フィジーク・オンライン
Weekly Monthly Shopping
  • トップ
  • トレーニング
  • 背中
  • bring up body's plant Wild Muscle EVOLUTION コアボディを成長させる★ミラクル・ムーヴ 第1回 ~項靭帯~

bring up body's plant Wild Muscle EVOLUTION コアボディを成長させる★ミラクル・ムーヴ 第1回 ~項靭帯~

この記事をシェアする

0
月刊ボディビルディング
掲載日:2017.08.02
項靭帯を頭上の方向へ伸びるイメージでコアボディから進化させる!
NPO法人
ワールドピラティス代表
丹羽裕子(にわ・ひろこ)

1954年2月生まれ/ファッションモデル・エアロビクス&ウォーキングインストラクターとして活動。9 7 年丹羽整体オフィス開設。JBBF1級指導員。JBBF1級審査員。JBBFフィットネス専門委員。現在、整体師、各文化センターなどにおいてピラティス&ウォーキング講師、フィットネス・フィギュア・ステージングなどのパーソナルトレーナーとして活動中
記事画像1
【項靭帯】後頭骨と背骨をつなぐ靭帯

【項靭帯】後頭骨と背骨をつなぐ靭帯

植物が上へ上へと伸びるイメージで項靭帯をスーッと伸ばしながら動く
記事画像3

甲ブリッジ

ヒップを動かすと背骨が長くなるイメージで【1~2set、甲ストレッチ】
記事画像4
仰向けになり、ヒップを少し浮かせ、ブリッジの姿勢になっておく。片足のつま先を内側に向けて、ヒップを右へ左へとスライドさせながら、アップアップと30回くらい動かす。

サイドタッチ

遠くへタッチするほど、背骨が伸びるイメージで【1~4set、美脚】
記事画像5

足ラケット

しゃべりながら卓球をしているイメージで【1~4set、美脚】
記事画像6

片手平泳ぎ

背骨の先端から進んでいくイメージで【1~4set、背中シェイプ】
記事画像7
記事画像8

EXPLAIN ~上へと伸びるイメージでコアボディが成長する~

体内植物の先端の項靭帯が頭上の方向に伸びるイメージで動けば、脊柱の間隔が広がり、血流が良いまま負荷がかかり、可動域のある動きやすいボディへと進化していきます。

No Pain、Yes! Gainの強いワイルドマッスルに育て、コアボディを成長させて
No Pain、No! Gainの理想のボディに進化させる! 理想のパワーボディに!
記事画像9
[ 月刊ボディビルディング 2013年3月号 ]

Recommend