フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

BUILDERS ON SCREEN 1971年8月号

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年8月号
掲載日:2018.01.13
●容貌から体つきまでチャールトン・ヘストンにソックリのダビッド・シグロ

●容貌から体つきまでチャールトン・ヘストンにソックリのダビッド・シグロ

チャールトン・へストンにウリふたつ!
ビルダー・スタントマン ≪ダビッド・シグロ≫

 アメリ力のビルダー、ダビッド・シグ口は当年28才、身長193cm、体重104kg、胸囲127cmの好青年である。

 だが、彼を有名にしたのは、このサイズではない。

 彼は、かの有名な映画スター、チャールトン・へストンにウリ二つなのである、へストンが彼か、彼がへストンなのか、まるで見分けがつかぬほど似ている。街を歩いていても、よくへストンと間違われサインを求められる。違うといっても信じないので、彼は必ず自分の名前をサインするそうだ。

 服の好みまでがへストンと同じなので、ある時は、彼をヘストンと間違えた群集で、タイムズ・スクェアの交通が一時ストップするという事件までもち上がっている。

 彼は、もともと警官だったが、人をつかまえることより、人々の健康に奉仕することによって人々の幸福に貢献しようと決心し、現在ニュー・ジャージーに健康食品チェーン店を開くため貯金に精出している。

 このダビッド・シグロは、スタント・マンとしてよくテレビに出演しているが、第二の「ベン・ハー」スターとして、映画界での活躍も期待されている。
(S.T.)
●ポンチョをはおってタバコをくわえれば、西部劇に登場するヘストンを思わせる

●ポンチョをはおってタバコをくわえれば、西部劇に登場するヘストンを思わせる

記事画像3
●このモッド・スタイルの服装はヘストンの好みでもある

●このモッド・スタイルの服装はヘストンの好みでもある

●テレビ出演の際は逞しい体と激しいアクションが売りもの

●テレビ出演の際は逞しい体と激しいアクションが売りもの

●ベント・オーバー・ケーブル・クロスで肩と広背を鍛えるシグロ

●ベント・オーバー・ケーブル・クロスで肩と広背を鍛えるシグロ

●ボディビルダーとしても多くのコンテストに入賞の実績をもっている

●ボディビルダーとしても多くのコンテストに入賞の実績をもっている

月刊ボディビルディング1971年8月号

Recommend