フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

  • トップ
  • 食・健康
  • 医学
  • ダイエットとトレーニング<5kgの筋量をつけることによって脂肪が落ちる3つの理由>

ダイエットとトレーニング<5kgの筋量をつけることによって脂肪が落ちる3つの理由>

この記事をシェアする

27
掲載日:2016.10.05
その1
筋量を5kg増やすことによって一年で4.5kgの脂肪を落とすといった場合には、5kgの筋肉をつくる際に必要な努力(ウェイトトレーニング)は考慮に入れられていません。ウェイトを使ってトレーニングするには、エネルギーが必要です。もし、5kg得るためのトレーニング中に摂取カロリーの大幅な増加がなければ、燃やされたカロリーの大部分は体脂肪からのもので、いくらかは食べた食物からのものでしょう。

食べた食物がウェイトトレーニング中に使われれば、脂肪として蓄えられる可能性のある後に残るカロリーの量は少なくなります。筋肉をつくるためのトレーニングは、食物からのカロリーと蓄積された脂肪を燃やすので、脂肪の減少へと繋がるのです。
その2
リカバリー(回復)にもカロリーが必要です。ウェイトを使ってトレーニングする場合、筋肉にストレスをかけることにより、使った筋肉にごく小さな傷、ダメージを与えることになります。筋発達のため、新たに筋肉をつけるためには、身体は傷ついた筋肉を修復しなくてはなりません。傷ついた筋肉がいったん修復されると、それらはわずかに密度を高め、大きくなります。

この回復/修復のプロセスでも、余分なカロリーが必要となるのです!有酸素運動をしても、筋肉にそれほどの傷はつきませんが、ウェイトトレーニングをする人は、筋肉を引き裂くことになります。そして休んでいる筋肉は、ウェイトトレーニングによってもたらされたダメージを修復するために、余分なエネルギーを必要とするのです。
その3
筋肉をつけることにより、糖の代謝が変わります。脂肪細胞と筋肉細胞の両方にインスリンの受容器官があることを覚えていますか?それらはシーソーのように働きます。一方がインスリンの働きに敏感になれば、他方はそれに応える様に敏感ではなくなります。

筋肉をつけることにより、筋肉細胞をインスリンに対してより敏感にすることができます。つまり、脂肪細胞がインスリンに対して少し敏感ではなくなるわけです。

それは重要なことです。なぜなら、筋肉がインスリンに対して敏感だと、それほど多くのインスリン分泌を必要としないからです。インスリンの値が高いと、炭水化物が脂肪として蓄積されやすい傾向にあり、逆にインスリンのレベルが低いと、炭水化物が筋肉の方へ行く傾向があります。
  • 理論と実践で100%成功するダイエット ダイエットは科学だ!
    2008年10月10日第2刷発行
    著者:クリス・アセー卜
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社