フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

ニュース 1982年8月号

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1982年8月号
掲載日:2018.12.10

■第8回1982年度全四国パワーリフティング選手権大会 1982.4.25 於・高松市・鉄工体育館

〈女子の部〉

◇48kg級  所属   S   B・P  D・L   T
①武村 玲子 (三島TC) ☆60.0 ☆37.5 85.0 ☆182.5
                    (特)☆90.0
◇67.5kg級
①田村 頼子 (高知TC) 122.5 ☆57.5 ☆120.0 ☆300.0
         (特)◎127.5
②金田みどり (三島TC) 110.0 37.5 115.0 262.5
                   (特)☆120.0
〈男子の部〉
◇52kg級
①鈴木 良夫 (大塚製薬) 120.0 ☆100.0 145.0 365.0
②湯口 一志 (高松TC) 120.0 75.0 150.0 345.0

◇56kg級
①高橋  進 (高松TC) 135.0 80.0 170.0 385.0
②二宮 愛治 (プランタン) 127.5 85.0 170.0 382.5

◇60kg級
①白川 猛士 (詫間TC) ☆195.0 ☆135.0 190.0 ☆520.0
②飯間 伸二 (高松TC)  162.5  90.0  190.0  442.5

◇67.5kg級
①千葉 正孝 (高松TC) 180.0 120.0 185.0 485.0

◇75kg級
①植田 英司 (高松TC) ☆245.0 155.0 ☆230.0 ☆630.0
②樋口 武士 (高松TC)  205.0 122.5 ☆250.0  577.5

◇82.5kg級
①永田 英作 (三島TC) ☆245.0  157.5  ☆255.0 ☆657.5
          (特)☆250.0
②白川 義礼 (高知TC)  200.0  150.0   240.0  590.0

◇90kg級
①新開 春雄 (イヨテツ) 255.0  165.0  240.0  660.0
②柏原  道 (高松TC)  250.0  145.0  220.0  615.0

◇110kg級
①杉本 誠起 (三豊病院) ☆250.0 ☆165.0 ☆230.0 ☆645.0
〔註〕◎印は日本新、☆印は四国新を示す。

■第20回1982年度春季香川県パワーリフティング選手権大会 1982.4.11 高松市・鉄工体育館

◇52kg級   所属   S   B・P   D・L   T
①湯口 一志 (高松TC) ☆115.0  70.0 ☆145.0 ☆330.0
②高田 正徳 (石垣機工) 110.0  75.0  110.0  295.0 

◇56kg級
①高橋  進 (高松TC)  135.0  75.0  170.0  380.0
②東原 豊彦 (朝日建材) 105.0  80.0  165.0  350.0

◇60kg級
①飯間 伸二 (高松TC)  150.0  90.0  180.0  420.0
㋔白川 猛士 (詫間TC)  190.0 ☆132.5 ☆207.5 ☆530.0

◇67.5kg級
①谷本 泰文 (高松TC)  175.0  115.0  190.0  480.0
㋔原田  勲 (岡山県)  210.0  150.0  230.0  590.0

◇75kg級
①真光 明徳 (高松TC)  155.0  105.0  215.0  475.0

◇82.5kg級
①榎本 一朗 (高松TC)  160.0  120.0  200.0  480.0
㋔植田 英司 (高松TC)  235.0  150.0 ☆240.0  625.0
㋔中尾 達文 (高松TC)  275.0  177.5 ◎282.5  735.0

◇110kg級
①杉本 誠起 (三豊病院) 230.0  160.0  220.0  610.0
〔註〕㋔はオープン参加、◎印は日本新、☆印は香川県新を示す。

(記録=中尾達文)

■埼玉県所沢市にヴィクトリー・ジム、オープン!

 去る4月1日、埼玉県所沢市に新しくヴィクトリー・ジムがオープンし、朝生照雄選手、桐生辰男の両選手がポージングを披露してはなやかなオープン・パーティが行われた。
所沢市にオープンしたヴィクトリー・ジム

所沢市にオープンしたヴィクトリー・ジム

■第2回神奈川県社会人パワーリフティング大会 57年6月27日 於・神奈川県立青少年会館

◇56kg級   所属   S   B・P   D・L   T
①森  勝治 (車体工業)  140.0  87.5  175.0  402.5
②飯塚 貞良 (東芝浜川崎) 120.0  92.5  175.0  387.5

◇60kg級
①渡辺 勝宏 (山九海運)  200.0  142.5  190.0  532.5
②鈴木 正男 (車体工業)  145.0  100.0  175.0  420.0

◇67.5kg級
①桑原隆次郎(日産自動車)  190.0  125.0  202.5  517.5
②大内 一徳 (車体工業)  185.0  105.0  195.0  485.0

◇75kg級
①三谷 秀一(アコーダー)  180.0  117.5  200.0  497.5
②平峰 良行(いすず自動車) 200.0  110.0  185.0  495.0

◇82.5kg級
①末永 春美 (海洋興業)  210.0  155.0  240.0  605.0
②菅井 孝司 (日立横浜)  200.0  120.0  195.0  515.0

◇団体戦①神之木台 ②車体工業 ③リコー厚木
〔註〕オープン参加の女子52kg級・今井一枝選手(埼玉)はスクワット130kg、トータル302.5kgの2つの日本新記録を樹立した。また太田雅之選手(静岡)もベンチ・プレス110.5kgの67.5kg級ジュニア日本新記録を出した。

(記録=神奈川パワーリフティング協会・飯島忠一)

■第8回沖縄県パワーリフティング選手権大会 5月25日 於・奥武山体育館

◇52kg級   所属   S   B・P  D・L   T
①備瀬 政幸 (名護)  120.0  85.0  110.0  315.0
②大城 幸信 (与那原)  90.0  75.0  137.5  302.5

