フィジーク・オンライン

スイートポテト・プロテインバー/山崎志保

この記事をシェアする

0
掲載日:2016.03.07


プロテインスイーツ®とは?
フィジークオンラインをご覧の皆様こんにちは。東京都台東区でプロテインスイーツ教室アリエスを主宰しております、山崎志保と申します。

「プロテインスイーツ?初めて聞いた!それは何?」という方がほとんどではないかと思いますが、広辞苑にも載っていないこの単語。実は私が勝手に作った造語ですので、皆さんがご存知なくて当然なのであります(笑)

私がプロテインスイーツという名詞を使うようになったのは2010年頃。それから足かけ5年が経過した昨年(2015年)春、特許庁へ商標登録を申請し、夏の終わりに取得完了となりました。(詳しくはコチラ

このような流れですので、国内に存在するプロテインスイーツ®教室は、私が主催するアリエスのみですし、プロテインスイーツ®の存在そのものが、ほとんど知られていないと言うのが現実です。

この度、御縁を頂いたフィジークオンラインでの連載を通して、1人でも多くの方にプロテインスイーツ®の存在を知って頂き、ご興味を持って頂ければ嬉しく思います(^^)どうぞよろしくお願い申し上げます。




レシピ本を出版したのはいいけれど・・・
おかげさまで 2013年4月にスタートしましたプロテインスイーツ®教室アリエスのレッスン・レシピを1冊にまとめ、2015年6月に河出書房新社さまより、『プロテイン ダイエットレシピ』として、本を出版させて頂くことが出来ました。

しかし、出版して半年経過した頃・・・、身近な生徒さんや、アマゾンレビューの書き込みなどから、「知らない食材、入手困難な食材が多い」、「材料や道具を揃えるハードルが高すぎる」とのお声を多数頂きました。

ただでさえ、プロテインパウダーは小麦粉の20倍以上する高額商品です。そのプロテインパウダー以外にも、入手し難い材料ばかり揃えなくてはスタート出来ないとなると、せっかく「作ってみようかな!?」と思って下さった方も、やる気が失せてしまいますよね・・・。

レッスンでもレシピ本でも、プロテインパウダーをプラス配合するだけでなく、バターや生クリームを控え、出来るだけヘルシー路線の食材を使った高タンパクなスイーツレシピをご紹介してきたつもりでした。

しかし・・・、結果的にはそれが裏目に!!現実的には「作りにくいプロテインスイーツの本」となってしまっていたことがとても残念で、まさに本末転倒であることに気が付かされました。

そこで、皆さんから頂いた貴重なお声を生かし、入手しやすい素材に置き換え、題して【チャレンジたくなる! 2016プロテインスイーツ®アレンジ素材バージョン】を、ご案内させて頂きたいと考えました。

もちろん、未発表のレシピも併せてご紹介させて頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


スイートポテト・プロテインバー(2016アレンジ素材バージョン)


山崎志保(2015)『プロテイン ダイエットレシピ』河出書房新社 pp.33

<材料 10cm×25cm×2.5cm 角型1台分>
A ホエイプロテインパウダー(バニラ、ミルク、プレーン系のもの)…80g
B さつまいも…360g(160g+120g)
C 黒ゴマ、はちみつ…適量
D エバミルク…70cc、黄桃(缶詰)…100g

※コーンクリーム缶詰…180〜200g 代用可能

E 砂糖(スローカロリーシュガー)…30g
F 黄卵…1個分(約20g)

※オリーブオイル…20〜25㏄ 代用可能

G 塩…3g
このレシピでは、「エバミルクって何ですか?」というご質問を多く頂きました。エバミルクとは無糖練乳のことで、砂糖を加えるとコンデンスミルク(練乳)になります。砂糖の配合量はメーカーによって多少異なりますが、100gあたり47〜55gほど。つまりコンデンスミルクの成分は、半分近くが砂糖ということになります。

エバミルクも練乳、いずれもタンパク質は100g/7〜8gなのに対し、カロリーは倍ほど異なり、練乳100g/340kcal。エバミルク100g/140kcalです。

エバミルクの代わりに
「エバミルクが入手し難い」というお声に対応し、置き換え素材として二つの材料をご提案致します。

◆【エバミルク70㏄+黄桃100g】→【コーンクリーム缶詰180〜200g】
コーンクリーム缶なら、ほとんどのスーパーで購入出来ますし、揃えるアイテムが1つ少なくて済みます。

