フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

生田目選手が優勝
'72IFBBミスター中部日本コンテスト

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1972年9月号
掲載日:2018.06.03
コンテスト入賞者たち。左から4位渡辺、3位仁保、1位生田目、2位藤岡、5位宮川、6位山根の各選手。

コンテスト入賞者たち。左から4位渡辺、3位仁保、1位生田目、2位藤岡、5位宮川、6位山根の各選手。

オリバを一目見ようとつめかけた人々でさしもの広い会場も超満員。

オリバを一目見ようとつめかけた人々でさしもの広い会場も超満員。

アトラクションに登場した”スクール・メイツ”の若者たち。若さに溢れた歌と踊りで暑さを忘れさせた。

アトラクションに登場した”スクール・メイツ”の若者たち。若さに溢れた歌と踊りで暑さを忘れさせた。

IFBB中部日本主催のミスター中部日本コンテストは、7月30日午後4時から名古屋のオリエンタル中村百貨店屋上特設ステージにおいて行われた。当日は日曜日だったため会場はデパート客とボディビル・ファンで埋まり、身動きもとれないありさま。この超満員の観客の前で真黒に日焼けした60名の選手が日頃の成果を競い合ったが、中日ボディビル・センターの生田目博仁選手がよく発達した筋肉とバランスのとれたポーズで危げなく勝利を飾った。また2位は藤岡よしお、3位は仁保悟、4位は渡辺よしお、5位は宮川則夫、6位は山根昭雄選手がそれぞれ入賞した。
なお当日のゲスト・ポーズは、来日中のセルジオ・オリバと遠藤光男氏が行なったが、初めて見るオリバのすばらしい体に、観客から惜しみない拍手が贈られた。
月刊ボディビルディング1972年9月号

Recommend