フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

海外ニュース 1969年9月号

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1969年6月号
掲載日:2018.06.16
 1959年度IFBBミスター・ユニバースのエディ・シルベスタが主催する第5回ミスター・インターナショナル・コンテストは、メキシコのティジュアナ市で開かれ、前評判どおり、オーストラリアのジャイアント、A・シュヴァルツェネガーが文句なしに優勝した。
記事画像1
 ますます大きくなる腕囲  ボディビルがとりあげられはじめた1930年代の末ごろには腕囲17インチ(43cm)はまれとされ、40年代になっても18インチ(46cm)が標準になるなどとは信じられなかった。それが1950年代にはいると、19インチ(48cm)の壁がひとにぎりのチャンピオンたちによって突破された。60年代のホームストレッチにさしかかった現在では、20インチ(51cm)の上腕二頭筋は普通で、21インチ(53cm)以上を誇るチャンピオンの出現は珍らしくなくなった。写真は、21インチの腕を誇示するディブ・ドレイパー。
記事画像2
 1969年度ミスター・インターナショナル・コンテスト  ミーディアム・クラス優勝のチャーリー・ファウスト。チャンピオンの彼もA・シュヴァルツェネガーの巨体と並ぶと、まるで子どものようだった。
記事画像3

アメリカのパワーリフティング

 昨年9月ロサンゼルスで行なわれた1968年度ナショナルAAUパワーリフティング選手権大会、148ポンド・クラス(ライト級)のチャンピオンとなったビル・サーバー(トータル1245ポンド)。彼の公式トータル記録は1300ポンド(585kg)だが、トレーニング中に1390ポンド(625.5kg)のべスト記録を出している。
記事画像4
 同大会の198ポンド・クラス(ミドルへビー級)で480ポンド(216kg)のベンチ・プレスに成功したロニー・レイ。トータル1670ポンド(751.5kg)で1位。
記事画像5
 同じく242ポンド・クラスでは、ジョン・コールが710ポンド(319.5kg)をスクワットして、ジョージ・フレンがもつ全米大会記録707 1/2ポンドを破った。トータル1890ポンド(850kg)で優勝。
記事画像6

アメリカのパワー・リフト記録
(一部は未公認)

(注・各種目とも1回挙上。ポンドをkgに換算するには、1割引いて2で割る)

(注・各種目とも1回挙上。ポンドをkgに換算するには、1割引いて2で割る)

 5月24日にブルックリン音楽アカデミーで行なわれる1969年度WBBGプロ・ミスター・アメリカ・コンテストにそなえて秘策をねるフレディ・オーティス。
記事画像8
月刊ボディビルディング1969年6月号

Recommend