フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

1975第10回日本ボディビル実業団コンテスト

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1975年9月号
掲載日:2018.06.26

野崎<青年の部>梅村<壮年の部>が優勝 団体優勝は湘南設備

 今年でちょうど第10回目を迎えた全日本実業団コンテストは、7月27日、板橋区立体育館で行われ、青年の部39名、壮年の部23名が出場して1975年度の栄冠が競われた。

 個人戦青年の部は、ともにミスター日本7位の実績をもつ野崎と古谷の争いとなったが、バルクにまさる野崎に軍配が上った。壮年の部は、平均的に全身が発達し、均整のとれた梅村と、バルク、デフィニションともにすぐれた寺川の接戦となったが、僅差で梅村が初優勝を飾った。成績は次のとおり。

<青年の部>①野崎清重 ②古谷喜久雄 ③山岸恒夫 ④深谷文利 ④田中 博 ⑥伊藤良雄

<壮年の部>①梅村輝雄 ②寺川和昭 ③山崎義夫 ④川村祐男 ⑤川崎 浩 ⑥阿野田英生

<団体の部>①湘南設傭 ②トヨタ自動車 ③住友金属小倉 ④車体工業 ⑤新日本製鉄君津 ⑥大昭和製紙
青年の部優勝 野崎清重選手

青年の部優勝 野崎清重選手

壮年の部優勝 梅村輝雄選手

壮年の部優勝 梅村輝雄選手

青年の部入賞者たち。左から2位・古谷、1位・野崎、3位・山岸

青年の部入賞者たち。左から2位・古谷、1位・野崎、3位・山岸

壮年の部入賞者たち。左から2位・寺川、1位・梅村、3位・山崎

壮年の部入賞者たち。左から2位・寺川、1位・梅村、3位・山崎

青年の部2位・古谷喜久雄選手

青年の部2位・古谷喜久雄選手

青年の部3位・山岸 恒夫選手

青年の部3位・山岸 恒夫選手

青年の部4位・深谷 文利選手

青年の部4位・深谷 文利選手

壮年の部2位・寺川 和昭選手

壮年の部2位・寺川 和昭選手

壮年の部3位・山崎 義夫選手

壮年の部3位・山崎 義夫選手

壮年の部4位・川村 祐男選手

壮年の部4位・川村 祐男選手

団体優勝・湘南設備チーム。左から、古谷喜久雄選手、米山仁太郎選手、町屋松美選手、後藤裕巳選手

団体優勝・湘南設備チーム。左から、古谷喜久雄選手、米山仁太郎選手、町屋松美選手、後藤裕巳選手

ゲストで素晴らしいポージングを見せる’74ミスター日本" 須藤孝三選手

ゲストで素晴らしいポージングを見せる’74ミスター日本" 須藤孝三選手

記事画像13
記事画像14
月刊ボディビルディング1975年9月号

Recommend