フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

第一回オールジャパンフィットネスビキニ選手権 優勝者インタビュー

この記事をシェアする

59
掲載日:2015.06.05


163cm超級・オーバーオール 優勝者 / 新井 敬子(あらい けいこ)

生年月日:1975年08月29日生まれ
大阪府大阪市出身
身長:170cm
体重:オン55kg、オフ67kg ※今年からは60キロまでの予定(笑)
職業:スタジオ経営代表兼トレーナー
パーソナルトレーニングジム&加圧トレーニングルーム“スタジオKei”
趣味:トレーニング、食べ歩き(笑)
スポーツ歴:学生時バレーボール
トレーニング歴:約8年
競技歴:
2007年オール関西ボディフィットネスオーバーオール優勝
2010年オールジャパンボディフィットネス164超級4位
2014年ジャパンオープンボディフィットネス9位
2014年オールジャパンボディフィットネス163超級6位


■大会出場に至るまでの経緯
主にボディフィットネスをメインとしてコンテストに出場しておりましたが、より自分自身を表現出来るカテゴリーが新設された事に興味を持っていましたが、5月の大会でジャッジをしている時に出場したいと思い、決心しました。

■トレーニング内容
時間は約2時間。頻度は週5日。トレーニング内容は脚、背中、胸、腕、肩、ハムストリングスを毎回1部位をやります。今回ビキニの身体を作るために、お尻のトレーニングはその日の部位には関わらず、毎回しました。

■有酸素運動は?
トレーニング後、30〜60分、ステッパーかランニングをしました。

■食事内容(減量時)
朝はグラノーラ。昼以降は蒸し鶏・温野菜・果物など2〜3回に分けて食べます。

■今回の大会に参加してみた感想
今後の可能性を大いに秘めた新しいカテゴリーと感じました。第1回大会でこのタイトルを獲るために3ヵ月間頑張ってきましたが、それが実現できて本当に嬉しいです。

■ビキニ競技に対する想い
水着でステージに上がるので最初は少し抵抗のある競技と思われがちですが、女性の華やかさを演出することができる場なので、広く多くの皆様方に受け入れられる様になれば良いと考えています。

■今後の目標、目指す方向性
より一層トレーニングに精を出し、日本はもとより世界に通用する様な選手を目指したいです。

■お世話になった方々へのメッセージ
昨年9月、大阪南堀江に加圧&パーソナルスタジオKeiをオープンさせて頂き、御仕事やトレーニングに於いて多大なる支えを頂いた皆様方に心より感謝致します。又、御忙しい中、ポージング指導で御世話に成った丹羽裕子先生、齋藤円先生、そしていつも陰から叱咤激励してくれる、トレーニングパートナーであり、ボディビルダーの佐藤弘人さんにこの場を借りて御礼申し上げます。


 



158cm以下級 優勝者 / 大里 晴香(おおさと はるか)

生年月日:1987年11月1日生
福岡県嘉麻市出身
身長:156cm
体重:オン52kg、オフ58kg
職業:社会福祉法人愛光会清浄学園(知的しょうがい者施設)
趣味:体を動かすこと
スポーツ歴:バスケットボール、ダンス
トレーニング歴:3年
競技歴:2014年西日本健康美2位
オールジャパンフィットネス4位
福岡県ボディビル選手権大会1位


■大会出場に至るまでの経緯
今年大会に出ると決意し減量を始めた時にジムの会長の山田会長に“どうせ減量してきつい思いをするのだから出れる大会は全て出ろ”の一言で、ボディビル、フィットネス、健康美、フィットネスビキニ全ての競技に出ることになりました。

■トレーニング内容
トレーニング内容は男性ボディビルダーの方と同じトレーニング内容を行っていました。高重量高回数のかなりハードなトレーニングで、全てスーパーセットで行っています。トレーニング2時間行った後に有酸素運動1時間、時間がある時は1時間半から2時間行う事もありました。大会前2ヶ月はそれプラス仕事前のウォーキング、ジョギングを2時間行っていました。今回参加したフィットネスビキニでは筋力があり絞り過ぎていても脂肪がのりすぎていてもダメだということでフィットネスビキニの大会前はトレーニングよりも有酸素運動がほとんどでした。

