フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

第2回東日本チャンピオン大会
奥瀬(福島)に栄冠

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1977年11月号
掲載日:2018.07.18
 東京ボディビル協会主催の第2回東日本チャンピオン大会は、9月10日(土)、午後4時30分から東京・大田区民センターで開催された。

 予定されていた参加選手のうち、六本木昇(‘76ミスター東京)、吉田純久(’73ミスター神奈川)の2選手が欠場、第2回東日本チャンピオンの栄冠は、田崎二郎(‘73ミスター千葉)、岡本正信(’76ミスター神奈川)、加藤一男(‘74ミスター東京)、福島一則(’75ミスター群馬)、奥瀬昭雄(‘76ミスター東北)の5選手によって競われた。

 その結果、参加選手中最もバルキーな体で安定した実力を発揮した奥瀬選手(東北)が優勝、以下、わずかな差で2位・福島選手、3位・加藤選手、4位・田崎選手、5位・岡本選手と決定した。

 尚、ゲスト・ポーザーには昨年度・第1回東日本チャンピオンの宮畑豊選手と須藤孝三選手が招かれた。
第2回東日本チャンピオン大会入賞者。左から4位・田崎、2位・福島、1位・奥瀬、3位・加藤、5位・岡本

第2回東日本チャンピオン大会入賞者。左から4位・田崎、2位・福島、1位・奥瀬、3位・加藤、5位・岡本

2位・福島和則

2位・福島和則

3位・加藤一男

3位・加藤一男

4位・田崎二郎

4位・田崎二郎

第2回東日本チャンピオン・奥瀬昭雄

第2回東日本チャンピオン・奥瀬昭雄

月刊ボディビルディング1977年11月号

Recommend