フィジーク・オンライン

腹筋女子!ウィメンズアスリートモデル優勝者・本多美子選手インタビュー

この記事をシェアする

5
掲載日:2017.01.30
記事画像1
2016年にNPCJ主催で開催された “BLAZE OPEN” “NAGOYA OPEN” “WORLD LEGENDS CLASSIC” の3大会におけるウィメンズアスリートモデル部門で立て続けに優勝した本多美子選手。

さらにWORLD LEGENDS CLASSICにおいては、観客による投票で選ばれるベストパフォーマンス賞を受賞した。ストイックに鍛え上げられた身体、とりわけ美しく割れた腹筋と、はつらつとした笑顔が多くの観客の心を捉えたのだろう。
2016年のNPCJ WORLD LEGENDS CLASSICにて。(写真:浅井由弦)

2016年のNPCJ WORLD LEGENDS CLASSICにて。(写真:浅井由弦)

ベストパフォーマンス賞(写真:浅井由弦)

ベストパフォーマンス賞(写真:浅井由弦)

本多選手がトレーナーを務めるセントラルウェルネスクラブ西新井さんに協力を頂き、インタビューを敢行した。

2016年の大会を振り返って

記事画像4
――― 2016年は3大会での優勝、おめでとうございます。特にWORLD LEGENDS CLASSICではベストパフォーマンス賞も受賞ということで、お気持ちをお聞かせください。

優勝できたことは、本当に嬉しく思っています。(2016年の)最後の大会で、絶対に優勝したいと思ってトレーニングしてきたので、優勝できた時はすごく嬉しかったです。ベストパフォーマンス賞は絶対男性のフィジーク選手から選ばれるだろうなって思っていたので、名前を呼ばれたときは正直びっくりしました。本当に嬉しかったです。

――― 7月の名古屋での大会から11月のWORLD LEGENDS CLASSICの間はどのようなトレーニングや調整をされましたか?

名古屋が終わって少し期間があったので、バルクアップしようと思って肩周りとか腕周りを重点的に。週2から週3に増やしました。

――― 今後、大会の出場は考えておられますか?

そうですね…去年は3回出場して、やっぱり減量と増量を繰り返して身体がキツかったので。出るとしても1回、考えているのはワールドレジェンドに出れたら出るといった感じです。

――― くっきり浮き出たシックスパックが審査員の方や多くのお客さんの目を引いたのではないかと思いますが、腹筋が割れたのはいつからですか?

5月の大会(BLAZE OPEN)に出ると決めて3月ぐらいから減量と本格的なトレーニングを始めてからです。それまではあそこまでバキバキではなかったです(笑)力を入れたら多少割れてる感じがあるかな、ぐらいでしたけどあそこまでではありませんでした。

腹筋を割りたいとは常に思っていたんですけど、元々トレーニングが好きではなかったんです。

――― 意外です!

好きじゃないから逆に、大会にも申し込みました。やらざるを得ない環境を自分で作ったというか。本格的に始めたのはそれからですね。

トレーニングや食事について

記事画像5
――― 大会までに行っていたトレーニングの内容、特に腹筋についてお伺いできますか?

腹筋のトレーニングは毎回入れるようにしていて、5種目ぐらいを100回ずつやりました。トータル500回になるような感じのメニューです。種目はプランク、足を上げた状態でのクランチ、ぶら下がってのハンギングレッグレイズや仰向けでのツイストレッグレイズ。マシンのアブドミナルクランチで負荷を掛けたりもしました。その日の気分で種目は色々変えていました。

――― フィジークの選手との合同トレーニングにも参加されたことがあるそうですが、いかがでしたか?

1~2回一緒にやらせて貰いました。1回、青山(隼丈)選手とリバトラさんと3人で背中と肩をやったときは、一ヶ所ずつの種目が多い上に全然今までやったことのないようなやり方を教えてもらったりもしました。他の人がいる合同トレーニングのほうが追い込めるので、機会があればいろんな人とやってみたいですね。

――― 今後、強化したい部位はありますか?

