フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

胸のトレーニング 須藤孝三選手のトレーニング・シリーズ《4》

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1975年7月号
掲載日:2018.06.23
記事画像1
ベンチ・プレス

ベンチ・プレス

ベント・アーム・プルオーバー

ベント・アーム・プルオーバー

 1964年。ボディビル開始当時の胸のトレー二ングはベンチ・プレス(35kg)6~9×3セットであった。練習は週3回、1日置きに行なっていたのである。当時の胸囲は89cm。

 1970年。ミスター実業団・青年の部5位に入賞。胸囲110cm。スプリット・ルーティーンを採用。

Aコース〈月曜・木曜〉脚・腹
Bコース〈火曜・金曜〉肩・腕・カーフ
Cコース〈水曜・土曜〉胸・背・腹・力ーフ
各コースのトレー二ングの所要時間は約2時間、種目は次のようなものであった。({印はスーパー・セット)
記事画像4
 1971年。ミスター日本5位入賞。胸囲115cm。Aコース(背・上腕二頭筋・脚)とBコ-ス(胸・肩・上腕三頭筋・腹)を交互に使って、週3回ずつのトレーニングを実施した口ウ・レピティション・システムを採用し、バルク・アップに意を注いでいる。
記事画像5
 1972年。ミスター日本4位入賞。胸囲116cm。ミスター日本コンテスト前、このときもAコース(背・上腕二頭筋・肩・腹)、Bコース(胸・上腕三頭筋・脚)の2つに分け、週3回ずつのトレー二ングを行なった。種目は次のようなものであった。({印はスーパーセット)
記事画像6
インクライン・ダンベル・プレス

インクライン・ダンベル・プレス

バー・ディップス

バー・ディップス

 1973年。ミスター日本2位入賞、胸囲120cm。朝・タ2回のWスプリットを採用。

Aコース〈朝〉上腕二頭筋・カーフ・腹
〈タ〉背・肩・腹
Bコース〈朝〉上腕三頭筋・カーフ・腹
〈夕〉胸・脚・腹

 トレー二ング種目は
記事画像9
 1974年。ミスター日本優勝、胸囲120cm。朝・夕2回のWスプリットを採用。
Aコース〈朝〉上腕二頭筋・前腕
〈夕〉背・肩・腹
Bコース〈朝〉上腕三頭筋
〈夕〉胸・脚・腹
 胸のトレー二ンク種目は次のとおりである。
記事画像10
(以上の'70年からのトレーニングは、すべてコンテスト直前のものである。)
1970年8月。ミスター実業団・青年の部5位。胸囲110cm。

1970年8月。ミスター実業団・青年の部5位。胸囲110cm。

1972年10月。ミスター日本4位。胸囲116cm

1972年10月。ミスター日本4位。胸囲116cm

クロス・オーバー

クロス・オーバー

下の3枚は1974年10月。ミスター日本優勝。胸囲120cm

下の3枚は1974年10月。ミスター日本優勝。胸囲120cm

1971年8月。ミスター実業団・青年の部優勝。胸囲115cm

1971年8月。ミスター実業団・青年の部優勝。胸囲115cm

1971年10月。ミスター日本5位。胸囲115cm

1971年10月。ミスター日本5位。胸囲115cm

1973年10月。ミスター日本2位。胸囲120cm

1973年10月。ミスター日本2位。胸囲120cm

1974年8月。ユニバース選抜2位。胸囲120cm

1974年8月。ユニバース選抜2位。胸囲120cm

記事画像19
記事画像20
月刊ボディビルディング1975年7月号

Recommend