フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

18才のヘラクレス

この記事をシェアする

0
[ 月刊ボディビルディング 1968年9月号 ]
掲載日:2017.11.27
記事画像1

西ドイツ重量あげ界最大のホープーールドルフ・マング

記事画像2
 ヘビィウェイト級プレス 165kg、スナッチ 140kg、、ジャーク 180kg、トータル 485kgーーこれは、西ドイツの1少年が、満17才の誕生日を迎える数日まえ、対ポーランド国際競技で出した記録である。若冠16才でソ連の世界的リフター、ウラソフとザボチンスキィの21才のときの記録を上回る重量をあげたルドルフ・マングは、ババリア・アルプスに近いベレンベルグの生まれで、現在18才、身長1.80m、体重108〜110kg。1972年のミュンヘン・オリンピックの金メダルをめざす西ドイツ最大のホープである。(SPORT)
[ 月刊ボディビルディング 1968年9月号 ]

Recommend