フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

ボディビルの“巨星” ~ ジョン・グリメック ~

この記事をシェアする

0
[ 月刊ボディビルディング 1968年6月号 ]
掲載日:2017.11.16
 いかなる分野においても、並みはずれて傑出しているために、永遠にその名を歴史にとどめる人間がいるものである。野球界のべーブ・ルースしかり、ボクシングのデンプシーしかり。ボディビル界のジョン・グリメックも、まさにそういった傑物の1人である。

 彼がビルダー最高の栄誉であるミスター・ユニバースのタイトルを取っていらい、ちょうど20年になるこんにちですら、グリメックの写真や物語は、世界中のボディビル誌の紙面をにぎわしている。

 グリメックがはたした役割はじつに大きいものがある。人が時代をつくり、時代がまた人を生み出していく。1930年代、それまで日陰の存在であったボディビルは、グリメックという完壁な肉体をもった“巨星”の出現によって、世界的に認識されるようになった。
記事画像1
 グリメックは、引退するまで、コンテストでだれにも勝ちをゆずったことがないといわれる。1948年と49年のコンテストでは、リーブスを破って優勝している。連戦連勝のスティーブ・リーブスを破ったのは彼ひとりである。グリメックが獲得したおもなタイトルは次のとおりである。

1940年度 ミスター・アメリカ
1941年度 ミスター・アメリカ
1948年度 ミスター・ユニバース(NABBA)
1949年度 ミスターUSA
記事画像2
[ 月刊ボディビルディング 1968年6月号 ]

Recommend