フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

’69ミスター大阪コンテスト ~ 重村待望のタイトルを握る ~

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1969年10月号
掲載日:2018.03.31
 あの広い大阪市中之島の中央公会堂が超満員になった。9月7日、大阪ボディビル協会主催で幕をあけた69年度ミスター大阪コンテストの会場である。大阪人のボディビルに対する関心の深さを如実に示すものだ。今年で3回目を迎えただけに、大会の運営、進行等いちおう軌道にのり、コンテストらしいフンイキがすっかりイタについた感じである。中之島公会堂を利用したことも成功の一因。見せ場のつくれる好条件がそなわって、いちだんと盛り上がりを見せた。

 選手のレベルが、筋肉、ポージングを含めて、急激にアップしてきていることは心強い。キャリアを誇るベテラン選手も安閑としてはいられまい。こんごの課題は、さらにポージングの技術性を高めていくことだ。それでこそ、コンテストの魅力を一般にアッピールし、観客の共感を得られるというものであろう。選手・観客のマナーが年々よくなっていることは喜ばしい。大阪におけるボディビルが各界にようやく受け入れられ、その真価が理解されつつあることが、今回の成功につながっているとみてよいであろう。

[ 成  績 ]

記事画像1
記事画像2
記事画像3
記事画像4
記事画像5
1/左より、杉田茂(2位)、重村洵(1位)、徳弘敏(3位)

2/優勝・重村洵選手。万年2位を返上、堂々タイトル・ホルダーとなったその喜びはひとしおであろう。バランスよく発達した全身のプロポーションは非のうちどころがない。自己の特長を存分に生かしたポージングはみごとだった。南海ボディビル・センター所属。

3/超満員の会場。通路にしゃがんで観戦するお客もいる。

4/2位・杉田茂選手。今年の話題の中心は、昨年度6位から一気に2位に躍進した杉田選手であった。三角筋から上腕にかけての発達がすばらしく、背筋全般のディフィニションは申し分ない。リズム感ゆたかなポージングも美しい。南海ボディビル・センター所属。
記事画像6
記事画像7
記事画像8
記事画像9
記事画像10
5/3位・徳弘敏選手。3年つづけて3位。並みはずれて広い肩幅と全身のバルクが異彩を放つ。もう一つディフィニション、とくに腹筋のそれがほしいところ。ポージングに見せ場の足りないのが難。もっと独自のものをもつことが必要。ナンバ・ボディビル・センター所属。

6/4位・坂口健二郎。個人出場のダーク・ホース。胸郭の大きさは随一。三角筋、上腕はよく発達しているが、全体的にディフィニション不足である。ボージングはダイナミック、しかし、見せ場に乏しいのは一考を要する。和歌山出身。

7/あいさつする大阪ボディビル協会会長山口寿彦氏。

8/’69ミスター大阪コンテストの舞台となった大阪市中央公会堂(中之島)。

9/会場前でウォーム・アップに余念のない選手たち。
記事画像11
記事画像12
記事画像13
記事画像14
記事画像15
10/5位・木本五郎選手。昨年も5位だった。上腕の発達がすばらしく、これに背面のディフィニションが加われば鬼に金棒。ボージングはよくまとめているが、下半身の動きに欠ける。ニューワールド・ボディビル・センター所属。

11/6位・宮畑豊。上半身、下半身ともによく発達していて、バルクも申し分ないが、ディフィニションがやや不足ポージングはじつにうまい。欲をいえば、もっと大きな動きがあってもよいように思う。一昨年、昨年とともに4位、南海ボディビル・センター所属。

12/7位・高田英男。バルクのあるたくましい体。とくに下半身に練磨のあとがうかがえる。自己の体を生かしたポージング研究がこんごの課題。大友ボディビル・センター所属。

13/8位・西望。もう少しバルクがつけば、長身を生かした新しいタイプのビルダーになれよう。全身のディフィニションは抜群。ポージングにはもう一つの工夫が必要。南海ボディビル・センター所属。

14/9位・谷井日出夫。よく発達した胸が特長。脚・腰がもう一回り大きくなれば、上半身がもっと生きてくるのだが。キャリア充分のポージングはよく研究されている、南海ボディビル・センター所属。
記事画像16
記事画像17
記事画像18
記事画像19
記事画像20
記事画像21
記事画像22
記事画像23
記事画像24
記事画像25
15/10位・鉾之原尚。背筋のディフィニションはとくに人目をひく。ポージングはさらに研究の余地あり大阪武道センター所属。

16/石井政。20才、南海ボディビル・センター所属、ボ歴1年5カ月。

17/井上義信。28才、南大阪ボディビル・センター所属、ボ歴8年。

18/大野武志。21才、ナンバ・ボディビル・センター所属、ボ歴4年。

19/加藤英夫。26才、ナニワ・ボディビル・センター所属、ボ歴2年。

20/榊繁徳。26才、南海ボディビル・センター所属。ボ歴6年。

21/佐々木豊徳。20才、大阪武道センター所属、ボ歴1年5カ月。

22/佐々木義文。28才、大阪武育センター所属、ボ歴10年。

23/竹内弘。24才、大阪武道センター所属、ボ歴4年。

24/中原義光。20才、堺ボディビル・センター所属、ボ歴4年6カ月。
記事画像26
記事画像27
記事画像28
記事画像29
記事画像30
25/野上洋。27才、南海ボディビル・センター所属、ボ歴4年3カ月。

26/南久長。26才、南海ボディビル・センター所属、ボ歴3年。

27/ジュニア賞受賞の3選手。左から多和清彦(2位)、渋谷宏雄(1位)、津嶋勝比古(3位)。ジュニア賞は、準決勝進出にもれた選手を対象として、ポージング技術のみを審査し、その入賞者にあたえられる。

28/チャック・サイプスばりの鉄棒まげの力わざを演ずる武本宣雄氏。この棒は鋼鉄製であることをお断わりしておく。

29/武本氏おとくいの電話帳破り。パンプ・アップした直後なので、腕がこわばってやりにくそうだったが、あざやかに破ってヤンヤの喝采を浴びた。
月刊ボディビルディング1969年10月号

Recommend