フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping

第17回ミスター東京コンテスト、第7回ミスター東日本チャンピオン大会

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1982年9月号
掲載日:2018.10.29

川上昭雄(ミスター東京)、佐藤啓治(ミスター東日本)優勝

 1982年度第17回ミスター東京コンテスト、ならびに第7回ミスター東日本コンテストが8月8日、中野公会堂で行われ、ミスター東京に川上昭雄選手、ミスター東日本チャンピオンに佐藤啓治選手が選ばれた。
 ミスター東京コンテストは出場選手67名と、数においてもレベルにおいても、これまでに例を見ない盛りあがった大会であった。中でも川上、高西、井口、小沼の4選手が傑出しており、当然、優勝争いはこの4人にしぼられた。その結果、小柄ではあるがバルク、デフィニションの両面にすぐれた川上が優勝。井口はプロポーションとカットの面では申しぶんないが、全身的にもうひと回りのバルクが欲しい。小沼と高西は、大型でバルクは一流だが、キレがもうひとつ。また、優勝した川上に望みたいのは、プレジャッジ、決勝を通じてのポージングで、もっとファイトを表に出して戦ってもらいたい。そうすれば、今年のミスター日本ではかなり上位にくい込めるのではないだろうか。
 ミスター東日本チャンピオン大会は8選手が出場したが、舟橋、大本を除いて実力が伯仲、大接戦となった。その結果、体形的に恵れ、バルクとカットがよかった佐藤が優勝。2位に関口、3位に白坂が入った。
 両コンテストの成績は次のとおり。
記事画像1
宮畑豊選手の日本刀を使ってのゲスト・ポージング

宮畑豊選手の日本刀を使ってのゲスト・ポージング

ミスター東京コンテスト。左から二位・小沼、一位・川上、三位・井口

ミスター東京コンテスト。左から二位・小沼、一位・川上、三位・井口

ミスター東日本チャンピオン大会。左から二位・関口、一位・佐藤、三位・白坂

ミスター東日本チャンピオン大会。左から二位・関口、一位・佐藤、三位・白坂

ミスター東京優勝・川上昭雄選手

ミスター東京優勝・川上昭雄選手

ミスター東京2位・小沼敏雄選手

ミスター東京2位・小沼敏雄選手

ミスター東京3位・井口吉美智選手

ミスター東京3位・井口吉美智選手

ミスター東京4位・高西文利選手

ミスター東京4位・高西文利選手

ミスター東京5位・白田昌己選手

ミスター東京5位・白田昌己選手

ミスター東京6位・西垣昌宏選手

ミスター東京6位・西垣昌宏選手

東日本チャンピオン大会優勝・佐藤啓治選手

東日本チャンピオン大会優勝・佐藤啓治選手

東日本チャンピオン大会2位・関口敏夫選手

東日本チャンピオン大会2位・関口敏夫選手

東日本チャンピオン大会3位・白坂義夫選手

東日本チャンピオン大会3位・白坂義夫選手

東日本チャンピオン大会4位・岡本正信選手

東日本チャンピオン大会4位・岡本正信選手

東日本チャンピオン大会5位・三田村 明選手

東日本チャンピオン大会5位・三田村 明選手

東日本チャンピオン大会6位・六本木 昇選手

東日本チャンピオン大会6位・六本木 昇選手

月刊ボディビルディング1982年9月号

Recommend