フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

日本のファンを熱狂させたジム・モリス
'73AAUミスター・アメリカ

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1974年10月号
掲載日:2018.07.27
記事画像1
 去る8月25日、松戸市民会館で行われたNABBAユニバース日本代表選抜大会、ならびに9月1日のミスター・アポロ、ミスター東京コンテストにゲストとして来日したジム・モリス。年令38才。初めてのビッグ・タイトルが昨年度AAUミスター・アメリカであり、それまで外国のボディビル誌に紹介された写真や、日本に送られてきた写真を見た限りでは世界のトップ・ビルダーとしてのイメージはわいてこなかった。

 ことし3月、松戸ボディビル・センターの水上会長が、選抜大会のゲストを招くため渡米したとき、このモリスをひと目見て、その迫力、そのすごさに驚きその場で彼にゲスト・ポーザーとしての来日を要請したという。昨年のミスター・アメリカになったときより格段の発達をとげていたのである。いまや彼は世界のトップ・スターと並んでも決して見劣りしない。それもそのはず、この1年間というものモリスは今年度のNABBAミスター・ユニバースのアマ優勝をねらって、ものすごいハード・トレーニングを続けてきたのである。

 では、日本のファンをアッといわせたその勇姿を誌上で再現し、あわせて彼のトレーニングの一端を紹介することにしよう。
記事画像2
記事画像3

ジム・モリス――トレーニング

<腕>プリーチャー・ベンチ・カール

<腕>プリーチャー・ベンチ・カール

<腕>インクライン・ダンベル・カール

<腕>インクライン・ダンベル・カール

<腕>フレンチ・プレス

<腕>フレンチ・プレス

<腕>ラット・マシン・プレス・ダウン

<腕>ラット・マシン・プレス・ダウン

<腕>リスト・カール

<腕>リスト・カール

<腕>ベンチ・プレス

<腕>ベンチ・プレス

<背>チンニング

<背>チンニング

<背>ラット・マシン・プル・ダウン

<背>ラット・マシン・プル・ダウン

<肩>スタンディング・ラテラル・レイス

<肩>スタンディング・ラテラル・レイス

<脚>スクワット

<脚>スクワット

<脚>カーフ・レイズ

<脚>カーフ・レイズ

<腹>レッグ・レイズ

<腹>レッグ・レイズ

<頚>レスラー・ブリッジ

<頚>レスラー・ブリッジ

<頚>フロント・ブリッジ

<頚>フロント・ブリッジ

ジム・モリス――スナップ

8月23日午後7時、土門氏と共に来日したモリス。

8月23日午後7時、土門氏と共に来日したモリス。

選抜コンテスト参加選手と撮影。

選抜コンテスト参加選手と撮影。

大会当日の午前中、松戸伊勢丹デパートでデモンストレーション。その迫力に会場のあちこちから驚きの声がもれる。

大会当日の午前中、松戸伊勢丹デパートでデモンストレーション。その迫力に会場のあちこちから驚きの声がもれる。

当日のコンテストでは特別審査員を務めた。

当日のコンテストでは特別審査員を務めた。

ユニバース日本代表となった宇戸選手とデュアル・ポージングを見せるモリス

ユニバース日本代表となった宇戸選手とデュアル・ポージングを見せるモリス

大会終了後のレセプション。サウスポーながら箸さばきもあざやか。

大会終了後のレセプション。サウスポーながら箸さばきもあざやか。

と思ったら箸をほうり出し、思わず手づかみで。

と思ったら箸をほうり出し、思わず手づかみで。

2人の女性を両腕にぶら下げ、誇らしげにポーズをとるモリス

2人の女性を両腕にぶら下げ、誇らしげにポーズをとるモリス

8月26日、NETテレビ・アフタヌーン・ショーに出演したモリス。通訳は多和昭之進氏。

8月26日、NETテレビ・アフタヌーン・ショーに出演したモリス。通訳は多和昭之進氏。

トレーング法、食事法など熱心に質問する宇戸選手に、適切なアドバイスを送る。

トレーング法、食事法など熱心に質問する宇戸選手に、適切なアドバイスを送る。

月刊ボディビルディング1974年10月号

Recommend