◆【卵黄1個 】→【オリーブオイル20〜25㏄】
オリーブオイルは常備調味料ですし、卵黄だけを使用し、卵白が余ることもありません。


スイートポテト・プロテインバーの作り方


1本あたり約65g、120kcal、タンパク質9g(×8本分)


(1)洗ったさつまいもをキッチンペーパーで包み、水をかけてラップで包む。電子レンジで、5〜6分加熱し、包んだまま手で触れるくらいまで冷ます。
(2)(1)の160gは皮つきのまま1cm角に切り、Cを加えてあえる。残りの200gは皮をむく。
(3)フードプロセッサー、またはミキサーに皮つきのサツマイモ以外の材料をすべて入れてペースト状にする。
(4)型に流し入れて平らにし、1cm角に切ったさつまいもを重ね入れ、160度に温めたオーブンで20分ほど焼く。
(5)オーブンから取り出して型から外して裏返し、表面にオーブンシートをのせ、上からタオルで覆ってゆっくり冷ます。(*)
(6)完全に冷めたら8等分に切る。

(*)冷まし方が重要
焼きたてのプロテインバーはすぐにオーブンシートをのせ、上からタオルで覆って2時間以上かけて冷まして下さい。ラップやアルミホイルで覆うと水蒸気の水滴ができ、冷えたら生地に落ちてベタつくので、必ずタオルを使用しましょう。このひと手間で断面が美しく、しっとり食感のプロテインバーに仕上がります。


同じ生地を、紙カップで焼いた「スイートポテト・プロテインカップケーキ」


・・・・いかがでしょうか。「スーパーで入手できる材料で作れるなら、プロテインバー作りに挑戦してみようかな?」と思って頂けましたでしょうか(^^)

これからも出来るだけ、「購入しやすい食材と、家にある道具で作れるプロテインレシピ」をご提案させて頂ければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

◇ レシピ本でご紹介した焼き型サイズは「10㎝×25㎝×厚み2.5㎝」で、8本分の材料を掲載していますが、全ての材料を2倍量にし、一般的なロールケーキ型パレット「28㎝×20㎝×厚み3㎝」に流し込むと、ぴったり16本分のプロテインバーが作れます。

◇ レシピ本には、出来上がり量=(1本/約65g、120kcal、タンパク質9g)×8本分とありますが、一部素材を変更したことで栄養価も多少変化しますこと、ご了承ください。



今回使用したプロテインパウダー




株式会社ボディフィット
プロバイオティクス・ホエイプロテインパウダー(ミルクフレーバー)

【栄養成分表示】食分付属スプーン2杯約25gあたり
エネルギー98.0kcal/たんぱく質18.1g(無水換算:19.1g)/脂質1.1g/炭水化物3.8g


「ミルクフレーバー」というネーミング通り、バニラとはちょっぴり違う、ミルキィで優しいフレーバーです。香りにクセが無く、パウダーがオフホワイト色なので、どんな素材とも組合せ易く、プロテインスイーツ作りにも重宝しそう。

ただし、「プロバイオティクス」という特徴のせいか?「プロテインわらびもち」に使用した際、固まらないという現象が起こりました。(詳細①詳細②

今回のレシピ、スイートポテト・プロテインバーでは、プロバイオティクス・ホエイプロテインでない、他のプロテインと同様に作ることが出来ましたので、ご心配無用です。

「プロテインわらびもち」が固まらなかった理由は未だ明確ではないので、「プロバイオティクス・ホエイプロテイン」の特徴に関しましては、近々開発者の中澤智之社長からお話を伺える機会があるといいな、と思います。皆様どうか、今しばらくお待ちくださいませ((^^;)ゞ

イベントのご案内


春のプロテインスイーツ®まつり2016
試食とお土産いっぱい!手作り体験も出来る!
初めての方も参加しやすいイベントを予定しています。

【日時】
2016年3月20(日・祝)
午前の部:10時30分〜14時(満席)
午後の部:13時〜16時30分(満席)

詳細:こちら


ぜひご検討下さい♪
皆様のご参加をお待ちして居ります(^^)


  • 山崎 志保(やまざき しほ)
    短期大学卒業後、証券会社勤務、健康産業新聞社勤務を経て、2007年より日本ボディビル&フィットネス連盟主催コンテストにエントリー。新聞記者時代に得た機能性素材、機能性食品の知識と、もともと趣味であったお菓子・パン作りの経験、2007年よりJBBFボディフィットネス選手としての実体験、2008年より取得した、パーソナルトレーナーとしての知識をミックスし、「プロテインスイーツ」、「フィットネスブレッド」を考案。

