フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

58kgを小指で軽くワンハンド・プレス

この記事をシェアする

0
[ 月刊ボディビルディング 1968年9月号 ]
掲載日:2017.11.28

窪田登氏が初めて公開した力わざ

 「おもしろい余興を見せましょう」

 ヤブから棒にクボさんがいいたした。“ クボさん”とは、国立競技場トレーニング・センターの主任コーチでおなじみの窪田登氏のことである。何事かいナ、と彼のあとについてトレーニング・ルームにはいると、彼は練習生の1人を招きよせて、帯がわりに手ぬぐいを腹にかたく巻かせた。この練習生を小指1本で頭上にさし上げてみせる、というのである。これはみものというわけで、たちまちまわりに人垣ができた。

 クボさんは、やおら右手の小指を帯の下にさしこむと、“ イヤーッ”とひと声。アレヨアレヨというまに、バーベルならぬ練習生の体がフワリと宙に浮き上がった。あざやかなストリクト・スタイルの小指によるライト・ハンド・プレスである。

 あとでこの練習生の体重を測ったら57.8kg。「手ぬぐいがありますから、まあ58kgですね。60kgまでは軽いですよ」と、ケロリとした顔でいうクボさんは今年38才。長年ウェイト・トレーニングで鍛えこんだ彼の体力はまだまだ衰えを見せていないナ、と感心もし、アキレもしたしだい。
記事画像1
記事画像2
記事画像3
[ 月刊ボディビルディング 1968年9月号 ]

Recommend