなら獲ってみたいですし、私もやっぱり同世代の鈴木雅選手のようになりたいです。

福井 ボクは8月の大阪選手権です。これからは人に〝期待感〟を与えられるような選手になりたいです。憧れでもある下田雅人選手のように…です。

――それでは最後になりましたが、趣味の話を少し。

福井 ボクは趣味というよりは息抜きですかね、炊事や洗濯や掃除です。とにかく家事全般ですね。専業主夫ですよ(笑)。

一同 今の時代、福井くんの需要は大きいよ(笑)。

福井 でもウォーキングも好きですし、読書も好きですよ。読むのは宗教の本や経済の本です。

――専業主夫に宗教や経済の本、オレにはすべて無理だな(笑)。福井くんの雰囲気ならガンジス川のほとりで修行かな(一同笑)。

福井 それとバイクが好きですね。

――ミニバイク? それともハーレーとか?

福井 免許は大型を持っているのですが、乗るのはスクーターです。

井野川 原付暴走族だ(笑)。

杉田 ボクもバイクが好きです。読書も好きですね。

井野川 ボクは映画鑑賞と読書です。読書は主に漫画ですね。

西村 私はスポーツ観戦です。野球が好きで広島カープのフアンですが、メジャーリーグや最近はサッカーも観ますよ。

――楽しいお話をありがとうございました。それでは各自の夢や目標に向かって頑張ってください。お忙しい中、本日は長時間にわたりありがとうございました。
左よりクロフネ氏、井野川選手、福井選手、西村選手、杉田選手

左よりクロフネ氏、井野川選手、福井選手、西村選手、杉田選手

[ 月刊ボディビルディング 2013年10月号 ]

Recommend