フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • スペシャリスト
  • 南国の太陽に映える褐色の肌 ミスター全日本選抜コンテスト招待選手がデパートでデモンストレーション

南国の太陽に映える褐色の肌
ミスター全日本選抜コンテスト招待選手がデパートでデモンストレーション

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1972年9月号
掲載日:2018.06.10
岩田屋デパート久留米店屋上の特設ステージで男性美の祭典をくり広げるビルダーたち。ポーズをとるのは遠藤光男氏。

岩田屋デパート久留米店屋上の特設ステージで男性美の祭典をくり広げるビルダーたち。ポーズをとるのは遠藤光男氏。

太陽に向かって雄大なポーズをとる吉村選手と暑さのため日陰に入って見物する観客たち。

太陽に向かって雄大なポーズをとる吉村選手と暑さのため日陰に入って見物する観客たち。

記念写真におさまる選手たち。前列左から遠藤、須藤、後列左から小笹(選抜コンテストは不出場)、宇戸、末光、吉村、水上、重村。

記念写真におさまる選手たち。前列左から遠藤、須藤、後列左から小笹(選抜コンテストは不出場)、宇戸、末光、吉村、水上、重村。

デパートの入口に立てられたデモンストレーションの看板。

デパートの入口に立てられたデモンストレーションの看板。

7月23日、選抜コンテストが開始される午後6時までの時間を利用して、招待選手によるデモンストレーションが福岡と久留米の岩田屋デパートで行なわれた。
午前10時に西鉄特急で福岡から久留米に向けて出発した一行は約30分後に久留米に到着、小休止の後岩田屋デパート久留米店の屋上と2階に設けられた特設ステージでたくましい男性美を披露、物珍らしさで集まった観客の度胆を抜いた。
昼食後再び特急で福岡にもどり、午後2時より岩田屋デパート福岡店の屋上において、ピチピチした水着モデルとのショウをくり広げた。南国特有の射すような真夏の太陽が照りつける屋上は、厳しいトレーニングにより完成されたすばらしい肉体美をー目見ようとつめかけた観衆で立錐の余地もないほど。各選手の滝のような汗を流しての熱演に暑さもしばし忘れ、老若男女拍手かっさいであった。
屋上から2階の特設ステージまで裸のままエスカレーターで降りる選手たち。各売場の女店員たちが興味深そうにながめていた。

屋上から2階の特設ステージまで裸のままエスカレーターで降りる選手たち。各売場の女店員たちが興味深そうにながめていた。

2階レコード売場の特設ステージで得意のポーズを披露する選手たち。台上は水上選手。

2階レコード売場の特設ステージで得意のポーズを披露する選手たち。台上は水上選手。

重村選手の華麗なポーズに見入る観客たち。会場のあちこちから「ホー」という驚きの声がもれる。

重村選手の華麗なポーズに見入る観客たち。会場のあちこちから「ホー」という驚きの声がもれる。

フルーツ・パフェに舌つづみを打つ水上選手(左)と遠藤氏。たくましい男性と女性的な食べ物―、ちょっと妙な取り合わせである。

フルーツ・パフェに舌つづみを打つ水上選手(左)と遠藤氏。たくましい男性と女性的な食べ物―、ちょっと妙な取り合わせである。

長いモミ上げと流行のサングラスでダンディーぶりを発揮する吉村選手。

長いモミ上げと流行のサングラスでダンディーぶりを発揮する吉村選手。

西鉄久留米駅のホームで。重村、遠藤、吉村、須藤選手の顔が見える。

西鉄久留米駅のホームで。重村、遠藤、吉村、須藤選手の顔が見える。

車中で談笑する金城正勝選手(左、ボディビルからキック・ボクシングに転向)と水上選手。

車中で談笑する金城正勝選手(左、ボディビルからキック・ボクシングに転向)と水上選手。

車中でもなごやかなムードがいっばい。左から重村、金城、遠藤、水上の各選手たち。

車中でもなごやかなムードがいっばい。左から重村、金城、遠藤、水上の各選手たち。

福岡岩田屋屋上のステージに勢ぞろいした水着モデルとビルダーたち。

福岡岩田屋屋上のステージに勢ぞろいした水着モデルとビルダーたち。

黒山の群衆の前で迫力あるバック・ポーズを見せる吉村選手。

黒山の群衆の前で迫力あるバック・ポーズを見せる吉村選手。

暑さにもめげず、炎天下のショウを楽しむデパート客たち。九州初お目見えの選手も多く、ポーズにも一段と力がこもっていた。写真のポーザーは須藤選手。

暑さにもめげず、炎天下のショウを楽しむデパート客たち。九州初お目見えの選手も多く、ポーズにも一段と力がこもっていた。写真のポーザーは須藤選手。

若さいっぱいの大胆なビキニとたくましい褐色の肌。かわいこちゃんの熱い視線にさすがの末光選手もタジタジ。

若さいっぱいの大胆なビキニとたくましい褐色の肌。かわいこちゃんの熱い視線にさすがの末光選手もタジタジ。

野獣のような男に襲われて悲鳴をあげる美女―ではありません。かよわいオトメの美しさと鍛えあげた男性のたくましさを対照的に見せているのです。誇らしげにポーズをとるのは宇戸信ー選手。

野獣のような男に襲われて悲鳴をあげる美女―ではありません。かよわいオトメの美しさと鍛えあげた男性のたくましさを対照的に見せているのです。誇らしげにポーズをとるのは宇戸信ー選手。

月刊ボディビルディング1972年9月号

Recommend