フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • 食・健康
  • 減量中にお勧めするサプリメント③:フィッシュオイル、カルニチン

減量中にお勧めするサプリメント③:フィッシュオイル、カルニチン

この記事をシェアする

0
掲載日:2017.01.04
記事画像1
◎フィッシュオイル
青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、筋肉にあるレセプターのインスリンに対する感受性を高めてくれる働きをするので、身体はそれほど多くのインスリンを分泌しなくて済みます。つまり、脂肪の蓄積を抑える傾向になり、インスリンはその本来の仕事、炭水化物とアミノ酸を筋肉組織に運ぶことを遂行でき訳です。

「減量中にオイル?」と思われる方も多いと思いますが、大量に魚を食べる地方の人々(例えば北欧諸国)が、そうでない地域(アメリカなど)の人々よりも糖尿病患者が少ないことからも、魚の脂を摂ることで肥満の予防になることが証明されています。

一日に4000mgを目安に摂ってください。
記事画像2
◎カルニチン
L-カルニチンは、筋細胞中のミトコンドリアと呼ばれる、脂肪が最終的に燃料として使われる場所へ運ぶ助けとなります。脂肪はそこでエネルギーとして使われます。減量中にカルニチンが不足した場合、脂肪が落ちにくくなります。

カルニチンは間接的なアナボリック物質です。それは脂肪がエネルギーとして使われるよう促し、結果的にたんぱく質や炭水化物がエネルギーとして使われるのを防いでくれるのです。ただし、カルニチンが脂肪燃焼に効果を発揮するのは、減量している場合です。ということは、カロリーを減らし、有酸素運動を始めなければならないということです。ただカルニチンを使っているだけで減量を行わなければ、脂肪の燃焼は促進されません。

また、カルニチンには、タンパク代謝の結果生じ、筋肉疲労を招くアンモニアを血液中より除去してくれる働きがあります。

このカルニチンは、有酸素運動の30~45分前に摂ると最も効果的でしょう。もしあなたが有酸素運動を行わないならば、ウェイトトレーニングの前に摂ると良いでしょう。

一日に250~1000mgを摂ってみてください。

【参考】
フィッシュオイルを豊富に含むサプリメント
【HALEO】ALPHALEAN(アルファリーン) V2

L-カルニチン+αリポ酸+コエンザイムQ10のゴールデン・トライアングルで効率よく脂肪燃焼!
MAX BURN(マックスバーン)


  • ■究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック
    2013年6月20日第6版発行
    著者:クリス・アセート
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社

[ 究極の筋肉を作り上げるためのボディビルハンドブック ]