フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

第6回 1976年度世界パワーリフティング選手権大会

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1977年1月号
掲載日:2018.06.27
渡辺勝利

因幡(フライ級)世界新で三連勝
富永(フェザー級)ベンチ・プレス(155kg)で世界新

因幡(フライ級)スワット210kgの世界新記録達成

因幡(フライ級)スワット210kgの世界新記録達成

 第6回世界パワーリフティング選手権大会は、去る11月6~7日、アメリカのヨーク市で開催された。参加選手は13カ国から合わせて77名、日本からは関二三男氏を団長として因幡、渡部、富永、中尾、長野、中川、市丸、井上、仲村、足立の10選手が参加した。

 日本が誇る軽量級のホープ因幡は、スクワットとトータルで世界新をマークして世界選手権3連勝を飾った。またフェザー級の富永はベンチ・プレスで155kgの世界新を出し、トータルでも2位にくい込んだ。

 中・重量級はさすがに世界の壁は厚く、日本選手はほとんど自己のベスト記録を出しながら、5~8位にとどまった。

 団体成績は躍進いちじるしいイギリスが過去5回の大会で連続優勝を続けてきたアメリカを破り初の団体優勝を飾った。以下、2位・アメリカ、3位・フィンランド、4位・日本の順となった。

 日本選手の成績は次のとおり。
記事画像2
富永(フェザー級)ベンチ・プレス155kgの世界新記録をマーク

富永(フェザー級)ベンチ・プレス155kgの世界新記録をマーク

チビとデカのコンビ。フライ級の因幡とスーパー・ヘビー級優勝のラインホルト

チビとデカのコンビ。フライ級の因幡とスーパー・ヘビー級優勝のラインホルト

三連勝を達成した因幡

三連勝を達成した因幡

バンタム級トータル552.5kgで優勝したガント(米)

バンタム級トータル552.5kgで優勝したガント(米)

フェザー級トータル545kgで優勝したペングリー(英)

フェザー級トータル545kgで優勝したペングリー(英)

ライト級長野選手。トータル540kgで6位入賞

ライト級長野選手。トータル540kgで6位入賞

ミドル級トータル678kgで優勝したウエスト(英)

ミドル級トータル678kgで優勝したウエスト(英)

ミドル級中川選手。トータル615kgで5位入賞

ミドル級中川選手。トータル615kgで5位入賞

ミドル級市丸選手。トータル585kgで8位入賞

ミドル級市丸選手。トータル585kgで8位入賞

ライト・ヘビー級トータル817.5kgで優勝したコリンズ(英)

ライト・ヘビー級トータル817.5kgで優勝したコリンズ(英)

ライト・ヘビー級2位のトーマス(米)。トータル800kg。

ライト・ヘビー級2位のトーマス(米)。トータル800kg。

ライト・ヘビー級井上選手。トータル625kgで6位入賞

ライト・ヘビー級井上選手。トータル625kgで6位入賞

ミドル・ヘビー級トータル812.5kgで優勝したパシフィコ(米)

ミドル・ヘビー級トータル812.5kgで優勝したパシフィコ(米)

100kg級トータル860kgで優勝したジョーダン(英)

100kg級トータル860kgで優勝したジョーダン(英)

ヘビー級トータル910kgで優勝したヤング(米)

ヘビー級トータル910kgで優勝したヤング(米)

ヘビー級スクワットで345kgの世界新を出したフィリップス(米)

ヘビー級スクワットで345kgの世界新を出したフィリップス(米)

ヘビー級足立選手。トータル705kgで5位入賞

ヘビー級足立選手。トータル705kgで5位入賞

スーパー・ヘビー級トータル1,010kgで優勝したラインホルト(米)

スーパー・ヘビー級トータル1,010kgで優勝したラインホルト(米)

ヨーク・バーベル・クラブで練習する100kg級仲村選手

ヨーク・バーベル・クラブで練習する100kg級仲村選手

関団長のきびしい指示で試合前の練習にはげむ日本選手団

関団長のきびしい指示で試合前の練習にはげむ日本選手団

やはり日本人はみそ汁とおにぎりにかぎる。軽量後、腹ごしらえをする渡部(左)と因幡。

やはり日本人はみそ汁とおにぎりにかぎる。軽量後、腹ごしらえをする渡部(左)と因幡。

月刊ボディビルディング1977年1月号

Recommend