フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

プロビルダー山岸秀匡のアメリカ便り~アーノルドエキスポ2009

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.06.19
記事画像1

アーノルドエキスポ2009

前号にも書いたとおり、今年のアーノルドは観客として行くことになった。じつはアーノルドを見に行くのは2回目、初めては2000年にロサンゼルスヘボディビル留学したときに見に行った。2007年は出場したから、通算3回目のコロンバス訪問。もうそろそろ初夏みたいに暖かいロサンゼルスからまだまだ真冬のコロンバスに行くので、雪が降ってるといけないってことでブーツとコートも用意する。が、いざ空港に降り立つと暖かい!なんだか異常気象でロサンゼルスより暑いくらい・・・。

アーノルドウィークエンドはエキスポとか他のスポーツとかイベントが金曜日~日曜日まで行われるけど、本番のアーノルドクラシックは土曜日の朝にプレジャッジ、夜がナイトショー。私は金曜日の夕方に到着し、もう第1日目のエキスポは終了していたので、ホテルについてすぐにジムに行くことに。いまやアーノルドウィークエンドはコロンバスでは最大のイベントで世界中からのボディビルファンが大挙して訪れる、ってことで町のジム(以前はワールドジムだったけどいまはメトロジムという名前に変わっていた)は満員電車状態!ちょうどエキスポが終わってその流れで皆トレーニングに来た感じで、しかもプロでもないのに皆デカイ!250ポンドオーバーがごろごろいてフリーウェイトエリアは酸素が足りず身の危険を感じるほどだけど、自分もコンテスト間近なので負けずにがんがんトレー二ングする。

トレーニングが終わったら町のレストランに行って夕食、ここも業界関係者がたくさん。隣はギャスパリニュートリションの一行。今年でプロデビューから4年目でボディビルのイベントに行くとだいたい顔見知りばかりになってきたなぁ、笑。

翌日、土曜日は朝からエキスポに繰り出す。ただブラブラしてもつまらないので、自分の写真を持参して小遣い稼ぎをすることに、笑。はじめはいつもブースを出させてもらってるフレックスマガジンに。午後からは最近写真撮影をする機会の多いマッスルマグにブースを作らせてもらう。マッスルマグでは数年前にミロスのジムで一緒にトレーニングしたジョエル・スタッブスが300ポンドオーバーの巨体で凄い。彼も4月のヨーロッパに出場するとのこと。いつもべニスで会う、アメリカングラディエーター・タイタンのマイクの隣で写真販売に精を出す。

アーノルドクラシック・プレジャッジ

下馬評はデイフェンディングチャンプのビクター・マルチネスが今年もいいってことだったけど、個人的にはべニスで見たカイ・グリーンの怪物ぶりがあまりにもインパクトが凄くて、さすがのビクターも危ういのではと思ってました。他のべニス組、シルビオはいつもどおり皮一枚の仕上がりで225ポンドと本人が言っていた体重より大きく見えるが、ステージでどう見えるか。DJことデニス・ジェームスも、長いプロキャリアの中でもトップクラスの仕上がりと本人が自信を持っていた。

アーノルドクラシックは、毎年観客が増えていると思われるのに、会場は古いベテランズオーディトリアムのままで、いまやチケットを手に入れるのが困難になっている。さすがにプレジャッジは後のほうに少し空席があるが、ファイナルは売り切れということだった。ファイナルのチケット持ってない・・・どうしよ・・・。

注目のファーストコールはカイ、ビクター、ブランチ・ワレン、卜二ー・フリーマン。やはリカイは圧倒的にすごい!対抗馬のビクターがややオフ気味で、ブランチのほうが厳しい仕上がりで2位争いに参加している感じだ。

卜二―も前評判が高かったが、上位3人が同じくらいの身長で筋量十分なのに比べると長身なのでやや細く見える。仕上がりは去年のオリンピアから引き続きかなり厳しいが。シルビオは一人で見ると完成度が高いのに、比較審査ではやや小さく見える。骨格が狭いのと、ポージングで損をしてる感じがあるね。でもバリバリの仕上がりは1番です。

DJとモー。エル・モッサウィがポーズダウンギリギリの6位争いをしてるようで、その他ではロ二―・ロッケルがサイズアップしてきてたね。上半身のサイズに定評のあるジョニー・ジャクソンよりも大きく見えるくらい。そのジョニーはアイアンマンのときはオフだったが、ここではきっちり仕上げてきた。が、急に絞ったためかややサイズダウンしたように見える。ロシアのセルゲイもひさびさに絞ってきて2006年のルーマニアで話題になったときの身体を披露していた。

私の見た感じでは1位カイ、2位ビクター、3位ブランチ、4位トニー、5位シルビオ。

アーノルドクラシック・ファイナル

記事画像2
あー、ファイナルのチケットがないー・・・!エキスポ会場で知った顔に聞いてみるけど誰も持ってない!

どうしよー、とうろうろしていると、日本の誇るアミノ酸ブランド・AJINOMOTOがファイナルチケットを提供してくれたのです。しかもアーノルド夫妻とのディナーの招待券つき。ありがとうございます!

ファイナルのフリーポーズも独特のカイワールドが爆発し、アーノルドも絶賛でモーストエンターテイメント賞を獲得。その他の選手のフリーポーズには特に惹かれる要素はなかったので、ここでもカイの圧勝。ファイナル順位は1位力イ、2位ビクター、3位ブランチ(モーストマスキュラー賞)、4位卜二ー、5位シルビオ、6位モー。

エウロパ・ショウオブチャンピオンズ

アイアンマンよりもサイズも仕上がりも断然良い

アイアンマンよりもサイズも仕上がりも断然良い

今この記事を書いてる今日がちようど3週間前。アイアンマンのときより圧倒的にサイズがある。いまだに炭水化物をかなりたくさん摂っているので疲れもないし、正直こんなに楽でもいいの?って感じだけど、今回はとにかく優勝したいからね、過去最高のサイズ&コンディションを作るよ!この号が出ているころにはもう結果わかってるね!
Photo:
Raymond
[ 月刊ボディビルディング 2009年6月号 ]

Recommnd