フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

ビルダー教養講座 やさしいボディビル英語⑬

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.10.04
記事画像1
高山勝一郎

~~~~週に何回?~~~~

 12月号でトレーニング(training)のいろんな表現を研究したが、今回はそれをもう少しつっこんで研究してみよう。

「あなたは週に何回トレーニングをやりますか?」
「少なくとも週に3回はトレーニングします」
この会話を英語にしてみよう。

"How often are you training a week?"
(ハウオーフン アーユー トレイニング アウィーク)

"I usually train a minimum of three times a week”
(アイ ユージュアリー トレイン ア ミニマムオブ スリータイムズ ア ウィーク)

 「何回?」ときくときは、How many times(ハウメニー タイムズ)できり出してもよい。

"How many times are you training a week"
(ハウメニー タイムズ アーユー トレイニング アウィーク)。これを、

"How many times a week are you training?"
(ハウメニー タイムズ アウィーク アーユー トレイニング)とひっくりかえしても意味は違わない。

 別の回数を聞くときも(失礼でなければ)How often が使える。

"How often are you doing a week?"
(ハウオーフン アーユー ドゥイング アウィーク)

 「奥さん、おたくは週に何回おやりになりますか?」 答えるのにドギマギしていたら、きいた方は中華料理の回数のつもりだった……などというテレビのCM(コマーシャル)があってニヤリとさせられる。

~~~~まじめにつづけて~~~~

 「あなたはトレーニングをつづけていますか?」
「ハイ、まじめにトレーニングをつづけています」

"Do you keep up your training?"
(ドゥ ユー キープアップ ユア トレイニング)

"Yes, l keep up my training diligently"
(イエス,アイ キープアップ マイ トレイニング ディリジェントリー)こういう会話も楽しい

 keep up(キープアップ)は“続ける”とか“維持する”とかいう熟語である。

 up の反対は down(ダウン)だが train down(トレイン ダウン)という熟語をご存じだろうか。

トレーニングで体重をおとし、筋肉をひきしめる……というようなときによく使う。

 You must train down a little more
(ユー マストトレイン ダウン アリトル モア)

 「君はもう少しトレーニングで脂肪を落とさなくちゃ」ぐらいの意味である。ブクブクの trainee(トレイニー)はこれをいわれると、たいていタメイキをつく。"Huh"

~~~~ホーム・ジム~~~~

 家で練習することを training at home(トレイニング アトホーム)という。

 逆にジムで練習することは training at a gym.(トレイニング アト ア ジム)でよい。

 gym. は gymnagium(ジムネイジアム)の略である。アメリカでも gym の方がとおりがよい。

 "Must I come to a gym training?"
(マスト アイ カム トゥ アジム フォア トレイニング?)

「トレーニングするには、やはりジムにこなければなりませんか」

"You can get good results even by home-training"
(ユー キャンゲット グッド リザルツイーブン バイ ホーム トレイニング)

「ホーム・トレーニングでも相当な効果が得られますよ」

 even by home-training の even(イーブン)がくせもので、ホーム・トレーニングでもの“でも”にあたる便利な言葉である。

 good results は“よい結果”、results と複数になるところに注意。

 "You will get better results if you train at a gym."
(ユー ウィル ゲット ベターリザルツ イフ ユートレイン アト アジム)

「でも、ジムで練習した方がよりよい効果が得られるでしょう」というのであるが、これは例文として出したまでで、home-trainee(ホーム・トレイニー)よ、落胆するなかれ……とつけ加えておく。
(筆者は政府公認通訳、科学技術翻訳士、株式会社国際交流サービス社長)
[ 月刊ボディビルディング 1973年2月号 ]

Recommend