フィジーク・オンライン
Weekly Monthly

トレーニング計画の準備/三土手 大介

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.04.19


フィジークオンラインをご覧の皆さんこんにちは、三土手大介です。

今回のコラムからトレーニング計画について様々な要素を書いていこうと思います。

途中に旬の内容や告知コラムをたまにはさむと思いますが、トレーニング計画についてかなり詳しく長期にわたり書いていくつもりですのでお付き合いいただけたらと思います。

 

トレーニングは計画的に行う




トレーニングを始めて間もない人なども最初はどんなトレーニングをしても面白いように伸びますが、ある時期が来るとピタッと伸びが停滞してしまうものです。そのような状態を長引かせない為にも計画的なトレーニングを実施することをおすすめします。

 

何をどう計画的に行うのか?


では、計画的に行うといってもどう計画的に行えばいいのでしょう?作る計画も、例えば初心者の場合と上級者の場合ですとその内容も全く違うものになります。ですから、その人のレベルに応じて最適な計画を作らなければなりません。

今後『サイクルトレーニング』についても詳しく説明しますが、中級者以上になるとサイクルトレーニングを導入した方が確実に安定して伸ばすことができるので、全体のトレーニング計画と、サイクルトレーニング計画の両方をしっかりとリンクさせてトレーニング計画を作っていかなければなりません。

 

トレーニング計画を組み立てるときに考えたい項目


実際にトレーニング計画を考えるときにどのような項目を考えて行けばいいのでしょうか?
例えばざっとあげると以下の項目が思い当ります。

・トレーニングルーティンの設定
・セットの組み方
・ウォーミングアップの法則
・メインセット間のインターバル
・重量設定
・レップ数の設定
・サイクルトレーニング
・補助種目の強度設定
・ピークを逃さないためには

などなどです。
その日の気分でやりたいトレーニングをして、トレーニング自体を楽しむというのも当然ありですが、目標があり目指しているものがあるのであれば計画的なトレーニングをすることをおすすめします。

また、トレーニング内容は年齢や経験とともに随時変わっていくという事も頭の中に入れておかなければなりません。昔伸びたトレーニング計画だからと言って、いつまでもそのトレーニング計画に憑りつかれてしまって、今の自分に全くあっていないトレーニング計画で行っている人もしばしば見受けられます。

逆に、凄く早いローテーションでコロコロとトレーニング計画を変えてしまっている人もいます。自分に合っているか合っていないかを見極めるには最低でも6週間くらいは必要だと思います。

是非自分に合ったトレーニング計画をこのコラムを通じて見つけて頂ければと思います。

次回からの内容はノーリミッツネットショップから発売している「トレーニング計画とサイクルトレーニング」から抜粋したものをお届けいたします。

こちらは書籍テキスト版とDVD版が発売されております。興味のある方は是非一度ご覧頂けたらと思います。


 

【書籍テキスト版】
トレーニング計画とサイクルトレーニング


【DVD版】
トレーニング計画とサイクルトレーニング

 

セミナーのご案内


ノーリミッツでは定期的に、全国各地で様々なセミナーを随時開催しております。必ず皆様がレベルアップできるヒントや今後に役立つセミナーがあると思いますので是非一度参加してみて下さい。
 

・自分に合った自然な身体の使い方が分からない
・4スタンス理論について詳しく知りたい
・競技パフォーマンスを向上させたい
・怪我をした場合どのように復帰していくのか
・ウェイトトレーニングをすると身体に痛みが生じる など


↓詳しくはNo Limits公式サイトをご覧ください。
 
  • 三土手 大介(みどて だいすけ)
    No Limits代表・レッシュマスター級トレーナー
    一般社団法人レッシュ・プロジェクト理事
    1972年8月26日生まれ
    神奈川県横浜市出身
    120kg超級
    4スタンスタイプ「A2」

    <打ち破ってきた限界の数々>
    スクワットで日本人初の400Kgオーバー
    ベンチプレス日本人初の300Kgオーバー
    トータル日本人初の1トンオーバー
    4つの世界タイトル獲得(世界パワーリフティング・世界ベンチプレス・ワールドゲームズ・アーノルドスポーツフェスティバルPRO BENCH)
    全日本パワーリフティング選手権 優勝20回
    全日本ベンチプレス選手権 優勝18回

    <ベスト記録>
    スクワット435kg
    ベンチプレス360kg
    デッドリフト320kg
    トータル1060kg
    ベンチプレス125kg級世界記録322.5kg
    ベンチプレス125kg超級世界記録360kg
    (IPF旧階級絶対重量世界最高記録)
    スクワット、ベンチプレス、トータル
    旧125kg級、旧125kg超級、120超級日本記録保持者

[ PHYSIQUE ONLINE 限定記事 ]

関連記事

意外に知らないベンチプレスの基本的なトレーニング方法(1/2)

意外に知らないベンチプレスの基本的なトレーニング方法(1/2)

体幹(コア)の柔軟性と必要性  /  Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

体幹(コア)の柔軟性と必要性 / Flowing Exercise®でコアを鍛えよう

筋トレ初心者こそベンチプレスでトレーニングをしよう!(1/2)

筋トレ初心者こそベンチプレスでトレーニングをしよう!(1/2)

筋力測定でわかる「最大筋力」と「スピード」の関係

筋力測定でわかる「最大筋力」と「スピード」の関係

休養を上手く取り入れて“超回復”で効果的に筋肥大を狙おう

休養を上手く取り入れて“超回復”で効果的に筋肥大を狙おう

Mr.6pack 有馬 康泰のトレーニング講座 −腹筋− (2/2)

Mr.6pack 有馬 康泰のトレーニング講座 −腹筋− (2/2)

筋量を増すためのトレーニング!ワークアウトスケジュールの組み立て方

筋量を増すためのトレーニング!ワークアウトスケジュールの組み立て方

パワーフォームを導入した「ベンチプレスを強くするためのトレーニング」(2/4)

パワーフォームを導入した「ベンチプレスを強くするためのトレーニング」(2/4)