フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

中部日本ボディビル・コンテスト

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1971年11月号
掲載日:2018.06.02
 中部日本ボディビル・コンテストは去る8月8日、三重県長島温泉シーサイドプールにて開催された。

 好天にめぐまれた会場には、約2000名のファンや海水浴客が押しかけ、静岡・愛知・三重の各県から選ばれた40数名の選手によって熱戦が展開された。成績は次のとおり。

優勝 長崎 清(三重)

2位 大石秀夫(靜岡)

3位 金森隆機(三重)

4位 須藤孝三(三重)

5位 生田目博仁(愛知)

6位 東  勝(三重)

◇モスト・マスキュラーマン 長崎清

◇部分賞

胸 大石秀夫  腹 生田目博仁

腕 須藤孝三  脚 須藤孝三

 優勝した長崎選手は、切れのよい背筋が印象的で、バルク、デフィニションとも申し分ない。また、2位の大石選手は、優勝候補の筆頭だったが、ポージングにやや迫力が欠けていて優勝
を逸したのは残念である。3位の金森選手は天性のプロポーションの良さが光っていた。4位の須藤選手は末完の大器といえよう。(三重協会・藤田)
舞台上に勢ぞろいした選手たち。中央背広姿は吉田事務局長

舞台上に勢ぞろいした選手たち。中央背広姿は吉田事務局長

左から2位・大石選手、1位・長崎選手、3位・金森選手

左から2位・大石選手、1位・長崎選手、3位・金森選手

月刊ボディビルディング1971年11月号

Recommend