■食事内容(減量時)
食事は主に野菜とササミ、タンパク質はササミや大豆時々卵白や胸肉を食べていました。

■今回の大会に参加してみた感想
今回初めて日本で行われる第1回目の大会という事で最初は予選さえ通過出来たらいいなと思っていました。予選を通過し、決勝に残れた時は凄く嬉しかったです。まさか優勝できるなんて夢にも思っていませんでした。

■ビキニ競技に対する想い
緊張、不安もありましたが凄く凄く楽しんで大会に参加する事が出来ました。これからもっと沢山の方にフィットネスビキニの魅力をしっていってもらいたいです。

■今後の目標、目指す方向性
大会を重ねるにつれよりよい体になったと言われるようにフィットネスビキニについてもっと知識を深め、初心を忘れずトレーニングや減量を行っていきたいです。

■お世話になった方々へのメッセージ 今回全日本の大会で優勝できたのは自分の力だけではなく、家族の協力、周りの方の応援があったからこそとれたものだと思っています。何もわからない私に一からトレーニング、食事内容を教え支えてくれたジムの山田会長には本当に感謝してもしきれません。今回の優勝で、少しは恩返し出来ればいいなと思います。ありがとうを何回言っても足りません。励まし激励の言葉をかけて応援して下さった全ての方々にお礼します。本当にありがとうございました。
 



163cm以下級 優勝者 / 荻山 はるか(おぎやま はるか)

エクサイズトレーニングスタジアム所属
生年月日:1982年02月11日生
愛知県出身
身長:162cm
体重:オン49kg、オフ52kg
職業:スタジオインストラクター
趣味:スキー、ダンス、一輪車、なわとび
スポーツ歴:競技スキー26年
トレーニング歴:ボディメイクトレーニング歴11ヶ月
競技歴:競技スキー・国民体育大会優勝
パワーリフティング・世界ジュニア2位


■大会出場に至るまでの経緯
もともとスポーツをしており、海外のフィットネスモデルのボディに魅了され、大会参加を決意しました!

■有酸素運動は?
スタジオインストラクターをしているので、自然に週6は有酸素しております。その他に時々ウォーキングなどもします。

■食事内容(減量時)
YAMATO muscle baseの上嶋さんにご指導いただいております。

■今回の大会に参加してみた感想
もっと上に行きたいっ!!

■ビキニ競技に対する想い
今の私の全てです!!誰もが認めてくれて、誰もがなりたいと憧れられるボディのビキニ選手なりたいです。

■今後の目標、目指す方向性
海外のビキニ選手と同じ舞台に立ちたいです。

■お世話になった方々へのメッセージ いつも応援してしていただきありがとうございます。荻山はるかです。コンテストに出たいと思い、所属ジム・エクサイズの柏木先生にご指導をいただき11ヶ月。何もわからない私をたくさんの方がご指導そして応援してくださり私は今回優勝することが出来ました。私の中ではまだStart地点だと思っております。これから世界を目指し頑張ります!!今後共ご指導そして応援の程宜しくお願い致します☆
 
フィットネス&ボディメイク情報誌
[ PHYSIQUE MAGAZINE 003 ]

関連記事

JBBF登録選手であれば世界大会出場が可能!日本グアム親善大会

JBBF登録選手であれば世界大会出場が可能!日本グアム親善大会

2014年 日本グアム親善大会 優勝者インタビュー

2014年 日本グアム親善大会 優勝者インタビュー

ビキニ・アスリート サンキン・サチ 2014 NPC WEST COAST CLASSIC

ビキニ・アスリート サンキン・サチ 2014 NPC WEST COAST CLASSIC

NPCヘッドジャッジが教える 大会スコアリング基準!

NPCヘッドジャッジが教える 大会スコアリング基準!

サマースタイルアワード2016 横浜大会 大会結果

サマースタイルアワード2016 横浜大会 大会結果

NPC BIKINI ATHLETE 野田真奈のアーノルド・アマチュア2016チャレンジ (2/2)

NPC BIKINI ATHLETE 野田真奈のアーノルド・アマチュア2016チャレンジ (2/2)

大阪オープン フィットネスビキニ選手権入賞者 森本 絵梨奈 ショートインタビュー

大阪オープン フィットネスビキニ選手権入賞者 森本 絵梨奈 ショートインタビュー

東京オープンボディビル選手権 大会リポート Vol.2

東京オープンボディビル選手権 大会リポート Vol.2