フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

私のトレーニング法 ~鈴 木 正 広~

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1969年2月号
掲載日:2018.01.09
鈴 木 正 広
体の筋肉群を2部分に分けて、週に4~6日練習しますが、仕事の都合、体の調子の悪いときは、セット数を少しへらしてやります。休養も筋肉を発達させるのに大切な役割を果たしているので、日曜日は完全に休養します。1セット回数は重い重量で行なった場合には、筋肉の発達は早いようですが、関節などを痛めやすいので、8〜10回を上げることにしています。
記事画像1
記事画像2
記事画像3
記事画像4
記事画像5
記事画像6
●写真説明


1=レッグ・レイズ シット・アップとおなじことだが、時々刺激を変えると効果が上がる。


2=レッグ・エクステンション 腿の前の部分の発達、とくにディフィニションがよくなる。


3=ワンハンド・ベント・ロー ベント・ローと同じ効果だが、反動がつかず、より集中的な刺激を広背筋に与える。


4=ベント・アーム・プル・オーバー バーベルを下ろしたとき、わきを広げないように注意する。
月刊ボディビルディング1969年2月号

Recommend