フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

LIFTING CORNER
セニアー・ナショナルAAU パワーリフティング選手権大会各級の覇者

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年4月号
掲載日:2018.06.30
世界でもっともパワーリフティングが盛んに行なわれているのはアメリカである。したがって優秀なパワーリフターが数多く輩出している。
現在の最優秀パワーリフターとしては、へビー級のジョン・コールが筆頭に掲げられよう。
彼はへビー級の選手としては、素晴らしい筋肉質のからだの持ち主で、このセニアー・ナショナルAAUパワーリフティング選手権大会では、スーパー・ヘビー級優勝者の記録を上回る驚異的な全米新記録で他を圧倒した。

写真は、競技会における選手の活躍ぶりである。
1●フェザー級優勝のマイク・クロス。デッド・リフトで252.4㎏を持ち上げた瞬間。これは全米新記録である。

1●フェザー級優勝のマイク・クロス。デッド・リフトで252.4㎏を持ち上げた瞬間。これは全米新記録である。

2●ライト級優勝のジョン・ウェルチ。244.9㎏のデッド・リフトを行なっているところ。

2●ライト級優勝のジョン・ウェルチ。244.9㎏のデッド・リフトを行なっているところ。

3●ミドル級優勝のジョー・ローデス。272.1㎏のデッド・リフト成功の一瞬。

3●ミドル級優勝のジョー・ローデス。272.1㎏のデッド・リフト成功の一瞬。

4●297.1㎏のデッド・リフトに成功し、ライト・ヘビー級で優勝したボブ・マッキー。

4●297.1㎏のデッド・リフトに成功し、ライト・ヘビー級で優勝したボブ・マッキー。

5●299.3㎏のスクワットに成功し、トータル798.1㎏mの全米新記録をマークしてミドル・ヘビー級で優勝したL・パシフィコ。

5●299.3㎏のスクワットに成功し、トータル798.1㎏mの全米新記録をマークしてミドル・ヘビー級で優勝したL・パシフィコ。

6●圧倒的な強みを発揮し、デッド・リフト353.3㎏、トータル934.2㎏の2つの全米新記録をマークしてヘビー級で優勝したジョン・コールのスクワット。重量は344.9㎏。

6●圧倒的な強みを発揮し、デッド・リフト353.3㎏、トータル934.2㎏の2つの全米新記録をマークしてヘビー級で優勝したジョン・コールのスクワット。重量は344.9㎏。

7●キャンデーに逆転され優勝は逃がしたものの、スクワットで367.6㎏の全米新記録に成功し、観衆のかっさいを浴びたルス・フレッチャー。

7●キャンデーに逆転され優勝は逃がしたものの、スクワットで367.6㎏の全米新記録に成功し、観衆のかっさいを浴びたルス・フレッチャー。

8●へビー級2位のメル・ヘネシー。この級のペンチ・プレスで258.9㎏の驚異的な全米新記録をマークした。写真は不得手のデッド・リフトで294.8㎏を持ち上げた瞬間。

8●へビー級2位のメル・ヘネシー。この級のペンチ・プレスで258.9㎏の驚異的な全米新記録をマークした。写真は不得手のデッド・リフトで294.8㎏を持ち上げた瞬間。

9●スーパー・へビー級のベテラン・パワーリフター、ドン・キャンデーがデッド・リフト356㎏に成功し、2位のフレッチャーに体重差で逆転勝ちしたところ。バーが完全にしなっている。

9●スーパー・へビー級のベテラン・パワーリフター、ドン・キャンデーがデッド・リフト356㎏に成功し、2位のフレッチャーに体重差で逆転勝ちしたところ。バーが完全にしなっている。

月刊ボディビルディング1971年4月号

Recommend