◇56kg級
①幸地 秀明 (宮古)  145.0 ☆110.0 ☆170.0  425.0
②照屋 寛正 (仲村) 140.0   90.0 ☆175.0  405.0

◇60kg級
①安慶名 勇  (久場) 185.0 ☆137.5  180.0  502.5
②藤田 直也 (宜野湾)  160.0   92.5  175.0  427.5

◇67.5kg級
①金城 正秀 (宜野湾)☆220.0 ☆155.0  210.0 ☆585.0
②玉城 俊信 (那覇)  180.0  125.0  180.0  485.0

◇75kg級
①仲間 光吉 (宮古)  230.0 ☆160.0 ☆240.0 ☆630.0
②具志堅正彦 (仲村)  220.0 ☆140.0 ☆230.0 ☆590.0

◇82.5kg級
①名城  均 (那覇)  222.5  145.0  222.5  590.0
②兼次 光正 (宜野湾)  210.0  140.0  210.0  560.0

◇90kg級
①兼城 明 (具志川)  230.0 ☆180.0  220.0  630.0
②屋宣 憲一 (与那原)  220.0  125.0 ☆237.5 582.5

◇90kg超級
①松川 栄吉 (那覇)  235.0  165.0 ☆220.0 ☆620.0

◎女子の部
44kg級 ①瑞慶賢小夜子(久場) 60.0  35.0   85.0  180.0
48kg級 ①比嘉 倫子(那覇)  87.5  47.5  100.0  235.0
52kg級 ①佐藤 エリ(那覇)  50.0  30.0   80.0  160.0
56kg級 ①金盛 盛子(那覇)  62.5  30.0  80.0  172.5
60kg級 ①仲間 君子(宮古)  85.0  50.0  130.0  265.0
67.5kg級①神谷加代子(仲村)  100.0  35.0  100.0  235.0
82.5kg級①仲村美智子(仲村)  132.5  47.4  137.5  317.5

〔註〕☆印は沖縄県新記録(女子の部は各クラスの最高がすべて県新記録となるので☆印は省略)。なお、女子82.5kg級の仲村美智子選手は特別試技でスクワット145kg、デッド・リフト150kgの日本新記録達成。

(記録=那覇ボディビルセンター・比嘉 稔)

■第1回全三河、第2回愛知県高校パワーリフティング選手権大会 6月13日 於・西尾市体育館

◎第2回愛知県高校パワーリフティング選手権大会

◇56kg級  高校  体重   S   B・P  D・L   T
①佐々木光司(城西、50.8) 110.0  87.5  140.0  337.5
                     (特)☆150.0
②太田 和夫(城西、51.3)  90.0  75.0  130.0  295.0

◇60kg級
①加藤 紀正(城西、56.6) 130.0  97.5  165.0  392.5
                 (特)☆100.0
②山田 和英(城西、57.0) 105.0  75.0  120.0  300.0

◇60kg超級
①山本 一郎(城西、62.2) 140.0  90.0 ☆170.0  400.0
②佐野 文孝(城西、64.4) 120.0 ☆95.0  140.0  355.0

〔註〕☆印はジュニア日本新記録、(特)は特別試技を示す。

◎第1回全三河パワーリフティング選手権大会

◇52kg級
①飯田 友道(岡崎TC)  125.0  80.0  130.0  335.0
②鈴木輝三郎(刈谷TC)   90.0  67.5  132.5  290.0

◇56kg級
①宇野 重明(岡崎TC)  130.0  90.0  165.0  385.0
②滝川  清(西尾TC)  130.0  75.0  135.0  340.0

◇60kg級
①天野 和雄(岡崎TC)  170.0  97.5  175.0  442.5
②岡田 義男(豊橋TC)  140.0  95.0   150.0   385.0
③斎藤 吉郎(西尾TC)  130.0  80.0  155.0  365.0

◇67.5kg級
①佐々野孝一(アイシン) 145.0  120.0  190.0  455.0
②吉田 友也(西尾TC)  135.0  80.0  170.0  385.0

◇75kg級
①村松 善郎(西尾TC)  210.0   90.0  20.0  505.0
②植村 敏夫(岡崎TC)  170.0  115.0  190.0  475.0

◇75kg超級
①甲斐田政博(西尾TC)  150.0  80.0  160.0  390.0

(記録・写真=河口耕二)

■国電・田端駅隣に女性専門のトレーニングジム誕生−−ビューティーアスレティックインレディス

 (財)スポーツ会館の経営による首都圏第4番のアスレティック・クラブ「ビューティーアスレティックインレディス」が5月25日、田端にオープンした。
 この"レディス"は、名前のとおり女性専用で、ただひたすら美しい女性をつくりあげんがための施設で、特にウェイト・トレーニングの設備は、女性専用クラブとしては他に類を見ないほど充実している。

 メインは、もちろんウェイト・トレーニングだが、ジャズダンス、ヨガ、大極舞など他種目との組合わせによるトレーニング・プログラムの作成も可能で、本人の趣味、嗜好による手段でシェイプ・アップできる。また、体が美しくなったら、女性としての美しい歩き方や、しぐさ、表情などを修得できるモデリングのコースもあり、女性のトータルな美容がかなえられる。

指導陣 岸正世史、石崎光子、向井十九、瀬戸譲治ほか
田端にオープンしたビューティーアスレティックインレディースのトレーニング・ルーム

田端にオープンしたビューティーアスレティックインレディースのトレーニング・ルーム

月刊ボディビルディング1982年8月号

Recommend