フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

第20回'74ミスター日本コンテスト
須藤孝三選手が圧勝

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1974年11月号
掲載日:2018.09.01
記事画像1
 ことしで20回目を迎えた1974年度ミスター日本コンテストは、10月5日、大阪の毎日ホールに全国の予選を勝ち抜いてきた精鋭46名が出場して盛大に挙行された。
優勝は須藤、石神、糸崎の3つどもえに、新鋭榎本がどこまでくいこむかが注目されたが、結果は従来のスケールの大きさにバルク、デフィニションともいちだんとうごみを加えた須藤が文句なく圧勝。
第20代ミスター日本の栄冠を獲得した。次下、2位・石神日出喜、3位・糸崎大三、4位・榎本正司、5位・奥田孝美、6位・長宗五十夫、7位は知名定勝、野崎清重、木本五郎、古谷喜久雄、宮畑豊、寺川和昭、塚本猛義の各選手と決定。
 部分賞は腕=奥田孝美、胸・背=石神日出喜、首・脚・モストマスキュラーマン=須藤孝三、腹=榎本正司の各選手が獲得した。
'74ミスター日本優勝 須藤孝三選手

'74ミスター日本優勝 須藤孝三選手

'74ミスター日本2位 石神日出喜選手

'74ミスター日本2位 石神日出喜選手

3位・糸崎大三選手

3位・糸崎大三選手

4位・榎本正司選手

4位・榎本正司選手

5位・奥田孝美選手

5位・奥田孝美選手

6位・長宗五十夫選手

6位・長宗五十夫選手

月刊ボディビルディング1974年11月号

Recommend