フィジーク・オンライン

Ad by aerobis

Weekly Monthly Shopping

★★1982年度ミスター・アジア、ミスター・ユニバース日本代表選抜大会★★

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング1982年9月号
掲載日:2018.10.14
金城(バンタム)・知名(ライト)・朝生(ミドル)・小山(ライトヘビー)・臼井(ヘビー) 優勝
舞台に並んだ選抜大会およびミスター愛知、ミス愛知の出場選手

舞台に並んだ選抜大会およびミスター愛知、ミス愛知の出場選手

 大会は7月25日、名古屋市民会館で行なわれ、全国各都府県協会から推薦された36選手によって、日本代表の座が競われた。
 なんといってもこの大会で注目されたのはライトヘビー級の小山裕史選手の進歩・充実であった。絶対本命だと思われていた昨年度ミスター日本の石井直方選手を退けての優勝がそれを物語っている。これから秋にかけての一連のコンテストは、この小山選手を中心にして展開するのではないかと思われる。
 各クラス3位以内の入賞者は次のとおり。このうち、各クラスの上位2名、計10名が来る9月4日、中野サンプラザで行なわれるミスター・アジア選手権に、日本代表として出場する。
記事画像2
バンダム級一位・金城正秀選手

バンダム級一位・金城正秀選手

バンダム級第二位・石村勝己選手

バンダム級第二位・石村勝己選手

バンダム級。左から3位・菊地、2位・石村、1位・金城

バンダム級。左から3位・菊地、2位・石村、1位・金城

ライト級一位・知名定勝選手

ライト級一位・知名定勝選手

ライト級二位・長宗五十夫選手

ライト級二位・長宗五十夫選手

ライト級。左から3位・井口、2位・長宗、一位・知名

ライト級。左から3位・井口、2位・長宗、一位・知名

ミドル級一位・朝生照雄選手

ミドル級一位・朝生照雄選手

ミドル級二位・粟井直樹選手

ミドル級二位・粟井直樹選手

ミドル級。左から2位・粟井、3位・宮畑、1位・朝生

ミドル級。左から2位・粟井、3位・宮畑、1位・朝生

ライトヘビー級一位・小山裕史選手

ライトヘビー級一位・小山裕史選手

ライトヘビー級二位・石井直方選手

ライトヘビー級二位・石井直方選手

ライトヘビー級。左から2位・石井、1位・小山、3位・高西

ライトヘビー級。左から2位・石井、1位・小山、3位・高西

ヘビー級一位・臼井オサム選手

ヘビー級一位・臼井オサム選手

ヘビー級二位・伊藤実選手

ヘビー級二位・伊藤実選手

ヘビー級。左から一位・臼井、二位・伊藤

ヘビー級。左から一位・臼井、二位・伊藤

月刊ボディビルディング1982年9月号

Recommend