フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

2013 年地方優勝者プロファイル②
茨城選手権優勝
池口翔ヘンリ

この記事をシェアする

0
[ 月刊ボディビルディング 2014年8月号 ]
掲載日:2017.09.14
記事画像1
いけぐち・しょう・へんり/ 1991 年4 月18 日生まれ/ 23 歳/茨城県出身/B型/学生/身長170cm、体重70kg(オン)・90kg(オフ)/トレーニング歴4 年/家族構成:父・母・兄/趣味:映画鑑賞・おでかけ/土浦ボディビルクラブ所属/初タイトル:2012 年関東ジュニア/主なコンテスト歴:2013 年日本ジュニア選手権3位
―――トレーニングを始めた年月とそのきっかけを教えてください。
池口 トレーニングを始めたのは高校生の頃です。当時、ラグビー部に所属していたのでその補強で始めました。それがきっかけでトレーニングにはまり、高校3年で部活を引退したのと同時に本格的にボディビルのトレーニングを始めました。

―――始めた頃のトレーニングはどのようなものでしたか?
池口 当時のトレーニングの分割は5分割で週5日やっていました(脚、胸、背中、肩、腕)。種目数は限られたものばかりやっていて、あまり細かいことを気にせず高重量ばかり狙っていました。体型はラグビーをやっていたこともあり、がっちりしていたと思います。当時は、同じスポーツクラブに通っていたボディビルダーの方に教わっていました。

―――トレーニングを始めた頃の食事、何に重点を置いていましたか?
池口 とにかくパワーを、デカい身体になりたかった時の食事は、でかくなるために何でも食べるという感じで、とにかく食べる量を意識していました。白米は毎食300g〜400gぐらい食べてました。たんぱく質も毎食、卵や肉などから必ず摂っていました。寝る前はプロテインを牛乳と一緒に飲んでいました。

―――初期のトレーニング方法をいつ頃、どのように変えましたか?
池口 トレーニングを変えた時期は2011年に初めて出場した神奈川オープンの後からです。この大会で予選落ちしたことが、トレーニングをちゃんと考えるようになったきっかけです。各部位で種目数を増やして効かせることを意識するようにしました。

―――初めて出た大会は?
池口 初めての大会は2011年の神奈川オープンです。この時、僕は無所属だったので大会に出ようと決めた時に、出られる大会がこれしかありませんでした。
 調整方法は、まず食事をクリーンにして、炭水化物を段階的に減らすというやり方で、たんぱく質の量はたくさん摂るようにしていました。有酸素は起床後、家の近くを1時間ウォーキングしていました。トレーニングに関しては、減量に入っても何も意識していませんでした。なので体重が減るにつれて扱う重量も下がっていました。正直この時の減量はだいぶいい加減でした。減量幅は90㎏ → 67㎏の23㎏でした。

―――昨年優勝した大会へのトレーニング法は、過去と変わっていますか?
池口 2013年のミスター茨城は2回目の出場でした。調整方法では、食事に関して大きく変わりました。まず最初の1ヶ月で食事をクリーンにして、次の2ヶ月でカーボサイクルを行い、最後の1ヶ月はノーカーボでした。なので、炭水化物については日よってバラバラです。
 1日の流れは、起床後BCAAを摂り1時間ウォーキングをして朝食(オートミール、スクランブルエッグ、フルーツ)を食べて学校に行きます。昼食はお弁当に作った鶏胸肉とオートミールを食べます。夕方ごろトレーニングをして、その後に鶏の胸肉と白米を食べます。また、トレーニングをする時間帯が日によって違うことがよくあるので、トレーニング前後の食事で白米を食べて、それ以外の食事ではオートミールを食べるといった感じでした。 たんぱく質は1日の2〜3食は鶏の胸肉(200gずつ)で、1食はスクランブルエッグ(全卵1、卵白6)です。食事の回数は1日3〜4食で、トレーニング後や間食にプロテイン(60g)やBCAAを摂ります。最後の1ヶ月はノーカーボで、週に1日だけハイカーボの日を設けました。チートは1ヶ月前までで、週1で設けました。
 トレーニングに関しては、減量に入っても扱う重量はできるだけ下げないようにして、オフよりも強度を上げることを意識してトレーニングしました。また各部位で、できるだけたくさんの種目をやるようにしていろんな角度から刺激を与えるようにしました。トレーニング自体は好きなので、種目の順番を変えたり、バリエーションを増やしたりして、楽しみながらやっています。過去と比べるとまんべんなくやるようになったと思います。
昨年の茨城選手権

昨年の茨城選手権

記事画像3
―――昨年のオフとオンの食事はどのようなものですか?
池口 オフの時は何でも食べます。1日に体重1㎏につき、たんぱく質を最低1gは摂るようにしています。それ以外は何も気にせず食べます。

―――サプリメントはいつ頃からどんなものを摂っていますか?
池口 オフでは、サプリメントはプロテインとビタミンしか摂りません。オンに入るとこれに加えてBCAAやマルトデキストリン、プレワークアウト系のもの、ファットバーナーを飲みます。ファットバーナーは最後の2ヶ月ぐらいから摂り始めます。昔と今でこれは変わりません。

―――現在のトレーニング法を教えてください。
池口 現在のトレーニング方法は、6分割(四頭、胸、背中、肩、ハム・尻、腕)です。腹筋は2日に1回やります。週6日オン1日オフです。
 種目については、やはり各部位いろんな種目をやっていて、平均すると10種目ぐらいです。種目はほとんどがフリーウエイトです。マシンはトレーニングの後半で使うぐらいです。また、脚ではスクワット、胸はベンチプレス、背中はチンニングやデッドリフトなどビッグ3と呼ばれるものは必ずやっています。全身まんべんなくやるように意識しています。

―――最後に今後の目標をお聞かせください。
池口 将来、日本選手権で活躍できる選手になりたいです。地方大会から少しずつコマを進めていきたいと思います。
記事画像4
[ 月刊ボディビルディング 2014年8月号 ]

Recommend