フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

ビルダー教養講座 やさしいボディビル英語⑲

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.10.31
記事画像1
高山 勝一郎

~~ 三つの頭 ~~

 今月もまた先月に引き続いてことわざの勉強をしてみよう。

 ボディビル特有のことわざもある。みな body-parts(ボディ・パーツ)に関係しているのも面白い。

 たとえば

Three heads are better than one
(スリーへッヅ アー ベター ザン ワン)というのがある。

 「3つの頭は、1つの頭よりもよい」ということは、日本流のことわざで「3人よれば文珠の知恵」を思い出させる。

 ところが、これがボディビルの本に出てくると、そんな意味ではなくなってしまうのだ。

 しかも、これが肩のトレーニングのことわざなのである。

 three heads が、三角筋の3つの頭をあらわすといえば、「なるほど」とうなずく人もあるだろう。

 すなわち、前部、後部、側部の3つの部分を鍛えないかぎり、肩の発達は充分ではない、ということなのだ。

 同じく triceps(トライセプス、上腕三頭筋)にもこのことわざが使われる。

 上腕二頭筋……biceps(バイセプス)なら、さしずめ Two beads are better than one(ツーヘッヅ アー べター ザン ワン)ということになろう。

~~ 使えば使うほど ~~

 Waist training is not waste(ウェイスト トレイニング イズ ノット ウェイスト)というのを聞いた方もいるだろう。

 waist も waste も発音は同じウェイストであるが、一方は body-part のウェイストのことであり、もう一方は無駄という意味のウェイストである。

 すなわち、「腰腹のトレーニングは無駄にならない」ということだ。

 腹筋運動を大いに推奨している欧米のボディビル界では、この言葉をいつも耳にするほどである。

 ほかにも似たようなのがある。

 Use legs or lose them(ユーズ レッグズ オア ルーズ ゼム)なども有名。

 「脚を使え。さもないと、脚がダメになってしまうよ」という教訓だ。

 「人間は脚を使わなくなってきた」とよくいわれる。

 ダーウィンの進化論ではないが、使わない body-part は退化する。

 ”歩け歩け運動”がさかんになってきているのも、さこそとうなづける。
 
 Use head or lose it(ユーズ ヘッド オア ルーズ ィト)というのは、頭の方のこと。「頭を使っていなければ、ボケてしまうぞ」という教訓である。

 Use cock or lose it(ユーズ コック オア ルーズ ィト)はチョット説明を遠慮するが、cock が男性の penis のことだといえば、賢明な諸君には何のことか、想像もつこうというものである。

~~ 苦しみこそ正しい ~~

 Chest work is must work(チェスト ワーク イズ マスト ワーク)という言葉は、初心者がコーチからウルさいくらいいわれるので、すぐ覚えてベンチ・プレスなどを愛好する原因になるようだ。

 chest とは胸のことだから、大胸筋の運動は絶対に必要な運動だ……ということになる。

 大筋群の運動で、はやく体重増加を……と願っている初心者向きのことわざである。

 ただし、Light come,light go(ライト カム ライト ゴー)ということわざも覚えておく必要がある。

 「簡単についたものは簡単にはなれてゆく」……日本では「悪銭身につかず」などと訳されてしまうが、筋肉だとて、そうやすやすと身についてくるものではなかろう。

 The harder it is to get,the greater is the value
(ザ ハーダー イティズ ツーゲット、ザグレイター イズ ザ バリュー)なのである。

 意味は「手に入れるのに一生懸命努力したものほど、その価値は大きい」。意味深いことわざではないか。

 hard(ハード)という言葉は、難しい、苦しいということだが、全く同じ意味のことで

 Hard way is the right way(ハード ウェイ イズ ザ ライトウェイ)ということわざもある。

 「苦しいやり方こそ正しいやり方」なのである。

 大いに苦しんで、りっぱなものをつかんでいこう。
(筆者は政府公認通訳、科学技術翻訳士、株式会社国際交流サービス社長)
[ 月刊ボディビルディング 1973年8月号 ]

Recommend