フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

トップ・ビルダーの素顔
中川幸雄選手の1日
'74JFBBミスター・オールジャパン

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1975年3月号
掲載日:2018.04.16
記事画像1
 一昨年のJFBBミスター東日本コンテストで初めて7位に入賞したときに見た中川選手の印象は、そのスケールの大きさ、プ口ポーションの良さから、近い将来、必ず日本のトップ・ビルダーになるに違いないと思わせるものがあった。果たせるかな、昨年のミスター・オールジャパンでは並いる強豪を押えて見事優勝の栄冠を勝ちとった。
 中川選手は当年とって25歳、独身、武蔵村山市にある鹿島レミコン株式会社でコンクリートミキサーの運転手として働いている。近くのアパートから通勤しているが、食事は3食とも社員食堂でとるため、ビルダーとしての栄養補給はもっばら間食と夜食でとる。もちろん蛋白質が中心で、牛肉、牛乳、(1ℓ)、チーズ、プロテイン少々、バターピーナッツ、それに果物を沢山食べるようにしているという。
 トレー二ングは週6日(日曜日は休養)で、次のようなスケジュールで1日約2時間ずつ行なっている。

●月・木=胸・肩・広背・腹 ●火・金=大腿・下腿・腹 ●水・土=上腕・前腕・広背・腹
今月号は中川選手の1日を追ってみることにしよう。

―AM6:30―

起床。この時間が平常の起床時間だが、仕事によって早くなることもたびたびある。

起床。この時間が平常の起床時間だが、仕事によって早くなることもたびたびある。

―AM6:35―

洗顔をすませ、作業服に着替える。

洗顔をすませ、作業服に着替える。

―AM6:40―

出勤。部屋を出る。

出勤。部屋を出る。

通勤には車を使う。会社までは10分足らずだが、ジムまでには20分以上かかる。車がないと交通は不便だ。

通勤には車を使う。会社までは10分足らずだが、ジムまでには20分以上かかる。車がないと交通は不便だ。

―AM6:50―

会社に到着。社員食堂で朝食をとる。

会社に到着。社員食堂で朝食をとる。

―AM8:30―

作業が開始される。ミキサー車に乗り込み準備をする。

作業が開始される。ミキサー車に乗り込み準備をする。

記事画像8
ミキサー車にコンクリートが積み込まれ、すぐに出発する。

ミキサー車にコンクリートが積み込まれ、すぐに出発する。

―AM11:30―

記事画像10
12時30分まで1時間の休憩がある。昼食をとり、控室で同僚とひと休み。中川選手はタバコを吸わない。

12時30分まで1時間の休憩がある。昼食をとり、控室で同僚とひと休み。中川選手はタバコを吸わない。

―PM4:30―

作業が終了する。タイム・カードを押して、食堂で夕食をとり、まっすぐジムへと向かう。

作業が終了する。タイム・カードを押して、食堂で夕食をとり、まっすぐジムへと向かう。

国分寺トレー二ング・ジムに到着。

国分寺トレー二ング・ジムに到着。

さっそくトレー二ング・ウェアに着替えこれから約2時間のトレーニングを行う

さっそくトレー二ング・ウェアに着替えこれから約2時間のトレーニングを行う

ベルトを使用してのアーム・カール

ベルトを使用してのアーム・カール

プリーチャー・ベンチ・カール

プリーチャー・ベンチ・カール

ベルトを使用してのフレンチ・プレス。パートナーは関選手。

ベルトを使用してのフレンチ・プレス。パートナーは関選手。

ネック・ビハインド・チンニング

ネック・ビハインド・チンニング

バック・プレス。

バック・プレス。

プッシュ・ダウン

プッシュ・ダウン

―PM9:00―

トレーニング終了。風呂に入るため会社にもどる。

トレーニング終了。風呂に入るため会社にもどる。

―PM10:00―

会社の同僚と共にレストランで夜食をとる。朝、昼、夕の3食を会社でとっているため、必要なタンパク質は夜食でとることになる。ステーキ、ビーフシチュー、生野菜、グラタンなどを好んで食べる。

会社の同僚と共にレストランで夜食をとる。朝、昼、夕の3食を会社でとっているため、必要なタンパク質は夜食でとることになる。ステーキ、ビーフシチュー、生野菜、グラタンなどを好んで食べる。

―PM10:40―

帰宅。

帰宅。

11時30分までが自由時間となる。音楽も彼の趣味の一つ、コンポで揃えたあたりかなりコッているようだ。

11時30分までが自由時間となる。音楽も彼の趣味の一つ、コンポで揃えたあたりかなりコッているようだ。

―PM11:30―

就寝、睡眠時間は7時間足らず。不足気味ではないかと思ったが「出来ればもっと多く時間を取りたい」と彼自身もいっていた。

就寝、睡眠時間は7時間足らず。不足気味ではないかと思ったが「出来ればもっと多く時間を取りたい」と彼自身もいっていた。

月刊ボディビルディング1975年3月号

Recommend