フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • スペシャリスト
  • 1972海外コンテスト ジュニア・ミスターUSAコンテスト ロナルド・トンプソンが僅差の優勝

1972海外コンテスト ジュニア・ミスターUSAコンテスト ロナルド・トンプソンが僅差の優勝

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.10.03
AAU主催のジュニア・ミスターUSAコンテストは、8月5日ウイスコンシンのキャンブリッジで行われた。18名の出場選手はいずれも甲乙つけがたく、審査が完全に終了するまで誰が優勝するか予想もできない大混戦だったが、広い肩と細いウエストを持つロナルド・トンプソン(25歳)がカーフの弱いケン・コビントン(23歳)を僅差で破ってタイトルを獲得した。
なお、3位には体全体がムラなく発達したカート・ヘイウッド、4位は20インチ(51センチ)の上腕を有するチャールズ・ロエシュ、プロポーションがすはらしいジム・ハンドリーが5位に入賞した。また、優勝したトンプソンは、胸、脚、腹、コビントンがモスト・マスキュラーと背、ロエシュが腕の部分賞をそれぞれ獲得した。
左から、4位ロエシュ、1位トンプソン、2位コビントン、3位へイウッドの上位4暹手。

左から、4位ロエシュ、1位トンプソン、2位コビントン、3位へイウッドの上位4暹手。

見るからに遅しそうな筋肉の優勝者トンプ

見るからに遅しそうな筋肉の優勝者トンプ

[ 月刊ボディビルディング 1973年2月号 ]

Recommend