フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

1982年度第22回関東学生ボディビル選手権大会

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1982年8月号
掲載日:2018.12.02

個人優勝・清水博之(早大2年)

 第22回関東学生ボディビル選手権大会は、ゲストに石井直方、高西文利の両元全日本学生チャンピオンを迎え、30大学、96名(うちオープン参加、13大学、17名)が出場して、6月20日、法政大学で行われた。

 注目の個人優勝は、前評判どおり北村、大河原、清水の3人にしぼられたが、結局、大型でプロポーションに恵まれ、全身的にバルク、カットが共に良かった清水選手が念願の初優勝を飾った。現在の学生レベルから見て、今年度の全日本学生チャンピオンの最有力候補にのしあがったといえよう。

 個人戦、団体戦の成績は次のとおり。
左から2位・大河原、1位・清水、3位・北村

左から2位・大河原、1位・清水、3位・北村

◆個人成績

①清水 博之(早稲田、4年、178cm)

②大河原久典(神奈川、4年、171cm)

③北村 克巳(東 京、2年、170cm)

④野田 貴文(埼 玉、4年、167cm)

⑤松山登代志(法 政、3年、167cm)

⑥郡山  洋(明 治、4年、172cm)

⑦表  浩之(神奈川、3年、169cm)

⑧武井邦太郎(東 京、4年、166cm)

⑨庄子 喜幸(明 治、4年、174cm)

⑩大石 高明(法 政、3年、165cm)

◆オープン参加の部

①富山 耕一(独 協、2年、168cm)

②加藤 一郎(日 本、3年、168cm)

③山田  瓦(日 本、4年、178cm)

◆部分賞

腕−−北村克巳

胸−−大河原久典

腹・背−−清水博之

脚−−富山耕一

モスト・マスキュラ−−清水博之

◆団体成績

①東京大学

②法政大学

③早稲田大学

④神奈川大学

⑤明治大学

⑥筑波大学

団体優勝・東大、オープン優勝・富山(独協大2年)

優勝・清水博之選手(早稲田大学)

優勝・清水博之選手(早稲田大学)

2位・大河原久典選手(神奈川大学)

2位・大河原久典選手(神奈川大学)

3位・北村克巳選手(東京大学)

3位・北村克巳選手(東京大学)

4位・野田貴文選手(埼玉大学)

4位・野田貴文選手(埼玉大学)

5位・松山登代志選手(法政大学)

5位・松山登代志選手(法政大学)

オープンの部初優勝・富山耕一選手(独協大学)

オープンの部初優勝・富山耕一選手(独協大学)

月刊ボディビルディング1982年8月号

Recommend