フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

専門的エクササイズ導入前のチェックポイント

この記事をシェアする

17
掲載日:2018.01.30
記事画像1

1 )一般的工クササイズによる体力基盤はできているか?

記事画像2
スポーツ選手の中には、自分が専門とするスポーツの動きや、よく使う筋肉を重点的に強化する専門的エクササイズだけを好んで行う人がいます。
確かに、短期間のうちに競技パフォーマンスの向上に役立つ「即効的効果」が期待できる場合がありますが、ほとんどの場合、その後の効果は長続きせず、トレーニング効果が「頭打ち」になってしまうことが多いようです。

長期にわたってトレーニング効果を持続させ、高いレベルのパフォーマンスを目指すためには、専門的エクササイズだけを行うのではなく、スポーツ選手の基本的な身体機能(競技に必要な筋肉量や身体各部の筋力など)を効率よく高める効果が高い「一般的エクササイズ」をうまく組み合わせて実施することが重要です。

2)傷害発生のリスクは?

記事画像3
専門的エクササイズは、スポーツ動作に近い動きで行われることが多いため、特定の部位に大きな衝撃や負荷が加わり、傷害を引き起こす危険性が高い傾向にあります。
例えば、ジャンプ力の向上を目的として、切り返しのすばやいスクワットを行った場合には、ゆっくりと切り返しを行った時と比べて、膝や体幹などにより大きな衝撃が加わります。
このようなリスクを軽減し、専門的エクササイズを安全に実施するためには、一般的エクササイズを通じて、一定レベルの筋力を養成しておくことが必要です。

3)スポーツの基本動作が習得できているか?

記事画像4
専門的エクササイズの動作は、実際の競技動作に近い動きで行われることが多いため、競技の正しい動作が習得できていない人の場合には、専門的エクササイズでも正しい動作を行うことができず、間違った動きを反復練習するととにもなりかねません。
これでは、競技に対してマイナスのトレーニングになってしまいます。専門的エクササイズは、スポーツの基本的な技術を習得してから、本格的に導入することが望ましいといえます。
  • 競技スポーツ別 ウエイトトレーニングマニュアル
    著者:有賀誠司
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

[ 競技スポーツ別 ウエイトトレーニングマニュアル) ]

Recommend