フィジーク・オンライン

Ad by SUPLINX

Weekly Monthly Shopping

第14回関西学生ボディビル選手権大会
樋上(個人)京都大(団体)優勝

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1978年9月号
掲載日:2018.07.31
 関西学生ボディビル連盟主催の第14回関西学生ボディビル選手権大会は、去る6月23日、関西外国語大学において開催され、50名の選手が参加して、個人、団体のタイトルを争った。

 その結果、個人の部は昨年の新人王、樋上正選手(京大3年)、ジュニアの部は武内和彦選手(京大2年)、団体の部は入賞者多数を出した京大と、京大勢がすべてのタイトルを獲得した。

<個人の部>
①樋上 正(京大3) ②今村正信(関外大4) ③武内和彦(京大2) ④宇治郷良(岡理大3) ⑤坂井 誠(京大2) ⑥戸島啓治(関学大2)

<団体の部>
①京都大 ②岡山理大 ③関学大 ④京都外語大 ⑤近畿大 ⑥大阪産業大

(写真・文=関西学生ボディビル連盟)
個人優勝●樋上正選手

個人優勝●樋上正選手

2位●今村正信選手

2位●今村正信選手

3位●武内和彦選手

3位●武内和彦選手

個人戦入賞者。左から2位・今村、1位・樋上、3位・武内

個人戦入賞者。左から2位・今村、1位・樋上、3位・武内

ジュニアの部。左から2位・坂井、1位・武内、3位・戸島

ジュニアの部。左から2位・坂井、1位・武内、3位・戸島

月刊ボディビルディング1978年9月号

Recommend