    プロテインスイーツ®教室 アリエス
    2013年4月に東京都台東区の自宅キッチンにてスタート。「アリエス」には4月生まれという意味があり、自身が4月生まれであること、そして教室のスタートも4月だったことから、アリエスと命名。
    >> アリエス ブログ

    <経歴>
    2013年4月 東京都台東区の自宅キッチンにてプロテインスイーツ教室「アリエス」をオープン。
    2015年6月 河出書房新社より「プロテイン ダイエットレシピ」出版
    2015年8月 特許庁にて「プロテインスイーツ」、「プロテinスイーツ」の商標登録取得

    <コンテスト歴>
    2007年 JBBFコンテストデビュー (出場大会/全て予選落ち)
    2008年 ミス千葉健康美大会 優勝
    2009年 ミス21健康美 全国大会 オーバーオール優勝
    2010年 オールジャパン・ボディフィットネス 3位
    2010年 東京、関東ボディフィットネス 準優勝
    2011年 東京ボディフィットネス選手権 優勝
    2011年 関東ボディフィットネス選手権 優勝
    2011年 東日本ボディフィットネス 準優勝
    2011年 オールジャパン・ボディフィットネス 3位
    2011年 全国アマチュア手作りパンコンテスト 審査員特別賞受賞
    2012〜2013年 大会出場なし
    2014年 ジャパンオープン・ボディフィットネス選手権 入賞
    2014年 オールジャパン・ボディフィットネス 4位
    2014年 東日本ボディフィットネス選手権 準優勝

    <取得資格>
    NESTA(全米エクササイズ・スポーツトレーナー協会)認定 パーソナルトレーナー
    NESTA認定ゴルフ・コンディショニングスペシャリスト
    日本ボディビル連盟公認指導員 1級
    東京消防庁上級救命認定
    東京都食品衛生協会 食品衛生責任者
    日本創芸学院パンマイスター
    文部省認定 秘書技能検定準1級

    <メディア>
    2014年5月 日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」
    2014年10月 テレビ東京「モヤモヤさま〜ず2」
    2015年1月 テレビ朝日「お願い!ランキング」
    2015年1月 テレビ朝日「ナニコレ珍百景」
    2015年2月 テレビ東京「えびちゃんず〜」
    2015年3月 TOKYO MXTV 「週末めとろポリシャン」
    2015年3月 フジテレビ「バイキング」
    2015年8月 TBS「 オトナの! 」
    2015年8月 日本テレビ「ザ・スカウト」
    2015年10月 テレビ東京「イチゲンさん」
    2015年12月 日本テレビ「ニノさん」

[ PHYSIQUE ONLINE 限定記事 ]

関連記事

材料3つで作れる!プロテイン・スフレパンケーキレシピ / 食育インストラクター国田真紀

材料3つで作れる!プロテイン・スフレパンケーキレシピ / 食育インストラクター国田真紀

BEE SHUFFLEがヘルシー&スタミナUPの韓国料理作りに挑戦!

BEE SHUFFLEがヘルシー&スタミナUPの韓国料理作りに挑戦!

夏野菜と鶏そぼろのヘルシー和風カレー/食育インストラクター国田真紀

夏野菜と鶏そぼろのヘルシー和風カレー/食育インストラクター国田真紀

缶詰で簡単に作れる!ヘルシーお魚ハンバーグ/食育インストラクター国田真紀

缶詰で簡単に作れる!ヘルシーお魚ハンバーグ/食育インストラクター国田真紀

忙しい朝にお手軽にもう一品!簡単×ヘルシー トマトの豆乳スープ/食育インストラクター国田真紀

忙しい朝にお手軽にもう一品!簡単×ヘルシー トマトの豆乳スープ/食育インストラクター国田真紀

高たんぱく・低脂肪!ファインラボのプロテインパンケーキ

高たんぱく・低脂肪!ファインラボのプロテインパンケーキ

とろみとコクのある、プロテイン参鶏湯(サムゲタン)で身体の芯から温まろう!/プロテインスイーツ® 山崎志保

とろみとコクのある、プロテイン参鶏湯(サムゲタン)で身体の芯から温まろう!/プロテインスイーツ® 山崎志保

ミス健康美優勝者 山崎志保さんのプロテインスイーツ®

ミス健康美優勝者 山崎志保さんのプロテインスイーツ®