フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

ミスター三重コンテスト

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1972年11月号
掲載日:2018.03.07
須藤孝三(三泗ボディビル・ジム)が優勝
記事画像1
 三重県ボディビル協会主催の第2回ミスター三重コンテストは、7月30日鳥羽市堅子島において開催された。

 その結果、昨年ミスター日本5位に入賞した当時より一段とたくましさを増した須藤孝三(21歳)が圧倒的な強さでミスター三重初優勝を遂げた。なお、2位以下は、2位・阿野田英世(四日市体育館、33歳)、3位·金森隆機(束芝三重、28歳)、4位・世古満美(松下電工四日市、31歳)、5位・須藤善照(三菱モンサント四日市、33歳)、6位・久保田公二(四日市体育館、31歳)と決定した。

 写真は両手を高々と上げて喜ぶ須藤選手(中央)と入賞者たち。 (伊藤)

ミスター佐賀コンテスト

平井照義(23歳)が栄冠を獲得
記事画像2
 佐賀県ボディビル協会主催のミスター佐賀コンテストは、9月3日午後1時より佐賀市民会館小ホールにおいて開催され、40名の出場選手がジュニア(18歳未満)、新人(経験1年未満)、ミスター(一般)の3部門に分かれて男性美を競い合った。

 その結果、ミスターの部では、昨年3位の平井照義(23歳)が優勝、2位は中村高一(22歳)、3位は横田満義(23歳)と決定した。またジュニアの部は、1位・原英史(16歳)、2位・徳富末昭(16歳)、3位・山田智(16歳)、新人の部は、1位・納見剛(24歳)、2位·片渕喜代木(21歳)、3位·白水満(19歳)の各選手がそれぞれ入賞した。

 写真はミスターの部入賞者たち。左から、2位中村、1位平井、3位横田の各選手 (福井)
月刊ボディビルディング1972年11月号

Recommend