やっぱり肩回りとか腕周りです。バルクアップのときに腕とか大きくなったと思っていたんですけど、絞ったら全然なくなっちゃって(笑) 腹筋はもちろん維持はしていきたいんですけど、肩・腕は強化していきたいです。

――― 食事や、摂取しているサプリについてお伺いできますか?

減量のときは3食プラス間食にバナナ1本とかプロテインとかで1日5食ぐらいにして、食事の時間を開けないようにしていました。今は3食とトレーニング後のプロテインとかそれぐらいで、正直そこまで気を付けてないです(笑)たんぱく質の量だけはしっかり取るように心がけてはいます。

サプリはBCAAとマルチビタミン・ミネラルを飲んでいるくらいです。減量のときはFINE LABさんのFINAL BURNを飲んでいました。サプリはあまり摂っていない方だと思います。

トレーナーとしての活動

記事画像6
――― 店頭に本多さんの看板が出ていましたね。

あれを出して実際に来た人はひとりかふたりくらいです。中には、あそこまで腹筋を鍛えたいわけではないという女性の方もいます(笑)
セントラルウェルネスクラブ西新井のエントランスにて

セントラルウェルネスクラブ西新井のエントランスにて

――― どのような方に指導されていますか?

今までは、年配の方がボディメイクというよりは機能改善的な意味合いでパーソナルトレーニングを受ける方が多かったんですけど、最近は若い方がダイエットを目的にパーソナルトレーニングを受けるようになってきているかなという感じです。私が見てる人でも20代の人が2~3人いますし、あとは30代・40代の人ですね。

トレーニングを見るのはもちろんですけど、食事のアドバイスとかもしています。ダイエットって運動だけではなかなか難しいので、食事の方もアドバイスしながらやっています。

今はここでパーソナルトレーニングの活動をやらせてもらってますが、今年は自分でも活動範囲を広げながらやっていこうかなと思っています。
記事画像8
――― これからトレーニングを始める方へ一言頂けますか?

私も、1年でここまで体を変えることが出来ました。トレーニングをやれば絶対に体は変わりますから、それを信じてトレーニングをしてほしいです。

あと、私が指導していると年上の方に「若いからできるんだよ」って言われることがあります。「若いから…」「昔だったら…」みたいに。ですが、何歳になってもちゃんとトレーニングすれば身体は変わっていきます。

トレーニングはいつ始めても遅いということは絶対ないし、本気で「身体を変えたい」と思ってるのであれば、がんばってほしいと思います。



「トレーニングが好きではなかった」と言いながらもしっかりと身体を鍛え上げ、出場した大会では優勝という結果を残した本多選手。そんな彼女だからこそ、「トレーニングをやれば絶対に体は変わる」という言葉に説得力があるように感じられた。

健康志向の高まりや医療との連携など、今後さらに広く認知され人口が増えるであろうフィットネス業界において、彼女のようなトレーナーは大きな役割を果たしていくのだろう。

―――本多さん、ありがとうございました!
本多選手のトレーニングを受けてみたい方はこちら!

セントラルウェルネスクラブ西新井
セントラルフィットネスクラブ竹ノ塚
セントラルウェルネスクラブおおたかの森(※グループレッスンのみ)

--

今回取材に協力していただいたジムはこちら!

■セントラルウェルネスクラブ西新井
住所: 東京都足立区西新井栄町1-17-10
電話: 03-5888-3561
営業時間: 平日 9:30~23:30/土 10:00~21:00/日・祝 10:00~20:00
休館日: 毎週金曜日、季節休館日
URL: https://www.central.co.jp/club/w_nishiarai/
  • 本多 美子(ほんだ・よしこ)
    パーソナルトレーナー/フィットネス・インストラクター

    <主な戦績>
    [ 2016 ]
    NPCJ WORLD LEGENDS CLASSIC ウィメンズアスリートモデル 優勝
      ベストパフォーマンス賞
    NPCJ NAGOYA OPEN ウィメンズアスリートモデル 優勝
    NPCJ BLAZE OPEN ウィメンズアスリートモデル 優勝